通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■商品の状態【付属品】問題なし。【カバー】多少のキズ・ヨゴレあり。【本体】多少のライン引き又はカキコミあり。■ご注文通知から1営業日以内に発送。■水ヌレ、ヨゴレ、キズ防止の為、耐水ビニール封筒に入れて発送いたします。■万が一、こちらの商品説明及びガイドラインで認められている範囲以外に不良点がございましたら送料及び商品代金を全額返金いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


格差社会で日本は勝つ―「社会主義の呪縛」を解く (日本語) 単行本 – 2007/3/30

5つ星のうち4.1 7個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1,650
¥1,650 ¥1
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

「格差社会」は悪ではない。むしろ、今後、日本が繁栄していく
ためには「努力が報われる社会」としての格差社会を肯定すべきだ--。
「金持ち=ズル」「大企業=悪」「地価上昇=バブル」という社会主義の呪縛か
ら、日本人を解き放ち、真の経済大国へと導く注目の書。

出版社からのコメント

 新聞や雑誌、書籍、テレビの各種マスコミで、「勝ち組、負け
組」「下流社会」「ニューリッチ」「ワーキングプア」などの言葉が飛び交い、
また、4 月の統一地方選挙や、7 月の参院選でも大きな政治的争点となることが
予想されるなど、今後も格差問題は益々国民的関心を集めていくと思われます。
 しかし、本書では、「格差はあるのか、ないのか」「格差は広がっているの
か、縮まっているのか」という従来型の議論は一切行わずに、経済学の視点か
ら、「格差社会は悪ではない」ことをわかりやすく解説します。むしろ今後日本
が繁栄していくためには、「努力が報われる社会」としての格差社会を肯定すべ
きだと著者は主張します。「不労所得=悪」「金持ち=ズル」「大企業=横暴」
「地価上昇=バブル」など、日本人の多くが持っている常識が崩壊し、「誰もが
勝ち組になれる経済学」を体得できる注目の一書です。

内容(「BOOK」データベースより)

ニューリッチvs.ワーキングプア。格差で勝つ人、負ける人。あなたはどっち?―誰もが勝ち組になれる経済学。経済学の使命は、貧困の克服であり、豊かさの実現であり、幸福の追求である。本書では、そのために必要な、格差問題の考え方、国家のあり方、経済学のあり方などについて、まとめている。

レビュー

新聞や雑誌、書籍、テレビの各種マスコミで、「勝ち組、負け
組」「下流社会」「ニューリッチ」「ワーキングプア」などの言葉が飛び交い、
また、4 月の統一地方選挙や、7 月の参院選でも大きな政治的争点となることが
予想されるなど、今後も格差問題は益々国民的関心を集めていくと思われます。
しかし、本書では、「格差はあるのか、ないのか」「格差は広がっているの
か、縮まっているのか」という従来型の議論は一切行わずに、経済学の視点か
ら、「格差社会は悪ではない」ことをわかりやすく解説します。むしろ今後日本
が繁栄していくためには、「努力が報われる社会」としての格差社会を肯定すべ
きだと著者は主張します。「不労所得=悪」「金持ち=ズル」「大企業=横暴」
「地価上昇=バブル」など、日本人の多くが持っている常識が崩壊し、「誰もが
勝ち組になれる経済学」を体得できる注目の一書です。 --出版社からのコメント

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鈴木/真実哉
経済学者。1954年生まれ。早稲田大学大学院を経て聖学院大学政治経済学部准教授。専門の金融論のほか、理念経済学やシュンペーター、ハイエクを研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 231ページ
  • 出版社: 幸福の科学出版 (2007/3/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4876885710
  • ISBN-13: 978-4876885718
  • 発売日: 2007/3/30
  • 梱包サイズ: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,096,693位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
評価の数 7
星5つ
53%
星4つ
25%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
22%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

7件のカスタマーレビュー

2007年4月13日
Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年4月15日
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年5月4日
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年4月18日
Amazonで購入
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年4月26日
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年4月8日
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年4月5日
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告