お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

栞と紙魚子の怪奇事件簿 [DVD]

5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 15,960
価格: ¥ 12,697 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,263 (20%)
2017年8月24日に入荷予定です。 在庫状況について
今すぐご注文ください。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 12,697より 中古品の出品:7¥ 5,998より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: 南沢奈央, 前田敦子(AKB48), 山根和馬, 松山メアリ, 橋本じゅん
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2008/06/25
  • 時間: 280 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00165SDUM
  • JAN: 4988021139175
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 38,406位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

怖がるなら見るな!
21世紀の新感覚ホラーコメディ!
女子高生2人の摩訶不思議な冒険物語。
怪奇事件をユル~ク解決していきます。
一度飛び込んだら、この世界、クセになる!!!

二人のヒロインが暮らす「胃の頭町」に起こる怪奇事件の数々とそこに暮らす一度見たら忘れられない奇々怪々な人々との触れ合いを、恐怖とユーモラスを交えて描き出しています。
そんな「栞と紙魚子」の世界は「キモカワイイ」がキーワードの、ポップでキッチュなストレンジワールド。

【キャスト】
栞:南沢奈央
紙魚子:前田敦子(AKB48)

洞野:山根和馬
鴻鳥友子:松山メアリ
宇論:橋本じゅん
段一知の妻:高橋恵子(特別出演)
段一知:井上順


【スタッフ】
原作:諸星大二郎「栞と紙魚子」(朝日新聞社「ネムキ」連載中)
脚本:渡辺雄介、江本純子(毛皮族)、ブルースカイ、小林雄次
演出:井口昇、富永まい、清水厚、高橋巌、落合崇、大野哲哉、他
音楽:平野義久
主題歌:「赤い井の頭ブルース」eastern youth(VAP)
制作協力:バイオタイド
企画制作:日本テレビ
製作著作:D.N.ドリームパートナーズ、VAP

(c)D.N.ドリームパートナーズ/VAP

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

お気楽な女子高生ふたり組が街で次々と起こる怪事件を解決していくホラーコメディの4枚組BOX。ふたりが暮らす“胃の頭町”で起こるさまざまな怪しい出来事や不可思議な人物との交流を恐怖とユーモアを交えて描く。第1話から最終第13話まで収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

原作のファンだったのであの独特な世界を、どう表現するのか期待して見始めたら南沢奈央のアッケラカンと言うか脳天気な役柄に呆然としたが物語りをグイグイ引っ張っていき、テレビ版の世界観もありだなと思いました。 そして最後のどんでん返しはさすがに笑ってしまいましたが、理由よりも展開のシュールさを素直に楽しめました。ただ、原作を読んでから観た方が、楽しめると思います。南沢奈央のイメージは真面目でヒロイン然としたものでしたが、こんな明るい(脳天気)役もこなせる事に感心しました。そして何よりスラリとした脚線美を堪能できました。南沢奈央ファンは必見です!
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今まで観てきたドラマの中で一番好きな作品です。このドラマをきっかけに原作を知り、諸星大二郎を知りました。原作よりも明るくポップに作られており、キャラクター設定も少し違っています。原作の初期の作品を中心に実写化した感じです。15年くらい前のNHKで夕方に放送されていそうな少し懐かしい雰囲気、B級感強めで素人くさい雰囲気だがCGや細かい演出にはちゃんとこだわっているあたりが個人的にツボに入りました。友達におすすめしにくい作品ですが、密かに大事にしておきたい作品です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
諸星大二郎の初めての少女向け「怪奇漫画」がドラマ化!主演はプロデューサー「丹羽多聞アンドリウ」が発掘した逸材、ボーイッシュな魅力の「南沢奈央」。アイドルグループ「AKB48」の主力メンバーで、演技力に定評がある「前田敦子」。この2人が次々に起こる「怪事件」を解決していく「コメディ・ホラー」作品。‥原作独特の「諸星ワールド」テイストを実写で忠実に再現するのは非常に困難であるし、不可能に近い。ドラマ化にあたり、あえて無謀な冒険はせずに、主演のアイドル2人の魅力を前面に出したドラマ展開に原作をアレンジしている。原作では立場は対等だが、ドラマでは「南沢・栞」がメインで物語の引っ張り役、「前田・紙魚子」は彼女に振り回される 「狂言まわし」的な役どころ。容姿、性格付けも若干、原作と異なる。原作を原案にしているが変更点も多く、二話のトイレの「ギロチン・トラップ」に襲われたのは原作では「紙魚子」だが、ドラマでは「栞」に変わっている。原作を見ながら比べてみると興味深い。これらの変更で原作の「おどろおどろしさ」は後退してしまったが、テレビならではの「エンターテイメント」性はよく出たと思う。最終回では原作にはない、「栞」に関する「大ドンデン返し」もあり(彼女達の制服姿の違いが伏線とは‥)アイドル主演のドラマとしては楽しく観れたし、「南沢奈央」・「前田敦子」のファンなら要チェックのDVD-Boxだと思います。少し変わったドラマを観たい方々にオススメです!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
放送中は見られなかったのでDVD発売を機に見ました。
諸星大二郎原作の実写化なので独特の諸星ワールドがどのように映像化されているのだろうと思っていましたが、これはもはや諸星ワールドではない。

よくわからない登場人物、ご都合主義ともとれる展開、得体の知れない笑い、なんともいえない脱力感、あるようなないようなストーリー、しまりのない結末。
ほんとにユルユルのグダグダです。
でも・・・・・これはイイ!
個人的にはこんなの大好き。気に入りました。

【おすすめ度】
見る人によって評価の分かれる作品だと思います。
・諸星大二郎ファンの方:見ないほうがいいと思います。
・ホラー物のファンの方:ホラーよりコメディーの要素が強いのであまり期待しないように。
・南沢奈央・前田敦子ファンの方:見ておいて損はない、という程度かな。
・B級物の好きな方:オススメ!            
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 世界 投稿日 2012/8/4
諸星大二郎ファンは観てらんない。主要なキャラクターが原作と全く違うから。

原作に何の思い入れが無い人が、自分の世界に作り変えた感じ。

ドラマもグダグダでつまんない。トイレで昼飯を食べるところですでにスベッている。

ただし、主演二人のファンには宝物なんだろうと思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
諸星大二郎ファンなので、放送時から見てました。
マンガの実写化なので、おもしろ半分で見てた感じで、そのときは、南沢奈央が好みのタイプ。前田敦子は、まだ子供だったこともあり、あまりパッとしない子だなと思っていました。
しかし、ずっと後で前田敦子がAKBのトップに上り詰めたとき「マジ、あのときの子じゃん!」と超びっくり。
一方、南沢奈央は、私の印象では、長くぱっとしないままでしたが、サイエンスZEROのMCを長く続けて、ようやくこのところドラマでも頻繁に見るようになって嬉しい限りです。
そんな2人の出世(前)作ということで、ファンなら必見でしょう。
一方、諸星大二郎ファンとしても「深夜ドラマ」だと意識してみれば、嫌悪することもなく楽しめる作品だと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す