中古品
¥12
+ ¥226 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 運送会社の状況により、商品のお届けに遅れが生じる場合がございます。ご迷惑をお掛けいたしますが、お届けまでお待ちいただきますようお願いいたします。■中古品のため、多少の使用感(傷み、汚れ、日焼け等)がありますのでご了承下さい。またコンディションガイドラインに準じ、特に記載がなくとも書込みがある場合がございますので予めご了承下さい。■特典・付録・帯等は付いておりません。■やむを得ない事情により注文をキャンセルさせて頂く場合がございますので予めご了承下さい。■商品につきましてご不明な点がございましたらご注文前にお気兼ねなく問い合わせ下さい。 76340
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


桜小町―ひやめし冬馬四季綴 (徳間文庫) (日本語) 文庫 – 2010/2/5

5つ星のうち4.5 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥12
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

一色冬馬は22歳。部屋住みの身ゆえ、良い婿入り先を探している。得意なのは鳥刺しだ。メジロやウグイスなどを捕え、さえずりの美しい鳥を高く売って小遣いにしているが、裕福な武家の婿になるという冷や飯組の希望はかなうのか?ウグイスが縁で、美しい娘に恋した冬馬。亡き父の身分降格にまつわる過去の事件も絡み、意外な展開に…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

米村/圭伍
1956年横須賀生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。松竹シナリオ研究所で脚本を学び、1997年、「安政の遠足異聞」で菊池寛ドラマ賞佳作に入選。1999年、『風流冷飯伝』で第五回小説新潮長篇新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
評価の数 2
星5つ
50%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
2010年2月10日に日本でレビュー済み
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2010年6月21日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告