この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

梅蘭芳ー世界を虜にした男ー 単行本 – 2009/3/6

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 10,741
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

中国人とは何か。
何を考え、どんな長所や弱点をもっている人々なのか。

梅蘭芳(メイ・ランファン 1894~1961)の生涯を追うと、それが手にとるようにわかる。
彼は中国の京劇の女形(おんながた)だった。旧社会でいやしい職業とされていた役者のなかでも、男でありながら美女の役を演ずる女形は、さらに一段低く見られていた。実際、少年時代は男相手の接客業をさせられるなど、つらい目にもあった。だが18歳から舞台で中国の観衆を魅了。知識人の応援も得て、京劇の改革に努めた。蘭の花がにおうがごときその妖艶な魅力は、海を越えた。

第二次世界大戦の前までに、日本、アメリカ、ソ連(現・ロシア)の各国で京劇公演を成功させ、世界的な名声を博した。中国がまだ弱く貧しかった冬の時代に、梅蘭芳は雪のなかでいちはやく咲いて早春を告げる梅の花のように開花し、人々がふりあおぐスターとなった。
戦争中は、日本軍の占領下で舞台に立つことを拒否し、髭を伸ばした。

中華人民共和国の建国後、リーダーの毛沢東は梅蘭芳に「あなたは私よりも有名だ」と言った。
半ば冗談で、半ば本当であった。

18歳で京劇のアイドルとなった梅蘭芳は、68歳で亡くなるまで美女を演じ続けた。日本軍も中国共産党も、そして老いでさえも彼の人気と輝きを奪うことはできなかった。青年期は京劇のアイドルとして、壮年期は世界的スターとして、中高年期は愛国的芸術家として時代の最高の栄光につつまれた。

21世紀の今日、梅蘭芳の同時代の政治家たちが過去の記憶に埋もれて色あせてゆくなか、梅蘭芳への人気と評価は、ますます高まっている。

激動の20世紀を、梅蘭芳ほど巧みに生きた中国人は他にいない。だが彼は狡猾(こうかつ)ではなかった。家族を守り、京劇を守り、人間としての良心を守った。自分の生き残りのために他人を裏切ったことは一度もない。
そんな梅蘭芳の目を通して世界を見直すと、中国社会の栄光と暗部の両面が生き生きと見えてくる。政治家、財界人、知識人、そして外国人までもが梅蘭芳を利用しようとして近づき、結局この男の魅力の虜(とりこ)となっていった。

中国人とは何か。
それを理解するうえで、梅蘭芳ほど面白い人物は他にいない。

本書は、梅蘭芳の評伝である。
現代日本の読者を念頭におき、予備知識がなくても中国社会の機微(きび)がわかるように書いてある。梅蘭芳は日本人とも縁が深い。
彼の生涯を知ることは、日中関係の原点を見直す作業にもつながる。

内容(「BOOK」データベースより)

『京劇』(中公叢書)で、サントリー学芸賞を受賞。NHKテレビ「世直しバラエティカンゴロンゴ」等でも大人気加藤徹教授が、満を持して書き下ろす快作!日本軍の「支那通」が、どうしても宣伝活動に利用したかった、京劇の女形の波瀾の生涯。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 250ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2009/3/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482841486X
  • ISBN-13: 978-4828414867
  • 発売日: 2009/3/6
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 388,685位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgar トップ500レビュアー 投稿日 2015/6/8
形式: 単行本
梅蘭芳(メイ・ランファン)。中国語文化圏に興味のある人なら、一度は聞いたことのある名前だろう。僕は映画『さらば、わが愛/覇王別姫』(93)の公開時に、京劇の女形を語る上で外せない人物として、その名を記憶に留めた。だから、あのレスリー・チャンの演じた主人公が、まんまとは言わないまでも、かなり梅蘭芳をモデルにしていると思っていたのだが、本書を読んでそれは単なる勝手な思い込みであったことが分かった。あれは、もちろん梅蘭芳とその創作にインスパイアされている作品ではあるけれど、キャラクター造型としてはあくまでオリジナルだったのだ。

そんな風に、僕の蒙昧をひらいてくれた意味でも本書を読んだ値打ちはあったと思う。ただ、梅蘭芳は意外に普通の人だった、ということも分かって、それはそれで正直残念(いい意味でもっと芸術家特有の変わった人かと思っていたら、思いのほか常識人だった)。といいながら、もう少し探ってみたい気もするので、同じ著者の『京劇―「政治の国」の俳優群像』という本や、梅蘭芳そのものをモデルにした映画『花の生涯~梅蘭芳~』(08)を、Amazonで購入した。これらを通して、もっと梅蘭芳のことが多面的に見えてくれば、と思っている。現在まだどちらも未見だが、鑑賞したらいずれまたレビューも書きたい。

さて、本書の最大の美点は、とにかく読みやすいことである。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
陳凱歌監督の映画『花の生涯 〜梅蘭芳』を見る前に購入。
読みやすく、しかもコンパクトながら豊富な京劇と歴史の知識に裏づけされた本なので、とても楽しんで読めた。
そして、これを読んでいたおかげで、陳凱歌監督が梅蘭芳の何を描きたかったのか、何を描かなかった(描けなかった)のかがわかる。
特に、映画では触れられていない、戦前・戦後の日本公演の部分は、日本人として必読。良書。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 椎茸 投稿日 2014/1/9
形式: 単行本
京劇の名優である梅蘭芳について、わかりやすく書かれていると感じました。人物に焦点をあてた本ですので、京劇自体について知りたいのであれば、同筆者の「京劇」という本の方がお勧めだと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 三五夜中の新月 殿堂入りレビュアー 投稿日 2009/8/9
形式: 単行本
はじめは戦前の京劇の世界を知っている可成り高齢な人物が著者なのであろうと思った。
処々に見られる古風ないし旧弊な表現から、そう感じたのである。
また、昭和初期に発行された梅蘭芳らに関して記された書物を以前に何冊か読んだことがあったからでもある。
しかし、本書が1963年生まれの人の手で書かれたた伝記だと知って心底驚愕した。
何となれば、一例を挙げると、51頁〜53頁のコラム「相公堂子」に、少年時代の梅蘭芳が相公として接客業を行い収入を得ていたことを「当時の京劇界の悪習」だなどと断言している箇所があるからだ。
これは我が国の歌舞伎界でもかつて行われていた習慣であり、同時代の人々は決して「悪習」だ等とは思わなかった極く普通の風俗なのである。
それが明治以降、欧米キリスト教社会の特異な偏見によって「罪悪視」されたに過ぎないのだ。
現在の研究家が過去の風習を自分一個の感情や謬見から断罪することは厳に慎まなくてはなるまい。
まして、相公が男客をとる行為を「悪習」とするのは、中国共産党の伝統破壊的な方針でしか無いのであるから。
日本人が中華人民民共和国のプロパガンダに追従しなくてはならない理由は全く無い筈である。
そうした点があるため、本書ではじめて京劇に関する書物を読む方々、とくに若い世代の読者には、呉々も注意をしながら繙くよう老婆心ながら申し上げておきたい。
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Leiden 投稿日 2013/7/18
形式: 単行本 Amazonで購入
チェン・カイコーのDVD「花の生涯」を見て、梅欄芳に興味が湧き、このサブタイトル「世界を虜にした男」に惹かれて購入しました。作者の加藤 徹さんの生きる姿勢が良いのでしょう。関連するDVDへの理解が深まりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す