Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,280
ポイント : 128pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[村山 早紀]の桜風堂ものがたり
Kindle App Ad

桜風堂ものがたり Kindle版

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,280

商品の説明

内容紹介

百貨店内の書店、銀河堂書店に勤める物静かな青年、月原一整は、人づきあいが苦手なものの、埋もれていた名作を見つけ出して光を当てるケースが多く、店長から「宝探しの月原」と呼ばれ、信頼されていた。しかしある日、店内で起こった万引き事件が思わぬ顛末をたどり、その責任をとって一整は店を辞めざるを得なくなる。傷心を抱えて旅に出た一整は、以前よりネット上で親しくしていた、桜風堂という書店を営む老人を訪ねるために、桜野町を訪ねる。そこで思いがけない出会いが一整を待ち受けていた……。一整が見つけた「宝もの」のような一冊を巡り、彼の友人が、元同僚たちが、作家が、そして出版社営業が、一緒になってある奇跡を巻き起こす。『コンビニたそがれ堂』シリーズをはじめ、『花咲家の人々』『竜宮ホテル』『かなりや荘浪漫』など、数々のシリーズをヒットさせている著者による、「地方の書店」の奮闘を描く、感動の物語。

内容(「BOOK」データベースより)

万引き事件がきっかけで、長年勤めた書店を辞めることになった青年。しかしある町で訪れた書店で、彼に思いがけない出会いが…。田舎町の書店の心温まる奇跡。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 912 KB
  • 紙の本の長さ: 296 ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2016/9/20)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M1HAHPZ
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,086位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ストーリーや登場人物設定は面白いのにまるでト書きの様に状況や過去が何度も口説い程繰り返され行間を味わえない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ライトオ 投稿日 2017/5/4
形式: Kindle版 Amazonで購入
全体のストーリーはすごく良いし、ラストはなかなか良い。
本の話が中心なので、しょうがないけど、伏線はもう少し回収して欲しいかな。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 香桑 VINE メンバー 投稿日 2016/11/7
形式: 単行本(ソフトカバー)
一人の青年が、自分の居場所を見つける物語である。
保護者に傷つけられた少年や、捨てられた仔猫や、飼い主が先に逝ってしまったオウムも一緒になって。
寂れていく小さな町で、継ぎ手のないまま灯火を消そうとしていた本屋が息を吹き返すために。
子どものころに傷ついたままの心を抱えたまま、踏み出せなかった足を踏み出す。

いつもの風早の町の近郊、もっと小さくてさびれゆく町で、本という灯火をともし続けた本屋の名前が桜風堂という。
風早町の百貨店にある書店と、その桜風堂とを舞台にして、同じ一冊の本を売り込んでゆく過程にわくわくした。
それぞれが、それぞれにできる最善を尽くした結果、一人ができることはささやかであっても、それが積み重なるととんでもない大波を引き起こすことができるかもしれない。
その波に飲まれるようにして、登場人物の一人ひとりを応援しながら読み進めた。
本に携わる人たちを応援する物語であるが、同時に読み手の自分も励まされる素敵な物語だった。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
書店員にスポットを当てた小説です。そこにキャラクターの人生を乗せてゆったり進んでいくストーリーです。
初めは、語り手が変わるので読み辛さを感じましたが、だんだんハマりました。キャラ読みする方で、お仕事をテーマにしたものが好みなら買いです。
私個人は書店員というお仕事に興味があるので、楽しく読みました。続編の用意もあるようで、彼らがこれからどう成長していくのか今から楽しみです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最初から最後までじっくり中の世界を堪能することができました。
久しぶりに本屋さんに行ってみたくなります。
いい本は読み手を退屈させることもなく、無駄に闇雲に感情を揺さぶることも焦らすこともなく、心地好さを提供してくれます。
的を絞られたようにやられました。
ちょうど桜の見頃を終え、葉桜にだいぶなった時期ですが、季節感も読む時期と一致してたので中に入り込んでしまいました。

ラストはもう号泣しまくりました。本当に良かったです。
桜の咲く季節にまた読み返したくなる本です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover