中古品:
¥ 1
+ ¥ 391 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ジャケット日焼け有り。レンタル落ち品になります。若干の日焼け、稀なノイズ、音の歪がある場合がございます。クリーニング後に発送致します。レンタルシール等、綺麗に剥がせない場合はそのままの発送になりますのでご了承下さいませ。再生確認時に問題が発生した際にはメールにてご連絡させて頂きます。ゆうメールでの発送になります。5000円以上のご購入で佐川急便で発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

梟の城 [VHS]

5つ星のうち 2.5 21件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 中井貴一, 鶴田真由, 葉月里緒菜, 上川隆也, 永澤俊矢
  • 監督: 篠田正浩
  • 形式: Color
  • テープ数:: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • VHS発売日: 2000/05/17
  • 時間: 138 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.5 21件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005FU5S
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

司馬遼太郎の長編小説を、「写楽」の篠田正浩監督が映像化した、壮大なスケールで贈るエンターテイメント大作。

レビュー

司馬遼太郎の直木賞受賞作を、『写楽』の篠田正浩が製作費10億円をかけて映画化したエンタテインメント時代劇。秀吉暗殺に情熱を燃やす、忍者の生きざまを描く。
-- 内容(「VIDEO INSIDER JAPAN」データベースより)

製作: 羽佐間重彰
監督・脚本: 篠田正浩
脚本: 成瀬活雄
出演: 中井貴一/鶴田真由/葉月里緒菜/上川隆也/永澤俊矢/根津甚八/山本學/火野正平/マコ・イワマツ/小沢昭一/中尾彬/岩下志麻
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/8/6
形式: DVD
「豪華絢爛に安土桃山を再現した」との
CGによる背景は、無意味かつレベルの低いもの。
「本当の忍者像」を追求したとの忍者描写は
、これがリアルなら「忍者はっとり君」もリアルな
忍者だと思わせるほどいい加減なもの。(大体、街中を
バク転で移動する忍者がいるか!?)
肝心のストーリは可もなく不可もなく。
司馬原作ですからそれは当然でしょう。
総評としては、力をいれる点を誤ったとしかいい様のないデキの映画です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/6/14
形式: DVD
必要以上に予算を掛けて作った華美な映像だけが印象に残る退屈忍者映画。
時代背景を含めストーリーは劇的なはずなのに、登場人物がただの記号としてしか
描かれておらず、各キャラクターの感情の動きがさっぱり理解出来ない。
よって、話しの展開が冗長で退屈に感じる。
「自分には本当の自分がない…」と神妙な顔で主人公が呟くものの、
観ている者は「ハァ~??」としか言えません。
この映画に限ったことではないが、有名な小説を映像化する意味を、
映画監督はもっと考えて欲しい。
原作の名誉を汚すことを目的に作られた映画があまりにも多すぎるような気がする。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
<原作未読>

とにかく「娯楽アクション時代劇」としての出来が悪い。

アクション演出やカメラワークに工夫が無く単調。昔ながらの時代劇の殺陣からの発展性が無く、古臭い「チャンバラ」にしかなっていない。

ストーリー展開にも盛り上がり所が無くダラダラとしているので、余計に退屈に感じる。

不遜なことを言わせてもらうと、この監督さんが時代の感性について来れてないのに、昔の時代劇のセンスのまま今風の娯楽アクションっぽく撮ろうと無理しているのが丸わかり。安っぽいCGの使い方にもセンスが感じられない。

村や城などの舞台なども妙に小奇麗でいかにもCG合成やセット撮影という印象。野外ロケもあるかも知れないが、どうにも「生活感」や「臨場感」を感じない。こういう「安っぽい」シーンを見させられると、「やっぱり黒澤監督ってスゴいんだな」と思える。

それに加え、中井貴一が完璧にミスキャスト。人の良さそうな顔立ちと言うか、間延びした顔立ちと言うか、緊張感の無い顔立ちと言うか、どちらにしても「忍」を演じるには明らかに不向き。

もっと若手の監督に撮らせたら、随分違った印象の作品になっていた可能性があるだけに残念。それと今時アクションに重きを置いたチャンバラ映画を撮るな
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
とにかく原作を冒涜してる作品!つまらないのなんのって。
絢爛豪華な安土時代の城の屋根を、忍者が月光を浴びて走り回る!
って、聞く限りはワクワクしますけど、とにかくこれはつまらん。
大体、演出が下手。赤いライトで、切られる人のシルエット写すなんて、
何年前の映像だよ。
原作を読みましょう!!
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
原作の木さるが好きだったのに・・・
小萩だってそれはないでしょう。
小萩は秀吉暗殺を阻止する三成の乱破で甲賀だったよね、確か。
服部半蔵のくノ一になっているし。
配役的には合っていたと思います。
重蔵は生き様を、五平は自分自身を、小萩は仕事を、木さるは愛を、という感じでしょうか。
小説を読んでいたことで、わかる部分というのも多量にありました。原作を読んでいて正解だけど、かなり落ちますね。
CGは凄いとは聞いていたものの、かなり粗いような気も。
一番、配役が嵌まっていたのは、秀吉役でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
●場面転換が多いのですがテンポの悪さはなんでしょうか。全体的につながっていないような気もするのですが。特にクライマックスの城内での捕り物が非常に間延びしてまして、そんな感じであんなに長く待たされたライバルの結末のしょぼさも・・・・・。とにかくストーリーテラーとしての感覚がかなり麻痺してる監督さんです。話が相当下手な人だと思います。●ひとつだけいいところを挙げると序盤ですかね。天正伊賀の乱のことだと思いますけど隠れ里を蹂躙する織田家の騎馬軍団と歩兵その他はかなり迫力ありました。NHKの歴史番組でも使われているの見たことあります。反対勢力から見た信長のえげつない感じが非常によく描かれていました。かなりいい映像です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック