通常配送無料 詳細
残り14点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス人文庫 (と3-1)) 文庫 – 2006/2

5つ星のうち 3.8 43件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 720
¥ 720 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 株式投資これだけはやってはいけない (日経ビジネス人文庫 (と3-1))
  • +
  • 株式投資これだけ心得帖 文庫増補版 (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • 株が上がっても下がってもしっかり稼ぐ投資のルール -バイ・アンド・ホールドを超えて (日経ビジネス人文庫)
総額: ¥2,262
ポイントの合計: 116pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

保有銘柄を増やさない。指し値注文はしない。運用資金の全額投資はしない。ちょっとしたことに気をつければ株式投資のリスクは減ります。注文の出し方から株価指標の見方、信用取引まで「株式投資べからず集」。

出版社からのコメント

投資家の痒いところに手が届く本 株式投資の入門書は多いけれど、今ひとつ役にたたないものが多いと思っている方も多いのではないでしょうか。
本書は「指し値注文はやめよう」「二番手、三番手銘柄は買うな」「株式分割銘柄を分割後に買うな」など、具体的に「やってはいけないこと」を指摘しています。、本当に役立つ入門書として、すべてのビギナー投資家におすすめします。 --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 260ページ
  • 出版社: 日本経済新聞社 (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532193370
  • ISBN-13: 978-4532193379
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.7 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 290,057位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/4/16
形式: 単行本
元山一証券のディーラーということですが、その語り口は
初心者にもわかりやすく、すんなりと入ってきます。
ただ、近著の「心得帳」と内容がほとんどかぶるので、
どちらか一冊を読めば、著者のメッセージは十分にわかるのでは
ないでしょうか。
個人的には、この本をさらにシンプルにした「心得帳」の方が、
デザインや装丁も含めて「株のバイブル本」感が強いのでオススメですね。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ライブドアショックから始まった株式市場の調整をチャンスと思い、だいぶ買い増ししております。

その一助にでもなるかなと思って、この株本を読みました。

文庫本であり、過去にネット連載された文章に加筆したものであるとはいうものの、読み応えたっぷり。

思わず納得する部分もありました。

特に、損切りと成行注文は考えさせれます。

株式投資では、売らない限り損は確定しません。

含み損と言う形では表面化しますが、持ち続ける限り今後の株価上昇・含み益への転換の可能性はります。

しかし、持ち続けても株価が反転する保証はない。

だから、早めに損を確定させて、他の銘柄に投資をするのが得策。

こういう考えです。

納得はできるのですが、なかなか実行はできないもの。

成行注文に関しては、売りたいならば少しぐらいの株価の変動は考えずに、売ることを最優先するために、成行注文で売却するべきというもの。

購入の時も同様、購入することを第一優先にして、成行注文で購入。

僕は指値です。

額にして知れているかもしれません。
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 著者が言うには、株式株式相場は初心者の個人投資家から証券会社のディーラーまでアマチュアからプロまでが入り乱れてお金を賭けて戦っている修羅場である。そこでアマチュアが生き残って勝利を得るには、何をやらなければいけないか、何をやってはいけないかが書かれている。投資期間は中長期を意識しているようだ。
 内容としては、見一杯の資金をつぎ込んではいけない、損切りは早めにしろ、自分自身で考えて判断しろ、信用取引の二階建ては危険だといったよく聞くような事柄が多い。ベテラン投資家には物足りないかもしれないが、相場を始めた人には貴重なアドバイスだと思う。証券会社で自己売買をやっていた著者だけあって、ディーラーのやっていることの話も多く、参考になった。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
と言う私も株式市場に最近入った超初心者で、信用取引なぞ怖くて出来ない臆病者ですが、この本はとても参考になりました。

売買時の注意事項がそれぞれの項目ごとに分けて書かれているため、自分の疑問に思うところから読むことが出来ます。そして、各項目の最初と最後に抑えるべきポイントが書かれているため、一読後はそこのみ確認すればOKです。

著者の経験談も随所に織り込まれ、プロの現場を知ることも出来ます。

ただ、最後に幾つか挙げられているテクニカル指標の例で、実際の値が参考として示されていますが、漢数字表記はわかりにくいですね。ここは直して欲しいです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
同タイトルの単行本の文庫版。タイトル通り、大負けやつまらない負けを防ぐための指南がいろいろ書かれている。

最終章にテクニカルな話も出てくるが、主には株投資にあたっての心得のようなものが列挙されている。

余裕資金を残しながら運用する、自分が慣れた手法を用いる、場中の株価ウオッチングをしないなど、うなずける内容が多い。

自分にも経験があるような失敗例が紹介されている一方で、自分の方法が間違っていないことを確認できる内容もあると言う意味で、役に立つことが多かった。

「株式市場には、人間の欲望が渦巻いている」「将棋や野球と違って、同じ土俵でプロと初心者が対決している」といった、ともすれば忘れてしまいそうな基本的な事実は、株投資にあたっては十分に心しておくべき言葉といえるだろう。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー