中古品:
¥132
お届け日 (配送料: ¥257 ): 7月28日 - 30日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
発売元 Studio Seed
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ◆中古品ではありますが比較的綺麗な状態です。年代の古い本の場合、年相応の焼けが見られる場合があります。特典、付属品がある場合は説明欄に記載いたします。記載がない場合は特典、付属品がないものとしてご理解ください。以上、ご了承下さいませ。◆防水包装で発送させて頂きます。 ◆通常はポスト投函となります。(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あります)◆各種支払対応・注文確定後2営業日以内に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


棋士とAIはどう戦ってきたか~人間vs.人工知能の激闘の歴史 (新書y) 新書 – 2017/5/2

5つ星のうち4.3 7個の評価

価格
新品 中古品
新書
¥132
¥2,568 ¥99

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

二〇一七年四月一日、現役タイトル保持者が、はじめてコンピュータ将棋ソフトに敗れた。AI(人工知能)が、ついに人間の王者を上回ったのだ。それは予想だにしない奇跡だったのか、それとも必然だったのか?コンピュータ将棋の開発が始まってから四十年あまり、当初、「人間に勝てるはずがない」ともいわれたコンピュータ将棋は、驚異的な進化を遂げて、いま、人間の前に立ちはだかる。この間、棋士は、そしてソフト開発者は何を考え、何をめざしてきたのか?そして、人間とAIは、どのような関係へと向かうのか?将棋界の最前線を十数年取材してきた将棋記者の、渾身のルポルタージュ!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松本/博文
将棋中継記者。1973年山口県生まれ。93年、東京大学に入学。東大将棋部に所属し、在学中より将棋書籍の編集に従事。東大法学部卒業後、名人戦棋譜速報の立ち上げに尽力し、「青葉」の名で中継記者を務め、日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会(LPSA)などのネット中継に携わる。コンピュータ将棋の進化を描いたデビュー作『ルポ電王戦』(NHK出版新書)が話題となり、第27回将棋ペンクラブ大賞(文芸部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 洋泉社 (2017/5/2)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/5/2
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 255ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4800311713
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4800311719
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 7個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
7 件のグローバル評価
星5つ
29%
星4つ
71%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2017年7月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年1月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年4月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年5月28日に日本でレビュー済み
2017年5月11日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2017年5月20日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告