桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

5つ星のうち 3.7 237件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,780
価格: ¥ 3,371 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 409 (11%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で桐島、部活やめるってよを今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)
  • +
  • 桐島、部活やめるってよ (集英社文庫)
総額: ¥3,889
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 神木隆之介, 橋本愛, 大後寿々花
  • 監督: 吉田大八
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2013/02/15
  • 時間: 103 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 237件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00ANE9JGY
  • JAN: 4988021137317
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 10,038位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

観客の熱が生んだ、奇跡のロングラン!
平成生まれ初の直木賞作家・朝井リョウのデビュー小説を映画化。
国内映画賞上位を独占した、誰もが語りたくなる問題作!
全員「桐島」に振り回される103分に加え、180分を超す濃厚な特典映像が満載!
“桐島"の表と裏を全て詰め込んだ充実アイテム!

「桐島、部活やめるってよ」
2013年2月15日DVD & Blu-ray発売
[商品概要]
【DVD】2枚組(本編ディスク+特典ディスク)
VPBT-13731(POS:7) \3,675 (税込)
本編103分+特典映像/片面2層/ドルビーデジタル2.0ch&5.1ch/16:9シネスコサイズ(本編のみ)/日本語字幕(本編のみ)
★音声特典:オーディオコメンタリー(監督・吉田大八×原作・朝井リョウ×脚本・喜安浩平×プロデューサー・佐藤貴博)
★映像特典:ビジュアルコメンタリー「キャストが語る衝撃の“火曜日"」
メイキング「桐島、部活やめるってよ もうひとつの青春」
イベント映像集(完成披露試写会、早稲田大学特別試写会、初日舞台挨拶)
スピンオフ短編「宮部実果」+短編エチュード「帰宅部」「女子部」
キャスト・スタッフインタビュー集「桐島現象」とは何だったのか
「桐島」撮影対談(監督・吉田大八×撮影・近藤龍人)
松籟高校フェイクインタビュー集
予告&TVスポット集
★封入特典:28P解説ブックレット

【Blu-ray】2枚組(本編BD+特典DVD)
VPXT-71240(POS:8) \5,040 (税込)
本編103分+特典映像/片面2層/リニアPCM&ドルビーTrueHD5.1ch/16:9シネスコサイズ<1080p High Definition>(本編のみ)/日本語字幕(本編のみ)
★音声特典、映像特典、封入特典はDVD版と同内容
[キャスト・スタッフ]
神木隆之介、橋本愛、東出昌大、清水くるみ、山本美月、松岡茉優、落合モトキ、浅香航大
前野朋哉、高橋周平、鈴木伸之、榎本功、藤井武美、岩井秀人、奥村知史、太賀、大後寿々花
監督:吉田大八
原作:「桐島、部活やめるってよ」朝井リョウ(集英社文庫刊)
脚本:喜安浩平、吉田大八
主題歌:「陽はまた昇る」高橋優(ワーナーミュージック・ジャパン unBORDE)
企画製作:日本テレビ放送網制作プロダクション:日テレ アックスオン
製作:映画「桐島、部活やめるってよ」製作委員会
(c)2012「桐島」映画部 (c)朝井リョウ/集英社
[イントロダクション] 観客に想像の余白を残す ― 近年のヒットの法則に逆らう「語りたくなる」魅力が、まさにSNS時代の話題を増幅し、
まったく新しいヒットの形で驚異のロングラン。
映画興行の可能性を広げる驚異の口コミヒット作!
原作は早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した、朝井リョウのデビュー小説「桐島、部活やめるってよ」(集英社文庫刊)。
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」で数々の映画賞を受賞し、人間のダークな部分を暴きだしながらも、愛しいまでにユーモアあるキャラクターを描く吉田大八監督が、
初めて10代の物語を描いた。キャストは、神木隆之介、橋本愛、大後寿々花ほか、100倍を越えるオーディション倍率を勝ち抜いたフレッシュな俳優陣が集結し、
輝きと刺激を放つジクソーパズルが完成した。
2012年8月11日より新宿バルト9はじめ全国132館で公開され、マスコミの前評判も極めて高かった本作だが、それ以上に映画を見た観客の口コミが
ツイッターを中心としたSNSで火がつき、週を追うごとにネット上での話題が増幅、公開劇場では7週目、8週目でも満席続出。
最近の映画界では珍しい息の長い右肩上がりの興行となり、12月現在もなお全国ロングラン中。これまでの映画界の常識から外れたこのヒットは、
新聞でも“『桐島、部活やめるってよ』の興行収入の推移は『常識外れ』"と報じられている。
また、国内賞レースの先陣をきる「第4回TAMA映画賞」で、見事に最優秀作品賞、最優秀新進男優賞(神木隆之介)、最優秀新進女優賞(橋本愛)の主要3冠を受賞。
第37回報知映画賞では、作品賞・監督賞・主演男優賞(神木)・新人賞(東出昌大)の4部門にノミネートされ、見事、監督賞を受賞。
今後も数々の映画賞が期待されている。

[ストーリー] ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。
1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター"桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと。
彼女さえも連絡がとれずその理由を知らされぬまま、退部に大きな影響を受けるバレーボール部の部員たちはもちろんのこと、
桐島と同様に学校内ヒエラルキーの“上"に属する生徒たち、そして直接的には桐島と関係のない“下"に属する生徒まで、 あらゆる部活、クラスの人間関係が静かに変化していく。
校内の人間関係に緊張感が張りつめる中、桐島に一番遠い存在だった“下"に属する映画部前田が動きだし、物語は思わぬ方向へ展開していく。
(2012年8月11日 全国ロードショー)

【2012年日本国内映画賞受賞】
■第36回 日本アカデミー賞 六冠獲得! (3月8日受賞式)
☆優秀作品賞:桐島、部活やめるってよ
☆優秀監督賞:吉田大八
☆優秀脚本賞:喜安浩平・吉田大八
☆優秀編集賞:日下部元孝
☆新人俳優賞優秀賞:橋本愛
☆新人俳優賞優秀賞:東出昌大

■第86回キネマ旬報 ベスト・テン
日本映画ベスト・テン 第2位
新人女優賞:橋本愛

■第67回毎日映画コンクール 三冠獲得! (2月7日受賞式)
☆日本映画優秀賞:桐島、部活やめるってよ
☆最優秀監督賞:吉田大八
☆スポニチグランプリ新人賞:東出昌大

■第34回ヨコハマ映画祭 四冠獲得! (2月3日受賞式)
☆最優秀作品賞:桐島、部活やめるってよ
☆最優秀監督賞:吉田大八
☆最優秀撮影賞:近藤龍人
☆最優秀新人賞:橋本愛

■第37回報知映画賞
☆監督賞:吉田大八

■第4回TAMA映画賞 三冠獲得!
☆最優秀作品賞 『桐島、部活やめるってよ』
☆最優秀新進男優賞:神木隆之介
☆最優秀新進女優賞:橋本愛

■ATPテレビグランプリ
☆新人賞(枝見洋子【アックスオン】) 「桐島、部活やめるってよ」で受賞

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』の吉田大八監督が朝井リョウのベストセラー小説を映画化した青春群像ドラマ。『SPEC~』の神木隆之介、『アナザー Another』の橋本愛、大後寿々花ほか注目の若手俳優が共演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
正直、さして観る気もなかったんですが、
すみません!間違ってました。
はっきり言って、面白かった!
群像劇ですが、人物がよく練れていて
みんな表と裏がある。
単純な人物はひとりもいない。
結構細かく人物描写がなされているのに
混ざったり、影が薄くなったりせず、
それぞれがキチッと性格、人物が彫られている点は
見事としかいえない。
高校生の学校生活の話と片付けないで、
当時誰しもが体験したはずの、独特の"社会"、
建前と本音の境界を距離感ゼロで追体験させてくる。
不思議と懐かしい気持ちになる傑作。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
登場人物名を各章のタイトルにしたオムニバス形式だった朝井リョウの原作を、曜日を章立てて、視点を変えて1つのエピソードを何度も描き、時間軸を再構築して構成するスタイルにした喜安浩平の脚本が光る作品。日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞しています。
最初は漠然と 主人公?の桐島がどんなやつなのか と思いながら話は進むのですが、肝心の彼は一向に出てきません。いつの間にかそれを見たさに熱中ささられるのですが、結局最後まで出てこないのです。ヤラレタって感じですね。脚本の勝利だと思います。
彼の脚本による「幕が上がる」が見たくなりました。
神木隆之介くんは本当に演技が上手いですね。わざとらしさがなくて、自然なので物語に入り込みやすいのだと思います。
何度も見る様な作品ではないですが、一度は見てもらいたい作品です。

ちなみに自分が何度も見ているのは、
ショーシャンクの空に、ラブソングができるまで、タイタニック、セブン、羊たちの沈黙、ドラゴンタトゥーの女、天使のくれた時間、スパイゲーム、消されたヘッドライン、ヒアアフター、トゥモローワールド、レッドドラゴン、イングロリアスバスターズ、エネミーライン、アイランド、アポロ13、マイノリティーリポート、トラフィック、ノーカントリー、ブラックスワン、ブラックホークダウン、ブラッドダイヤモン
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
タイトルになっている「桐島」に注目しすぎると、?? 何かよくわからないで終ってしまうかもしれません。
台詞での状況説明が少ないので、イメージをしながら見る必要があるかも?
同じ日、同じ時間を別の視点から見ていくのは興味深く、引き込まれました。
かっこよく見える人がかっこ悪かったり、かっこ悪く見える人がかっこ良かったり・・・
この辺りが感じられると・・・☆!!となるかもしれません。

人からどう見えるのかではなく、自分の中に何を持っているのかが
その人のかっこよさ、強さになることを知ることが出来た作品でした。
短期間に2回観ましたが、2回目に気付くことも多くありました。
また少し日を空けて観て見たいと思う作品でした。
少しでも気になっていれば、「観てみれば!」とお薦めする作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
『ゴトー待ちながら』をベースにした作品で、タイトルにもある桐島君はゴトーのこと。スクールカーストの頂点に君臨していた彼が現れないことで、そのスクールカーストに歪みが生じてくるというお話。このスクールカーストが見事に描かれていて、「ああ、自分のまわりもそうだったと。」とても苦しい気持ちになりながら見た。あの学校を支配していた空気感を見事に表現している。映画部のさえない映画部員を、さえない吹奏楽部の演奏をバックに、カースト上位の学生に襲いかかるシーンはとても良かった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
まずは、映画の感想です。

主人公というか核となる登場人物が多数いて、誰の主観で見るかで捉えかたは大きく変わってくると思う。

ただ、核となる登場人物に言えることは、自分にコンプレックスを抱いているということだと思う。

完璧じゃない自分を好きになることで、周囲からも好かれる存在になるのかなって思った。

カースト(階級)を持ち出した感想を述べてる方が多数いるけど、おれはもっと内側、人間の内面に語りかけられる部分が多いと感じた。

この登場人物の中で誰が1番の勝ち組(誰が1番幸せ)なのかは、あなたが決めることだと思う。

いやー、表現の仕方が若い!! 10年前(17歳)に見ていたら、きっと号泣する作品だと思う。不器用に真っすぐ生きるのは大変だけど、逃げないでほしい。

次に原作を踏まえての感想です。

原作の中でも一人一人がフューチャーされていたので、時間軸がわかりにくい部分があったけど、最初の方の教室にいるシーンとかは「ここに〇〇がいるんだ」と視覚的に確認できて良かった。

その反面、やはり「価値観の強制」が強かった。日曜日以降はいらなくない?あの辺はあくまで読者の頭の中で構成されるものであって
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す