通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
架空大海戦 - 武蔵と大和、最期の咆哮 (C・NO... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

架空大海戦 - 武蔵と大和、最期の咆哮 (C・NOVELS) 新書 – 2013/9/21

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

レイテ湾に突入する武蔵の勇姿、大和と大和戦闘機隊の悲壮――世界最大最強、並ぶもの無き二巨艦が〝夢想の戦場〟でその真価を発揮!

内容(「BOOK」データベースより)

マリアナ沖海戦で大惨敗を喫した日本軍は「捷一号作戦」を発令。その中核を担い出撃した武蔵は、フィリピン近海で雷撃を受け無念の反転を余儀なくされる。しかし、懸命の修理で復活した武蔵は、通信機能を失い艦隊主力との連携を欠きながらも、群がる敵艦を蹴散らし、レイテ湾に突入!―武蔵の凄絶な戦艦対決を描く「逆襲の武蔵」、護衛戦闘機隊を擁する大和の奮闘を語る「大和戦闘機隊始末」の二篇を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 213ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2013/9/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4125012652
  • ISBN-13: 978-4125012650
  • 発売日: 2013/9/21
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 11.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 739,923位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 TOSHI!! トップ1000レビュアー 投稿日 2013/10/7
形式: 新書 Amazonで購入
暫く、川又千秋氏の架空戦記からは遠ざかっていましたが、これは圭作です。

まず、戦艦武蔵の逆襲。これは、栗田艦隊謎の反転、をベースにレイテ湾突入を
実現させる、という巧い設定。若干、佐藤大輔氏の「征途」に似たところも散見
されるものの、主力と切り離された武蔵が独自行動で志摩艦隊と合流、という
ところがお見事です。文体もラバ空時代から全くブレていません。

そこで大和は空振りで本土に戻るわけですが、その後の菊水作戦を弄ったのが
大和戦闘機隊始末記。ネタバレはしませんが、ラバ空の読者なら思わずニヤっ
としてしまう設定。こちらはもう少しフネそのものを追って書いてもよかったと
思います。付録資料部分のボリウムからすると、こちらは実戦記なので、文献
や小説も多いし、ネット上にも種々読めるものがありますので。

ラバ空を、少々強引に「翼に日の丸」で丸めこんで完結させた筆者ですが、ブレ
ない文体の面白味と感嘆詞の使い方等は、ある意味、懐かしさを感じる1冊です。
3 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック