¥ 1,944
通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
桃のふわり鉄道旅 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

桃のふわり鉄道旅 単行本(ソフトカバー) – 2016/11/11

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/11/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 940

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 桃のふわり鉄道旅
  • +
  • 現金輸送車物語-タブーとなったマニ34・30形- (RM LIBRARY208)
総額: ¥3,294
ポイントの合計: 60pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

JRすべての路線を乗車した鉄道アイドル・伊藤桃が約80路線を厳選レポート! 読めば鉄道旅に出たくなる書き下ろし鉄道紀行ブックが発売!
今回、グラビアのためにJR四国・予讃線でのロケを敢行! かわいい伊藤桃の表情がたっぷり見られます!
また、巻末には鉄道大好きマネージャー、ホリプロの南田祐介氏との対談を特別収録。さらに初回特典としてDVDが付いています!
アイドルファンだけでなく、鉄道ファン、旅行好きも楽しめる内容になっています。

内容(「BOOK」データベースより)

全てのJR路線を乗車した鉄道アイドル伊藤桃が約85路線を厳選紹介!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 168ページ
  • 出版社: 開発社 (2016/11/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475910156X
  • ISBN-13: 978-4759101560
  • 発売日: 2016/11/11
  • 商品パッケージの寸法: 21.4 x 15 x 1.7 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 202,517位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

JR全線に乗った伊藤桃さんが、その中から選んだ約80の路線について各々1~4ページ、乗ったときの経験や感想を綴る。

私もこれまで日本全国を旅行してきた。だが、印象に残っている地域とそうでないところに偏りがある。

この本では北海道から九州までまんべんなく路線が選ばれているけれど、彼女が「乗る」ために一度だけ訪ねた路線と、旅するために何度も利用した路線とで、文章に思い入れの差が感じられる。しかしそれは自然なことであり、そして、この本は旅行ガイドではない。

また全体を通して文章が固めの「…である」「…だ」調で書かれていたり(この点について本人は「メモや日記はいつもこんな感じの文体で書いているので…」とトークショーで話していた)、また、最後の文が「…(終点は)もうすぐだ」で締められる路線がいくつもあったり、付録のDVDがなぜかJRではないいすみ鉄道や大井川鉄道だったりするなど、結構荒っぽい印象も受けたけれど、そんな中で垣間見ることができる彼女の正直な感性が、ときに好奇心をひどくくすぐる。

「…水上駅で下車したことがある。水上温泉郷に近いということだったが、個人的には小海線の清里に匹敵する街並みだった」(上越線)

水上が清里の街並みに何がどう匹敵するのか、想像がつかなかった。でも私はこの一文を読んで、無性に水上へ行きたくなった。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
伊藤桃はアイドル。しかし、これはアイドル本にはあらず。
あ、たしかに、、表紙からカラーグラビアまではアイドルっぽいよね。
でも、中はモノクロの写真でひたすら鉄道と自然。

なにより、その文章が、さすが、サリンジャーを愛する読書家のもので、

「朝陽を見るのに好きな場所がある。」
「その駅を初めて訪れたときから、その駅に会えなくなることはもう知っていた。」

いいね。

伊藤桃の旅は、ひたすら「なにもない駅」を訪ねる、というものなので、いきおい自然描写がおおくなる。

「そして森の匂いに遠い川のせせらぎ。何もないけど沢山のものがそこにはあった。」
「漁村を抜け、誰もいない夕暮れの入り江でじっと夕陽を待っていた。」
「そんな姿を横目でみながら、まだほの暗い空の下、私は朝へと向かう。」
「よく晴れた日だった。夏の終わりの潮の風は暖かくも、少し切ない。」
「今度は泊まりでその星に会いに行きたい、」

あとはこんなのも、出てくる。

「その春、私は仕事のことでひたすら悩んでいて、前よりも空も海も少しくすんで見えていた。」

なにがあったんだ!

旅をするかわいいアイドル姿が約50分収められたDVDもついていてお買い得。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
伊藤桃さんはライブもするし、撮影会もするアイドル。
見た目もまさしく愛くるしいアイドルさん。
でも、書籍はぜんぜんイメージと違う。
正統派の鉄道本だ。
そのギャップが不思議。
文章からすれば、すごく頭の良い人だ。
JR全線踏破しており、その中から80路線強のローカル線が紹介されている。
キハ40系が好きで、鄙びた木造駅舎が好きで、秘境駅で降りて川辺や海辺を散歩している風景が
なんとも癒されるし、行きたくなる。
若い女性のキャピキャピした感じと言うより、男性が共感できる内容だ。
付属されるDVDではいすみ鉄道と大井川鉄道の井川線が紹介されているが、JRのローカル線だったらもっと良かったかな。
それと、巻頭2部の鉄道写真が本文と関係ない写真なので、そこは内容に合わせて欲しかったか。
まあそういうのは贅沢で、買って損の無い本だ。
紙質も良く、保存版である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
地元に近い、弥彦線が、紹介されてて高まりました。まだ読了してませんが。。(〃_ _)σ∥
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告