通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
架刑のアリス(1) (KCx) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

架刑のアリス(1) (KCx) コミック – 2014/6/6

5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 627
¥ 627 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 架刑のアリス(1) (KCx)
  • +
  • 架刑のアリス(2) (KCx)
  • +
  • 架刑のアリス(3) (KCx)
総額: ¥1,881
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界有数の財閥、久遠寺家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」で9人の兄妹が一堂に会する中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹で殺し合いをしてほしいの」。混乱の中、理性のたがが外れた四女・ステラは、金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる――!! さあ、「いかれたお茶会」をはじめましょう――。

世界有数の財閥、久遠寺家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」で9人の兄妹が一堂に会する中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹で殺し合いをしてほしいの」。混乱の中、理性のたがが外れた四女・ステラは、金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる――!! さあ、「いかれたお茶会」をはじ

著者について

由貴 香織里
1987年「別冊花とゆめ」秋の号
『夏服のエリー』(白泉社)でデビュー。
代表作に『天使禁猟区』『伯爵カインシリーズ』
『人形宮廷楽団』(すべて白泉社)など。
美しく退廃的な世界観と
稀代のエンターテイメント性を
併せ持った作品の数々で、多くのファンを持つ。
最新作『架刑のアリス』ARIAにて絶賛連載中!


登録情報

  • コミック: 178ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/6/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063807029
  • ISBN-13: 978-4063807028
  • 発売日: 2014/6/6
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ぬぬ 投稿日 2016/8/11
形式: Kindle版 Amazonで購入
作者の他の漫画を読んだことがありますが、それに比べて、余りにも突拍子がないというか、話が繋がっていないような気がします。
要は、「金持ちの家で相続のために殺し合いゲームが発生し、なぜか各々妙な能力に目覚めた。なぜかと言うと自分達は人間ではなかったから。それを駆使して生き残ろう」という話なのですが、似たような話を集めて繋ぎ合わせた感というか、伏線がなかったのに主人公が突然「まさか!」と犯人に気づいたり、何が起きているのかよくわからないまま話が進んでいっている気がします。主人公の性格もよくわからない。
「ここは広大な敷地で、我が家は国に絶大な権力を持っているので、使用人をいくら殺しても気にするな」とか言われても、絶大な権力を感じられるシーンもなく、ご都合主義感がとてつもないです。
無料だったので最後まで読んでみましたが、続きを買う気にはなりませんでした。
殺し合いゲーム、童話モチーフ、異能力、などが好きな人には好みかもしれません。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ししかかさ 投稿日 2016/8/14
形式: Kindle版
この作者の作品、伯爵カインシリーズ以降、何度が新作にチャレンジしていますが、結局カインシリーズほど夢中になれなくて読むのをやめてしまっています。
こちらもつまらなくて仕方なかったけど何とか1巻だけ読みました。
本人の意思に反して残虐なゲームに巻き込まれるといった漫画は幾つか読んだことがありますが、ペラペラな感じでダントツでつまらなかったです。
絵は相変わらず綺麗です。
この作者なら、もっともっと面白く惹き付ける書き方が出来るんじゃ?と、まだ諦めきれずに期待してます。
新作をお待ちしております。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きらら VINE メンバー 投稿日 2014/6/13
形式: コミック
最近ちょっと停滞気味を感じていましたが、新作はテンポ良い出発。
と同時に過去の作品のあれこれが混ざった感もあるけど、作者が童話やアリスの世界が好きらしいので
この際目をつぶります。
作画も綺麗だし、キャラのいかれっぷりも中々なのでこのまま突っ走って欲しいです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
血の繋がらない兄弟達を戦わせる猟奇的な母親。
人間かと思ったら実は化け物だったという異色の世界。
そこまでグロテスクではなかったですが、出口の見えない
展開にドキドキさせられました。
だけど、次巻が見たくなる程の面白さでもなかったです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
白泉社で描いて欲しいです。講談社だと意味不明。トーンも雑だし由貴先生の良さが伝わらない。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前作(異域の鬼)は艶やかな大正時代と現代の融合といった感じでしたが、いろいろ詰め込みすぎた感があって、なんとなく由貴さんの魅力が完全に伝わってこないなぁと勝手なことを思っていたのですが。

今回のお話は、まずアリスがあの愛らしい姿で銃器を持って攻撃する「血塗れアリス」の存在感ですよね。
主人公ステラの人格は別にあって、感情が昂ぶる(?)と、殺人鬼アリスに支配されるという。
いつもの如くミステリー要素もあって面白いし、服装もおとぎ話に基づいたなかに由貴さんアレンジが加わって華やかです。
1巻末は本性を現した某姉の奇襲に遭いますが、アリスが覚醒してやや優勢と思わせる、かなり期待できそうな締めとなっています。2巻が楽しみだ~
兄弟も8人いるわけで、それぞれとどんな風に戦っていくか、両親はどんな風に関わっていくか、月兎はどうなるのか、楽しみな部分がいっぱいです。

紅亜姉の「騎士様」って、九重さんかな?あの描かれ方からして是乃兄ではないとは思うのですが。
死んだと思わせて某兄を蘇らせる目論見があるとか。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック