¥1,980
無料配送: 3月10日 - 11日 詳細を見る
最速の配達日: 3月 10日の水曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
栗東市の左義長からみる地域社会 (別冊淡海文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


栗東市の左義長からみる地域社会 (別冊淡海文庫) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/3/5

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,980
¥1,980 ¥2,996
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

小正月に長い竹を組んで立て、正月飾りを燃やす左義長(どんど)と呼ばれる行事は、今も全国各地で行われている。その一つである滋賀県栗東市で、個人に対する生活史調査と全123自治会に対するアンケート調査を実施、民俗学の知見もいかし、社会学(地域社会論)の観点から、左義長の意味と役割を考察する。

著者について

笠井 賢紀(カサイ ヨシノリ) 1983年 北海道出身 龍谷大学社会学部准教授。 専門は地域社会論、質的社会調査法。 著書 『基礎ゼミ社会学』工藤保則・大山小夜・笠井賢紀編著(2017年、世界思想社)

登録情報

  • 出版社 : サンライズ出版 (2019/3/5)
  • 発売日 : 2019/3/5
  • 言語 : 日本語
  • 単行本(ソフトカバー) : 204ページ
  • ISBN-10 : 4883251934
  • ISBN-13 : 978-4883251933
  • 寸法 : 21 x 14.8 x 2.5 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年7月16日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告