¥ 2,070
  • 参考価格: ¥ 2,300
  • OFF: ¥ 230 (10%)
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
柳沢吉保 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

柳沢吉保 オンデマンド (ペーパーバック) – 2015/4/1


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
オンデマンド (ペーパーバック)
¥ 2,070
¥ 2,070

AmazonStudent
【学生限定】Prime Student会員なら、この商品は10%Amazonポイント還元。6か月無料体験登録をして、お得に本を買おう。(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

時代劇ではいつも、「将軍・綱吉に取り入り、善良な人々を苦しめる悪徳大名」とされてきた側用人・柳沢吉保。  しかし彼は本当に悪い政治家だったのか? 本書はこの疑問を検証する。  それと同時に、5代将軍・徳川綱吉や当時の元禄時代についても再検証する。  教科書では、愚かな将軍・綱吉は犬に異常に執着して「生類憐れみの令」をつくり、民衆を苦しめたという。  これも果たして本当のことだったのだろうか。  綱吉の元禄時代とはまさに「経済の転換期」であった。 武士は軍人から官僚への変身を求められ、さまざまな権力の争いが行なわれていた。  その構造を理解することで、「なぜ柳沢吉保の悪名はでっち上げられたのか」が見えてくる。 【目次】はじめに 柳沢吉保は本当に悪人だったのか/第一章 吉保と綱吉/第二章 将軍綱吉の実態/第三章 生類憐みの令の真実/第四章 吉保を巡る謎/第五章 吉保の真の実力/第六章 忠臣蔵の人々/第七章 負け組の悲願、甲府城主に/第八章 将軍綱吉の死/第九章 柳沢一族の繁栄/おわりに

著者について

江宮隆之(えみや・たかゆき)  一九四八年山梨県生まれ。中央大学法学部卒業。一九八九年、『経清記』(新人物往来社)で第十三回歴史文学賞、一九九五年、『白磁の人』(河出書房新社)で第八回中村星湖文学賞を受賞。 著書に、『北条綱成』(PHP研究所)、『写楽の首大江戸瓦版始末2』(ベストセラーズ)、『黒田官兵衛』『小早川隆景』(学習研究社)、『風のささやき』『母ちゃん(オンマ)』『母人形』『二人の銀河鉄道卜嘉内と賢治』(河出査房新社)など著書多数。


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 296ページ
  • 出版社: パンダ・パブリッシング (2015/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00V86ONWQ
  • 発売日: 2015/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 12.7 x 1.9 x 18.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,594,244位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう