桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組) がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

5つ星のうち 3.7 227件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,780
価格: ¥ 2,923 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 857 (23%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で桐島、部活やめるってよを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
  • +
  • 桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)
総額: ¥3,441
ポイントの合計: 50pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 神木隆之介, 橋本愛, 大後寿々花
  • 監督: 吉田大八
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2013/02/15
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 227件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00ANE9JGY
  • JAN: 4988021137317
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 24,636位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

観客の熱が生んだ、奇跡のロングラン!
平成生まれ初の直木賞作家・朝井リョウのデビュー小説を映画化。
国内映画賞上位を独占した、誰もが語りたくなる問題作!
全員「桐島」に振り回される103分に加え、180分を超す濃厚な特典映像が満載!
“桐島"の表と裏を全て詰め込んだ充実アイテム!

「桐島、部活やめるってよ」
2013年2月15日DVD & Blu-ray発売
[商品概要]
【DVD】2枚組(本編ディスク+特典ディスク)
VPBT-13731(POS:7) \3,675 (税込)
本編103分+特典映像/片面2層/ドルビーデジタル2.0ch&5.1ch/16:9シネスコサイズ(本編のみ)/日本語字幕(本編のみ)
★音声特典:オーディオコメンタリー(監督・吉田大八×原作・朝井リョウ×脚本・喜安浩平×プロデューサー・佐藤貴博)
★映像特典:ビジュアルコメンタリー「キャストが語る衝撃の“火曜日"」
メイキング「桐島、部活やめるってよ もうひとつの青春」
イベント映像集(完成披露試写会、早稲田大学特別試写会、初日舞台挨拶)
スピンオフ短編「宮部実果」+短編エチュード「帰宅部」「女子部」
キャスト・スタッフインタビュー集「桐島現象」とは何だったのか
「桐島」撮影対談(監督・吉田大八×撮影・近藤龍人)
松籟高校フェイクインタビュー集
予告&TVスポット集
★封入特典:28P解説ブックレット

【Blu-ray】2枚組(本編BD+特典DVD)
VPXT-71240(POS:8) \5,040 (税込)
本編103分+特典映像/片面2層/リニアPCM&ドルビーTrueHD5.1ch/16:9シネスコサイズ<1080p High Definition>(本編のみ)/日本語字幕(本編のみ)
★音声特典、映像特典、封入特典はDVD版と同内容
[キャスト・スタッフ]
神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大
前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、太賀、大後寿々花
監督:吉田大八
原作:「桐島、部活やめるってよ」朝井リョウ(集英社文庫刊)
脚本:喜安浩平、吉田大八
主題歌:「陽はまた昇る」高橋優(ワーナーミュージック・ジャパン unBORDE)
企画製作:日本テレビ放送網制作プロダクション:日テレ アックスオン
製作:映画「桐島、部活やめるってよ」製作委員会
(c)2012「桐島」映画部 (c)朝井リョウ/集英社
[イントロダクション] 観客に想像の余白を残す ― 近年のヒットの法則に逆らう「語りたくなる」魅力が、まさにSNS時代の話題を増幅し、
まったく新しいヒットの形で驚異のロングラン。
映画興行の可能性を広げる驚異の口コミヒット作!
原作は早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した、朝井リョウのデビュー小説「桐島、部活やめるってよ」(集英社文庫刊)。
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で数々の映画賞を受賞し、人間のダークな部分を暴きだしながらも、愛しいまでにユーモアあるキャラクターを描く吉田大八監督が、
初めて10代の物語を描いた。キャストは、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ほか、100倍を越えるオーディション倍率を勝ち抜いたフレッシュな俳優陣が集結し、
輝きと刺激を放つジクソーパズルが完成した。
2012年8月11日より新宿バルト9はじめ全国132館で公開され、マスコミの前評判も極めて高かった本作だが、それ以上に映画を見た観客の口コミが
ツイッターを中心としたSNSで火がつき、週を追うごとにネット上での話題が増幅、公開劇場では7週目、8週目でも満席続出。
最近の映画界では珍しい息の長い右肩上がりの興行となり、12月現在もなお全国ロングラン中。これまでの映画界の常識から外れたこのヒットは、
新聞でも“『桐島、部活やめるってよ』の興行収入の推移は『常識外れ』"と報じられている。
また、国内賞レースの先陣をきる「第4回TAMA映画賞」で、見事に最優秀作品賞、最優秀新進男優賞(神木隆之介)、最優秀新進女優賞(橋本愛)の主要3冠を受賞。
第37回報知映画賞では、作品賞・監督賞・主演男優賞(神木)・新人賞(東出昌大)の4部門にノミネートされ、見事、監督賞を受賞。
今後も数々の映画賞が期待されている。

[ストーリー] ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。
1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター"桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。
彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、
桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上"に属する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下"に属する生徒まで、 あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。
校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下"に属する映画部前田が動きだし、物語は思わぬ方向へ展開していく。
(2012年8月11日 全国ロードショー)

【2012年日本国内映画賞受賞】
■第36回 日本アカデミー賞 六冠獲得! (3月8日受賞式)
☆優秀作品賞:桐島、部活やめるってよ
☆優秀監督賞:吉田大八
☆優秀脚本賞:喜安浩平・吉田大八
☆優秀編集賞:日下部元孝
☆新人俳優賞優秀賞:橋本愛
☆新人俳優賞優秀賞:東出昌大

■第86回キネマ旬報 ベスト・テン
日本映画ベスト・テン 第2位
新人女優賞:橋本愛

■第67回毎日映画コンクール 三冠獲得! (2月7日受賞式)
☆日本映画優秀賞:桐島、部活やめるってよ
☆最優秀監督賞:吉田大八
☆スポニチグランプリ新人賞:東出昌大

■第34回ヨコハマ映画祭 四冠獲得! (2月3日受賞式)
☆最優秀作品賞:桐島、部活やめるってよ
☆最優秀監督賞:吉田大八
☆最優秀撮影賞:近藤龍人
☆最優秀新人賞:橋本愛

■第37回報知映画賞
☆監督賞:吉田大八

■第4回TAMA映画賞 三冠獲得!
☆最優秀作品賞 『桐島、部活やめるってよ』
☆最優秀新進男優賞:神木隆之介
☆最優秀新進女優賞:橋本愛

■ATPテレビグランプリ
☆新人賞(枝見洋子【アックスオン】) 「桐島、部活やめるってよ」で受賞

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が朝井リョウのベストセラー小説を映画化した青春群像ドラマ。『SPEC~』の神木隆之介、『アナザー Another』の橋本愛、大後寿々花ほか注目の若手俳優が共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
いやー観てて辛かった。この映画の登場人物全員が体験する嫌な出来事を、自分も高校時代に体験したから。

でもそんなことはどうでもいいんです。
大事なのは、情熱を注ぐことができる事を持っていることが如何に大切か、幸せか、自己実現に繋がるのか、ということです。そしてこの映画はそれを説明台詞やナレーションを一切用いずに表現仕切っています。まさに「これが映画」という感じ。

人生なんて、はっきり言って「意味」はないです。どんだけかっこいい仕事してどんだけ儲けてどんだけかわいい嫁さん貰ったって、どうせ死ぬので意味はない。
宏樹くんは勉強できてスポーツもできて男前、性格もよくて学校のヒエラルキーのトップの存在ですが、この「意味のない」ことに気付いている人です。宏樹くんは野球部ですが「野球やったって別にプロになるわけじゃないし真面目に部活やっても意味ねぇじゃん」って感じです。桐島も恐らく、気付いた側の人間でしょう。

反対に、やること自体に意味なんてないけどやりたくてしょうがないことに情熱を注いでいる人たちも出てきます。映画研究部の前田くんです(あと野球部キャプテンと吹奏楽の女の子)。
おもいっきりネタバレですが、宏樹くんは前田くんが羨ましくて、泣いちゃうんですね。俺なんもねぇじゃんって。
意味を求
...続きを読む ›
1 コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 OilRig8329 トップ1000レビュアー 投稿日 2015/4/24
形式: DVD
本当にこれ以上にない、日本の青春映画ではないでしょうか。
どの主人公に感情移入するかは、観た人によるでしょうが、
観ても、どの登場人物にも感情移入しない人も居るかと思います。

僕が鑑賞中に一番に感じたのは、
どのエピソードも、どこの高校にもありそうな情景であり、
神木、橋本、東出といった若手実力派俳優が完全に口語で話す姿が、
より一層、等身大の高校生たちの姿をリアルに映し出しています。
本作では、バレー部に所属している「桐島」が部活を辞め、居なくなり、
それにより波紋が生じる様が描かれています。
桐島をよく知る人物には直接的に、殆ど接触のない人物には間接的にそれは訪れます。
その波紋は初めは“ほんのちょっと“でしたが、
やがて大きな波となり、登場人物に襲いかかる。
上辺だけの付き合い、薄っぺらな友情、部活のヒエラルキー。
誰もが多かれ少なかれ、経験したことのあるような出来事が、
少しずつ心をえぐりながら、物語はクライマックスへと進む。

ラストで、スクールカーストの最下層を生きる映画部の面々が、
ゾンビとなってカースト上位の生徒たちを襲い始めますが、
これは非常に象徴的なシーンで、解釈が色々あ
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ちょっと面白い映画だった。
全編通じて「桐島」は一瞬それらしき人間が映るだけで、作品は、桐島が部活を辞めるという事実をめぐって、学校内の人間関係に起こる波紋のようなものを描いている。

メインで登場するのは、桐島の親友である菊地、桐島の彼女の梨紗とその友人の三人(沙奈、かすみ、実香)、同級生で菊地に思いを寄せる沢島、同じく同級生で映画部の前田。
ここに桐島の所属するバレー部の仲間と菊地の友人の帰宅部二人、映画部の仲間などがからむ。

心理描写は巧みで、表面的には仲良しに見える女子4人組の中のすれ違いや軋轢、桐島のサブとしてレギュラーに抜擢された小泉の葛藤とそれに共感する実香、あるいは担任の意向に反してゾンビ映画を撮る映画部の高揚、そして沢島や前田の淡い恋心などが描かれている。

ストーリーは時系列で進むが、最初の金曜日と最後の火曜日については、複数の人物の視点から同じことが重ねて描かれている点が特徴的である。

基本的には高校生活の日常を描いた作品とみてよいと思うが、映画部自主製作映画のセリフ「戦おう、オレたちの世界だ。オレたちはこの世界で生きていかなければならないのだから」というのが、一応キーのメッセージになっているようだった。

このセリフのあと、菊地が前田に
...続きを読む ›
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 森内 投稿日 2013/3/31
形式: DVD
 この映画の評論でよく見受けられるのが「スクールカースト」という文言だが、果たしてそんな大仰な言葉で片付けてしまえるほど単純な映画だろうか。確かに表面的にはカーストの要素が見受けられるが、むしろこの映画で描かれているのは表面的な構図の奥にあるものではないだろうか。この映画のポスターは神木隆之介演じる映画部の前田が大写しになったものであり、前田がこの映画の主役であるという印象を持つのが一般的だろうが、菊池こそが主役だと個人的には思う。スクールカーストを描くのであれば、前田を主人公にした方が分かりやすいし、ゾンビ映画を用いた復讐シーンもカタルシスは生まれやすいだろうが、この映画の最後に登場するのはあくまでも菊池の視点なのである。菊池が桐島に電話をかける場面でこの映画は終わる。なぜ菊池は電話しようと思ったのか? 桐島に何を伝えたかったのか、あるいは尋ねたかったのか? それこそがこの映画の核心ではないだろうか。
 映画を注意深く見ていると「見られる」場面が多いことに気付く。「見られる」を「評価される」と置き換えても良い。客観的な評価によって学校内での格付けが決まり、その上位にいるのが桐島や菊池であり、下位にいるのが前田である。そしてその格付けは生まれながらにしてある程度決定される。「できるやつは何だってできるし、できないやつは何もできない」という菊池の言葉はこの映画を読み解く上で
...続きを読む ›
コメント 222人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す