Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,188

¥ 324の割引 (21%)

ポイント : 11pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[伊藤智洋]の株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる
Kindle App Ad

株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かる Kindle版

5つ星のうち 3.1 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 127

紙の本の長さ: 237ページ 株は1年に2回だけ売買する人がいちばん儲かると類似の本

商品の説明

内容紹介

チャート分析の第一人者が悟った究極の投資法!

マニアックなほどに深い内容をもつ数々の名著を執筆し、チャート分析の第一人者として根強いファンをもつ著者は、長年の研究と自身の投資実践の結果、「株価には動くべき時期=パワートレンドがあり、その時期においてのみ、チャート分析の確度が非常に高まる」との結論に達しました。
市場で圧倒的な支配力を持つ機関投資家、ファンドなどの市場参加者たちは、「相場から収益を上げなければならない」という職務を担うがゆえに、一定の行動パターンから逃れることができません。そのため、何の力も作用しなければ横ばいに推移するはずの相場において、株価は年に2回、想定される値幅のなかで、一気に動く――といった特徴あるパワートレンドが示現することになります。
本書は、「個人投資家が投資をするなら、そのパワートレンドの時期のみに絞るべきであり、それこそが簡単に儲けるための近道である」という著者の知見を解説する初めての本です。

本書では、そのような動きが現れているという事実をデータや市場参加者の行動心理分析から明らかにするとともに、個人投資家がそうした動きを先読みして、効率的に利益を上げるための方法を具体的なノウハウとして体系的にまとめました。
従来のチャート分析本、投資ノウハウ本とは一線を画す、深い考察と実践経験から導かれた株式投資の考え方と手法は、相場で儲け続けて勝つための必読書といえます。

内容(「BOOK」データベースより)

“伊藤流”必勝の4つのステップ。誰でも簡単にこのタイミングで勝てるようになる!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 12374 KB
  • 紙の本の長さ: 253 ページ
  • 出版社: 日本実業出版社 (2015/2/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B011TDJFXE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 114,526位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
過去の日経平均の日別の終値を単純にExcelで計算してみても、有意な差は私では発見できませんでした。移動平均とか、色々やってみてもわかりません。年によって傾向があるとのことでしたが、今年がそもそもどの傾向の年なのかがわかりません・・。
ということで、結局いつ買えば良いのかは、筆者の有料サイトに入会しないとわからないみたいです・・。
考え方には賛同しますが、実際にどうすれば良いのかはよく分かりませんでした。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
株価は一年の中に必ず「上がるべき時」がある、だからその初動を捉えて買い、あとはその動きが終わるまで放っておく。
本書を要約するとこんな感じになる。
では、個別銘柄の「上がるべきとき」はいつなのか?
当然読者はこのような疑問を持つと思うが、それに対する答えは以下の二つ。
① 自分で調べる(20年分くらいのデータを集める)
② 筆者の有料サイトに入会する

結論:長い割にはあまり得るところのない本である。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容も難解。いや、詰めて考えれば知ってる内容ですが、何だかとても分かりにくい説明でした
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
このひと、作文がヘタですね。
しかし、伝えたいこと、教えてくれていることはすごい。
なので、下手くそな分かりづらい文章を何度も読み返して、添削しながら読んでいます。
しかし逆に、パッと読んで理解できないのが幸いして
この本の価値に気が付かない人が多いので安心です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
筆者の経験とデータから編み出した主張は非常に良質なものだと思う。しかし、読み物としてはあまり良いものではない。本として出版するからには読者がいるわけで、少なくとも話の順序や言葉の統一といったことには気を使って欲しかった。出版の関係かは分からないが、短期間で書いて、話を盛ったのがバレバレでいたずらに内容をややこしくしている印象が強い。もはや1〜5章は目次の見出しだけ読んで6章だけ読んだらそれで十分かと思う。立ち読みで十分なのでわざわざ買う必要はない。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
レビューが高かったので、買ってみた。
もちろん、株で儲けようと思って買ってみた。

「株で儲ける」という難解な行為。
はっきり言って、わかりやすく言って、この本を読んだくらいで、儲からない。
この本が正しいことが書いてあるとしても、うまく儲けることはできません。

推理本みたいな本であり、過去のデーターを使い、興味深く文章が記載されている。
確かに読んでいて面白い。
だけど、こんな本を読んで参考にして、株をやらない方がいいでしょう。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文章が非常にわかりにくい。同じところで何度も何度も読み返して進まない。本当に疲れる。他の人はどう感じているのかな。
例「3月から6月までの期間で、価格があまり上昇しないことで上値の重さを確認して、年の前半でつけた安値では値幅をとりにくいような積極的な買いが入らないとわかり、5月、6月以降にさらに下値を掘り下げることになります。」すみません。どういうこと?
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルだけ見ると、1年のうち何月と何月に売買すればよいか
分かると思っていましたが、実際はそれほど単純ではなく、
チャート分析などある程度のスキルは必要とのこと。

いろいろ株について勉強したい中級者向けと思います。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
正直、一度読んだだけではわかりませんでした。
ただ、日本の負債を考えるとインフレは起こさざるを得ず割を食うのは預貯金しかない大多数の中流階級である、というメッセージは伝わりましたので日経インデックスと国際インデックスを長い期間貯金の変わりに積み立てていこうと思いました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
機関投資家の株式市場でのふるまいが解説されています。それにたいして個人投資家の損をしないためのとるべき態度が書かれています。
「1年に2回だけ売買する人が一番儲かる」ということの説明で、「1年に2回だけ売買して儲ける方法」が書いてあるわけではありません。
株式市況で記者がいろいろ解説する「季節性」や「循環銘柄」「上昇(下降、持ち合い)局面」「調整」などについての、分かりやすい解説書だと思います。ハウツー本ではないので、具体的方法の詳細はありませんが、方向性程度は示しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover