中古品
¥ 960
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに汚れがあります。少し、カバーに傷みがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

柳宗理 エッセイ 単行本 – 2003/6/24

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 18,456 ¥ 647
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   柳宗理の名は、日ごろあまりデザインに馴染みのない読者にも広く知られているだろう。テーブルウェアのような小物から、歩道橋や自動車、オリンピックの聖火台のような大掛かりなものに至るまでその活動の幅は広く、それらの作品のなかには「バタフライ・スツール」のように海外でも広く知られているものも少なくない。しかし、作品の高い知名度と比べてみても、柳その人が語ったデザイン観は不思議とあまり話題に上らなかった。88歳を迎えた著者・柳が初めて刊行したエッセイ選集である本書は、日本のプロダクトデザインをリードしてきた重鎮の軌跡が軽妙な言葉によってつづられた、今までの遺漏を埋め合わせて余りある1冊となっている。

   本書には折に触れ書き留められた多くのデザイン論が収録されているが、なかでも著者のデザイン観が最も凝集されているのが冒頭の「アノニマス・デザイン」であろう。著者は匿名の職人によって作られたジーパン、野球のボール、ピッケルなどに「その土地土地の生活の用に準じて、忠実に素直に作られている健康で平穏な美しさ」を見出してそれを「濁流渦巻く現代文化への清涼剤」として位置付けている。この部分だけを読んでいても拍子抜けしてしまいそうだが、しかしこの視点は伝統的な「用即美」の境地とほぼ同一のものといってよく、シンプルにして質実剛健なデザインこそ著者の希求するものであったことを他の多くのデザイン論や雑感からも読み取ることは難しくない。

   言うまでもなく、このような「アノニマス・デザイン」へのまなざしは民藝運動を展開した美学者である著者の実父・宗悦の大きな影響下に形成されたものであり、本書の後半にも、宗悦が創設した日本民藝館の館長を務める立場となった今、あらためて実感されるその業績の偉大さを回顧する断章が挿入されている。親子2代にわたって受け継がれた民藝運動の理念を「蛙の子は蛙」と言って済ますのは安直に過ぎるというほかない。(暮沢剛巳)

内容紹介

「本当の美は生まれるもので、つくり出すものではない」(本書より)。本書は著者が88歳で刊行した初の著作選集。デザイン論、数々の自作解説をはじめ、伝説的連載「新しい工藝/生きている工藝」、日本と世界のアノニマス・デザイン、そして父・柳宗悦と民藝運動について――。柳宗理の一貫した思考を、この一冊に集成。 --このテキストは、単行本(ソフトカバー)版に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 294ページ
  • 出版社: 平凡社 (2003/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582831605
  • ISBN-13: 978-4582831603
  • 発売日: 2003/6/24
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 525,394位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
柳宗理のデザインに惹かれるのはそこに本質を感じるからなのだと思う。
本質をつかんでいくプロセスが「デザイン」なのかも。。ということは柳のプロトタイプ制作に始まるデザインプロセスに見て取れる。
本質をつかむにはその膨大なインプットを必要とするしそのための好奇心も必要。なによりもそれを続けることのできる柳はまさに本質を追究し続ける人なのだと感じる。
日本の民芸館を旅するごとに訪れてみるが、いつもそこで出会うのは国籍に囚われない視点と無駄のない美しさと暖かみを感じながらも厳しい静寂のある風景。そこには生と死の両極端とその間にある緊張感が見て取れる。
本質を追究する人は哲学者でもある。つねに問いを立てるから探求心がつきない。そんな気持ちの状態で活きているから、それは当然文章(エッセイ)になって現れる。
そんな「デザイン」活動の一片に触れることができてとても嬉しく思いました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Shigenobu Fujioka トップ500レビュアー 投稿日 2012/1/29
形式: 単行本(ソフトカバー)
柳は、この本の中で、現代社会に置けるデザインとは何か、その本質を様々な側面から考察している。
まとまって書かれた文章ではない。
しかしそのことは、柳が絶えず、”デザインとは何か”、という本質的な問いを、自分に課していた、ということの証でもある。
特に”伝統とデザイン”という文章に、そのエッセンスが現れている。
柳はその文章の中で、次のように書いている。
優れたデザインの条件とは、”機能が優れていること、すぐれた近代的技術が用いられていること、優れた材料が適宜使われていること、大量生産にあったデザインがされていること、無駄を省いた合理的なデザインがされいること。”
また、同じ文章の中で、このようにも言っている。
”日本の土地で、日本人が、日本の民衆のために、日本の社会的な条件でデザインすれば、造られた物は、ひとりでに日本的なものにならざるをえないだろう。”
この本を読む人は、自ずから、自分がデザインをどのように考えているかを、あらためて思いめぐらすことを強いられるだろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
柳宗理が、今までに書いたエッセイの集大成と言える本です。

 「マーケット・リサーチなどは、デザインの創作には、役立たない。なぜならマーケット・リサーチは、過去のデータの分析だからである。それに反してデザインの本来の使命は、過去に未だかつてない優れたものを生み出すことにあるからである。」という1983年に書かれたデザイン論などは未だに古びていない確かなものです。

 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
日本を代表するデザイナーの1人、柳宗理。
氏の物作りに対する姿勢が、読みやすい文章で語られています。
人・国・文化・その時代に対する愛情が感じられ、
明確に好き・嫌いを発言されているのも、読んでいて好感がもてました。
身の回りにある製品を見て「良いものとは?」と、考えさせられます。
デザイナーといわず、物を作るのが好きな人に幅広くお勧めします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
美しいと思う感覚は日常的なものの中に埋もれてしまっていることに気付かされます。世界に通用するデザイナーが、私達とそう遠くない価値観からスタートしていることに喜べる一冊だと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー