桜の森の満開の下 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

桜の森の満開の下 [DVD]

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,860
価格: ¥ 3,759 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,101 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 3,759より 中古品の出品:8¥ 2,400より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • ※コンビニ払いおよび代金引換での店頭受取の指定は対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 若山富三郎, 岩下志麻, 伊佐山ひろ子
  • 監督: 篠田正浩
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2005/05/27
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000803DGU
  • EAN: 4988104032652
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 120,773位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

坂口安吾の原作小説を映画化。都の女に魅せられた山賊が辿る怪奇を描いた作品。若山富三郎、岩下志麻ほか出演。

レビュー

監督: 篠田正浩 原作: 坂口安吾 音楽: 武満徹 出演: 若山富三郎/岩下志麻/西村晃
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
万人に勧められる映画ではありませんが、坂口安吾のひねくれて毒気のある原作を
ほぼ忠実に映像化したという点は素晴らしいと思います。
そのためか、あらためて映像としてみると、眉をしかめてしまうグロテスクなシーンが
出てきて驚きます。確かに原作ではそういう描写であったのですが、
ああこうなっちゃうんだよなぁ…これはすさまじい…という具合です。
テーマとなる桜の下の恐ろしさの描写にもう少しゆったりと時間をかけてみてもいいかな
と感じた点が少々残念で、星ひとつ減らしました。
とはいえ、その描写のひとつ、僧侶のシーンは秀逸で
武満徹氏の音楽も、桜の気味の悪さを表しております。
自分は情景描写映画的な期待をしたのでこうなりましたが
本作は人間ドラマ映画として作られており、労作かと思われます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
岩下志摩は適役だが
けたたましく妖怪じみて全く綺麗でなかった。
映像化すべきではないですね。
醜いとしか言いようがなかったです。
桜の下の凶器って
まさか日本人の精神性の歪み
ある意味ナショナリズムへの皮肉とも取れますが
その桜が日本の象徴と思えばショックですね。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
旅人を襲った山賊は女を手に入れるが、その美しさに魅せられ女を満足させるため無理して都会に住んだり、人を殺して切り落とした首をあたえたりすようになる。最初は力と暴力で自分の物にするつもりだったのに、女のペースにはめられ抜け出せなくなり、哀れな最後を迎える事となる。これは時代劇とは全く違う、独特な感性の世界で岩下志麻演じる女が本当に人間なのか、いつの時代でドコの話なのか全然分からないし(知っても意味無いし元々設定もないだろう)あまりに現実味が無く誰かの妄想を覗いているような不思議な気分です。”桜の下には死体が埋まってる”とか”人を狂わせる”とかダークなイメージもある桜を使って、狂気の世界を表現するラストあたりになるともうすっかり訳分かんなくなってて、でもそれでいい、何かハッキリした答えなんかなくてもいいや、って気になります。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック