無臭柿渋 柿多冨 1000ml がカートに入りました
数量:1

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,160
130pt  (6%)
通常配送無料 詳細
発売元: にっぽん津々浦々(マケプレお急ぎ便対応店)
カートに入れる
¥ 2,160
86pt  (4%)
通常配送無料 詳細
発売元: 尾山製材
カートに入れる
¥ 2,160
130pt  (6%)
通常配送無料 詳細
発売元: ティーズマルシェ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無臭柿渋 柿多冨 1000ml

5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,160 通常配送無料 詳細
ポイント: 130pt  (6%)  詳細はこちら
残り19点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Omni-Channel Retailingが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,160より
  • ※皮膚、衣類、床等に付着しますと着色しますので、水で洗浄してください。
  • ※十分に乾燥固着する前に水に濡れた状態で放置しないで下さい。固着すれば、水に溶け出すことはありません。
  • ※直射日光に当たってより発色しますので、恒常的に日の当たる部分と当たらない部分で色差が出る場合があります。
  • ※柿渋は時間がたつと容器内でゲル化します。(状況により、3ヶ月~6ヶ月)開栓後はできるだけ早くご使用ください。特に残量が少なくなり空気が多いと早く固まるので、長期保存する場合ですと水で2倍にうすめ冷暗所に保管ください。
  • ※容器底部に果肉が沈殿する場合がありますが、品質等に問題はありません。

この商品の仕様
アイテム重量 998 grams
ブランド名 柿多冨



現場向け猛暑対策特集
工場扇、スポットエアコンほか、冷感ウェアや服の中にファンが搭載されている空調服など、夏の現場を快適に過ごせる製品が勢ぞろい。現場向け猛暑対策特集を今すぐチェック! 詳細はこちら

よく一緒に購入されている商品

  • 無臭柿渋 柿多冨 1000ml
  • +
  • アサヒペン ペイント刷毛 お得用多用途用ハケ3本セット OT-3P
総額: ¥2,426
ポイントの合計: 130pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 商品パッケージの寸法: 13 x 6 x 21 cm ; 998 g
  • 発送重量: 1 Kg
  • ASIN: B004LWEA0Y
  • Amazon.co.jp での取り扱い開始日: 2011/2/2
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 産業・研究開発用品 - 2,170位 (産業・研究開発用品の売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

柿渋とは化学物質を含まず、又、化学物質を一切使用しませんので地球環境に優しい天然塗料です。柿渋の色は、基本的に茶系色です。柿渋には、べんがら、松煙などの天然顔料を混ぜて着色して使用されてきました。顔料も鉱物系など天然のものでないと離反して使用できません。柿渋は天然素材でないと受け付けない性格があります。柿渋と蜜蝋ワックスの相性が良く、柿渋を塗った後に蜜蝋ワックスを塗るとお互いの良さが引き立てあいます。◎柿渋のご使用方法【木工製品の場合】 1.木地調整をする。塗った時の毛羽立ちが少ないので、研磨紙使用の場合は細目を用い、カスなどが残らないようによくふき取る。 木の汚れやニス等の他の仕上げ材が付着している場合には十分に落としてから塗って下さい。 2.柿渋を木目に沿って一定方向に刷毛で塗って下さい。刷毛は水性塗料用を使用して、刷毛は使用後直ぐ十分水洗いしてください。又、布で刷り込むようにして塗って頂くと多少光沢感があり効果が増すようです。 3.余分な柿渋を布でふき取る。柿渋を塗り終わると表面に気泡が出来たりムラがあったりしますので、その様な場合には布で軽くふき取って下さい。 その後は自然乾燥させて下さい。直射日光に当たるとより早く発色します。 4.乾燥すると木地が毛羽立つので400番程度の研磨紙を軽くかけて表面を滑らかにしてください。 回数を重ねることに色は濃くなりますし、時間と共にゆっくりと発色しますので、連続して塗るよりも暫く時間をおいてから次回塗るようにして下さい。一般的には2~3回塗りをお勧めします。



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

無臭柿渋を使ってみて、木材と自然に合う感じがして良かったです。しかし、いまいちつやがでませんでした。いろいろ相談し自分も試してみて、無臭柿渋はつやに関しては厳しい、まず出ないと感じました。昔ながらの柿渋を使うといい感じのつやがで始めました。。一度に厚く塗るより、薄く何回も塗った方が塗りむらが出にくいそうです。今は昔ながらの柿渋を使っております。昔ながらの柿渋の匂いは、私の場合あまり気になりません。自然な感じの、ほんのり甘ぐさい匂いがします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
●臭うと困るところに使う必要があり、初めて『無臭』を謳う柿渋を購入しましたが、全くの無臭で満足しています。●今まで使用した柿渋の中では色が濃い方で、二度塗りをすると程よい風合いが得られました。
●今回は使用後に少し余りましたが、袋内の空気を抜いてキャップをすれば密閉できるので、次回使用するまでに酸化する心配が無く安心です。
●柿渋の匂いが嫌な方、着色ができる柿渋が欲しい方にはお勧めです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
100円ショップで買ってきた竹製のざるに和紙をのりで貼り柿渋を塗りました。最初は少し色が薄いかなと思っていましたが、2~3日すると思っていた以上に渋い色に変わって、大満足の一閑張りの完成でした。無臭ということで扱いやすく環境にもやさしいすばらしい商品です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
柿渋は空気があると固まってしまうのでこのボトルは保存性が良いと思います。ただ、前回購入した柿渋より色が薄いような気がします。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
嫌な臭いとかは全くありません。天然素材ということもあり塗装していて全くストレスがないです。
重ね塗りで色が濃くなってゆくという楽しみもあります。
適当に塗ってもほとんどムラも出ないしこれはほんと良いと思います。
刷毛も水でゆすいですぐに綺麗になるしこれは本当にお奨めです。
これからも身の廻りの色んなものに塗りたいと思っていてわくわくしています!!
星10個あげたいくらいです!!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hatti 投稿日 2011/11/19
水で薄めて塗りました。
塗って直ぐに拭き取って乾かしました。
3日くらい日がたつと茶色っぽくなってきます。少量で沢山塗れてコスパは良いです。
無って乾かしてから蜜蝋ワックスを仕上げに塗りました。
塗ったらすべすべしています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西嶋 潔 投稿日 2014/12/5
Amazonで購入
木彫でお盆や箱に桜の花を彫りこんでいます。本当は漆を扱いたかったのですが、私の手にはおえそうもなく、何か良い塗装の仕方は無いだろうかと考えていました。そんな時柿渋を見て、挑戦してみようと思いました。最初は何度塗り重ねても思ったいろで出ず、下地に思い描いた色の下塗りをしてから、上塗りとして柿渋を使ってみました。いまはやや濃い色調や、やや薄い色調などある程度自由に出せるようになりました。取り扱いが簡単でたいへん気に入っています。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
柿渋原液は長期空気に晒されるとゲル状のダマ(ゲル状の柿渋は使いもんにならない。高濃度柿渋は顕著)になるので、こういう弁付きの方が良いかも知れん。
色合いが薄いと書かれてるのを散見するが
薄く塗っては色合いの様子見しながら何度か重ねて塗っていくのが塗り物の基本工程です(時間は当然かかる)
※家具のニス塗りも同様工程するよ
いきなり濃い色でベタ塗りすると失敗の元なので、面倒でも薄めた柿渋で薄く塗りながら、様子見ながら施工しましょうね
柿渋は色が落ち着くまで時間のかかる染料です
一回施工でよしではありまてん
一回塗って二三日様子見しながら重ねて施工しましょう
と、俄か最近DIYに目覚めた儂が語ってみるW
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
購入したらすぐに着きました。
素人がやると
むらになるというはなしでしたが
均一にむらなく良い色合いです。
パネルにガンタッカで布を張り込んだら、
ガンタッカでとめたとこまでにじんで
針のとこが黒くなった。
鉄で変色するというのはこれかとおもいました。
にじんだ部分は漂白剤で綺麗にぬけます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ganchiオヤジ 投稿日 2015/7/9
Amazonで購入
ダイニングテーブルのリフォーム用に買いました。初心者にもとても扱いやすく、綺麗に塗る事ができました。原液よりも多少薄めて使用した方が間違いないです。後片付けに苦労する事もなく、やはり天然素材の良さだと思います。塗装してかれこれ3ヶ月が経ちますが、柿渋色がいい感じになっています。仕上げは蜜蝋をつかいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー