通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
株価暴落 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

株価暴落 (文春文庫) 文庫 – 2007/3/10

5つ星のうち 4.1 91件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 351
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 株価暴落 (文春文庫)
  • +
  • かばん屋の相続 (文春文庫)
総額: ¥1,317
ポイントの合計: 41pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ドラマ『株価暴落』原作本! (主演・織田裕二)
これは銀行の威信を賭けた闘いだ!
巨大スーパーを襲った連続爆破事件。緊急追加支援要請を巡って白水銀行審査部の板東は企画部の二戸と対立する。傑作金融ミステリ。

内容(「BOOK」データベースより)

巨大スーパー・一風堂を襲った連続爆破事件。企業テロを示唆する犯行声明に株価は暴落、一風堂の巨額支援要請をめぐって、白水銀行審査部の板東は企画部の二戸と対立する。一方、警視庁の野猿刑事にかかったタレコミ電話で犯人と目された男の父は、一風堂の強引な出店で自殺に追いこまれていた。傑作金融エンタテイメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 302ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2007/3/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 416772801X
  • ISBN-13: 978-4167728014
  • 発売日: 2007/3/10
  • 梱包サイズ: 15.5 x 10.9 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 91件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,295位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 6138 投稿日 2017/6/13
形式: 文庫 Amazonで購入
アマゾンで買った本のみレビューしています。物語・作り話が好きなので小説しか読みません。リアリテイー等は関係ありません。事実と違うなどと言ってる人がいますが、なぜ事実じゃないと知っているのでしょうか?学者が書いているから?不思議で仕方がありません。物語では信長は本能寺で死ななくてもいいのです。面白いか面白くないかのみが判断基準です。それではよろしくお願いします。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 help01 投稿日 2015/5/24
形式: 文庫 Amazonで購入
主役(銀行)と銀行の敵役、爆破容疑者、なぞの刑事と
いろいろな人物がですぎて、まとまりをかけた感が
ある。
結局何がいいたかったのだろうかと
思った。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
銀行員の友人に勧められて読ませて頂きました。経済の勉強になるだけでなく、ヒューマンドラマとしても学ぶところがありとても感動しました。また、読書がしたくなりました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 洛人 投稿日 2016/8/29
形式: Kindle版 Amazonで購入
まめざしとシーザーサラダが食べたかった?
8月以降に到着した❗
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
〇〇のため、〇〇のためにって、簡単に口にする奴には、気をつけろ! 所詮、自己保身に走るから。 間違いない!

だったら、誰を信じる? WIN‐WINはいずこ?

過去の成功体験に固執し、変態できない者に、未来は開けない。

不幸なイベントが起きた時、××が悪いと言うことほど、更なる不幸を呼び寄せるマントラはない。 100%自己責任として受け入れることなく、幸せ行きの列車に乗り換える術なし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 招福犬 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2017/3/31
形式: 文庫
ある小売店の出店時の怨嗟から、小さな事件が起こり、やがて企業爆破事件へと発展する。
その犯人を炙り出し、追い掛けている中で、それぞれの怨嗟と私利私欲が浮き彫りになって行く。

個人個人の思惑が、まるで螺旋階段のように繋がっている。。。今までの池井戸作品にない展開で、
とても面白く読ませて頂きました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
巨大スーパー・一風堂で爆破事件が起き、死者が出た。送りつけられた犯行声明を公表したとたん株価は暴落。一風堂は経営の危機に・・・。犯人はいったい誰?何が目的なのか?

爆破事件で株価が暴落した一風堂から巨額支援要請が来た。だが、白水銀行審査部の坂東は反対する。一風堂は、犯人逮捕で株価が持ち直すまで耐えられるのか?それとも倒産?そして犯人は・・・?
誰が何の目的で爆弾を仕掛けたのか?一風堂をめぐる巨大融資で意見が対立する坂東と上層部に妥協点はあるのか?そして、一風堂内部にも問題が・・・。盛りだくさんの内容だが、盛りだくさん過ぎて焦点が絞り切れていない印象を受ける。また、詳しい描写がなく「どうしてそうなるのか?」とストーリーに疑問を感じる部分もあった。犯人についても、意外性を狙ったのだろうが動機のインパクトが弱い。作者得意の銀行物とミステリーをくっつけたような話だが、どちらにも重点が置かれていない中途半端な感じを受けた。ちょっと物足りなさを感じる作品だった。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
白水銀行審査部 坂東は バンカーたろうとして
銀行の利益を優先する。
半沢直樹を彷彿とさせる。
まぁ。当たり前なんだろうね。
一方 企画部次長仁木は 一風堂の支援に
全力を挙げる。
仁木は エリートで数字も覚えて
弁舌爽やか。
坂東と仁木の対決は 面白いが、決着がねぇ。
ちょっと、中途半端だね。

一風堂を狙う 爆弾テロ。
犬鳴黄が 犯人として怪しいのだが、
どうも、犯人らしくないところがある。
確かに、一風堂に対して、うらみがあるが。

犯人が 最後の方にでてくるが、
ふーむ。ちょっと つくりすぎだね。

ワンマン 創業者 風間耕造 76歳。
まるで、ダイエーの会長がモデルなんでしょうけど、
安売りの価格破壊。
風間の経営の何が問題なのか?
自前ですべて拡張していったことなのかな。
不動産が上昇するときの経営手法に頼りすぎた。
友部、財前 二人の部下が。
それぞれの想いがあるが、
ワンマンの 見えないところで。
しかし、友部さん 残念だね。人徳がないのかなぁ。
振り向いたら 誰もついてこないとは。

池井戸潤らしい作品と言えば作品なのかな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー