中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

株 1―マーケット (SCオールマン) コミックス – 2001/4

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 集英社 (2001/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4088783344
  • ISBN-13: 978-4088783345
  • 発売日: 2001/04
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
株価を左右する大きな要因である「人の欲」が見えるニューヨークの天才トレイダー志摩真が日本に帰国、兜町で南海証券を立ち上げたもう一人の天才トレイダー志摩蒼一と相対しながら、株式投資の本質とは何かを経験していくという物語。

具体的にテクニカル分析がどうとか長期投資が云々といった技術書的な解説は無いが、「株価が動く要因はどこにあるのか」「そもそも(投機ではなく)投資とはどうあるべきなのか」「何に注目し判断を行うべきなのか」など、株式投資における基本中の基本を、ベースのストーリーの展開の中で分かりやすく説明している。特に初心者には一度目を通しておいて欲しい、オススメ漫画。

当作品は残念ながら掲載誌の休刊で第五巻にて終了してしまったが、ネット証券による個人投資家が急増している現在、ぜひとも何らかの形で再スタートしてほしいものである(なお原作者観月氏は別の漫画家による、仕手戦を描いた「相場師」(現在絶版)も出している)。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ニューヨークの天才トレーダー志摩真、海外で天才の名を
ほしいままにした男が日本に帰ってきた。彼は人の欲が見えるため、
明日の株価が分かるモンスターである。他方、兜町ではかつて
「狼」と呼ばれた男が眠りから目覚め、さらに巨大になって
復活した。それは南海証券を設立した男、志摩蒼一。
二人の巨大な運命の糸が今交じり合う。その行き着く先に
何が起きるのか。

この本は読む人によって評価が分かれる本だと思います。
まず、この本から新しく読み始めた方は、文句無く高評価を
出すでしょう。川島さんの絵はとても上手で、人物描写に
長けています。また、株に関する理論も分かりやすく
説明されていますので、投資未経験者にも分かりやすい
話になっています。

しかし、前作「相場師」を読んだ後、この本を続いて読むと
非常に残念な気持ちになります。副主人公の志摩蒼一は
漢字こそ違いますが、前作の志麻蒼一の事でしょう。
「相場師」は大体ソロスが全盛の頃ですから1990年代、
「株マーケット」は小泉総理が出てくる2002年のお話です。
しかし、コミックの中では30年以上の月日が流れており違和感を
感じます。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
これから株式投資を始めたいと思っている方は、是非読んで頂きたいと思います。
この本は、株価が動くその背景には何が作用しているのかを教えてくれます。
インターネットで簡単に株式投資に参加出来る時代になり、これから沢山の方々が安易に参加してきます。
裏の駆け引きを分かっていれば、大怪我も防げるかもしれません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告