通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古書として特に大きなイタミなし。帯なし。アマゾン専用在庫につき品切れはありません。丁寧に美化加工の上、迅速な発送を心掛けます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ) 新書 – 2010/9/16

5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 梅棹忠夫 語る (日経プレミアシリーズ)
  • +
  • しんがりの思想 ―反リーダーシップ論― (角川新書)
総額: ¥1,804
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

権威をかざす学者・評論家、世に跋扈する“似非インテリ”たちにガツンとひとこと言ってやろう。「あんたは自分で確かめたのか?」――「知の探検家」梅棹忠夫が自由奔放にその哲学を語った最後の“梅棹ワールド”。

内容(「BOOK」データベースより)

他人のまねをして何がおもしろい?―未知なるものにあこがれ、自分の足で歩いて確かめ、自分の目で見て観察し、自分の頭で考える。オリジナリティを大事にして、堂々と生きようやないか!閉塞感・不安感に満ちた現代日本人に向け、「知の巨人」が最後に語った熱きメッセージ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2010/9/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532260973
  • ISBN-13: 978-4532260972
  • 発売日: 2010/9/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 127,658位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 今年、残念なことに、知的世界の巨星がまた一つ墜ちた。老衰のために90歳で亡くなった梅棹忠夫である。

 この本は、戦後日本の「思想」をリードした知的巨人の、死の直前まで語り通した回顧録である。
 関西弁で語りつくしたホンネの放談は、しかしながら本質論をズバリ語って尽きることがない。時代の証言者として、昔の話をする際のライブ感が実にすばらしい。目の前でその光景が見えるようだ。

 学者としての業績として残された梅棹忠夫の著作集は実に23巻にも及ぶものだが、その人生はまた、挫折とその克服によってまっとうされたものであることも語られる。山歩きにのめり込んで授業に出なかったために放校された三高時代から始まって、日本隊が初登頂を実現したマナスル登頂計画の前にして肺結核で二年間療養、学者としては致命的な両目の失明、と挫折につぐ挫折も経験している。 
 しかし、「困難は克服するためにある」という精神力がそれらを乗り越えさせてきた。このように、人生論としても実に骨太で、まさに知恵のかたまりの一冊にもなっている。

 梅棹忠夫というと『知的生産の技術』という連想しか思い浮かばない人も、『文明の生態史観』や『情報産業論』など主要著作を読んできた人も、梅棹忠夫については何も知らない人も、この本はぜひ読むべきだと強く薦めたい
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 日本の文化人類学・民族学の頂点「梅棹学」が如何に醸成されたかを、梅棹自らが聞き手の小山修三を相手に話し、知的生活のエッセンスを最晩年に披露した1冊。
 虚飾を排した叙述としての文章作法、京大の悪しき慣習としての教授の権威主義への批判。商家に生まれ、北山を駆け巡って植物標本を作製し、京大教員の鑑定を得た高校生時代。その京大理学部に在籍し、中国30省を自らの足で走破、これを体験の背景にモンゴル、アフガン、パキスタン、インドを調査。楷書のノート、対象の現象を精緻に写し取ったスケッチ・ブックに残された実測図、写真。小学生の頃の自画像の精密さ、才能は生まれながらに備わっていたのか。
 名著「文明の生態史観」に比されがちな和辻の「風土」の出鱈目さを指摘、自らの身体を駆使した現象認識への厳密さとリアリティを精確に記録、保存する術が「知的生産の技術」と題された。机上のインテリと野のインテリの「知」の獲得手法の差異を明確に意識した、梅棹「学」の真骨頂が披瀝されえいる。
 巻末に年譜を収め、生活者の目線で諸文明を踏査した様ざまな手法と思想的裏づけが記録された。権威主義を排し、精確に認識し、記述することの難しさを判り易くまとめた。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
出張先の本屋で買いました。新書版で活字も大きいので、あっという間に読み終わります。でも中身はすこぶる濃いです。他の方も書いているので、特に付け加えることもないのですが、梅棹氏の学問観や行動原理のエッセンスが関西弁でずけずけ語られていて、面白いし、本当にためになります。

論調として、既存の権威に寄りかかるな、自分自身の着想や観察を重視せよ、ということが述べられていますが、その裏側には、「それに関連する本は先に全部読んでいる」「海外でフィールドワークをするなら、現地の言葉を学んでおくのは当たり前」といった、圧倒的な勉強量や下準備があってのことと気付かされます。「学位・博士号は学者の運転免許」という発言にも、それは表れています。

また、アジア・ヨーロッパを広く調査してきた人の発言として、「中国はウソの社会、表面を繕った社会」「ヒンドゥー(インド)は人間性の一番いやなところ、おそろしいところを見せる社会」というのがありますが、これはネット上で中国や韓国の悪口を無責任に吐いているプチ・ナショナリストなどとは全然違っていて、世界を見るときには日本のちっぽけな道徳観に縛られるな、人間の心の奥にある巨大な悪の存在を知っておくべき、という警鐘とも読み取れます。

グローバル経済への適応を余儀なくされているビジネスマン諸氏にも、「語学の習
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
読んでいて本当に楽しい.

日本のアカデミズムと言うべきか,インテリ,知識人に対して痛快な迄に本当の事を突き付ける様な語りは,日本の学問の世界が,延いては大学や大学院,研究と言ったものが軽んじられる,進化しないと言う事の本質をもしかしたら言い当てているのではと感じられます.

ですから,内容はまるで真実を白日に曝すが如くと言う風に感じられるのですが,此の対談,聴き取り形式で,柔和な関西弁で語られている為か,其れに留まらず何処か優しく諭している風が窺えるのも復た良い感じですね.

各章のタイトルになっている「文章は誰が読んでもわかるように書く」,「情報は分類せずに配列せよ」,「できない人間ほど権威をかざす」は其のタイトルも言い当てていますが内容も納得モノです.否,此等の章に限らずマルっと一冊納得モンです.

梅棹忠夫氏,本人の語りによる痛快な自伝です.
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー