この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

枯葉 Limited Edition, Original recording remastered

5つ星のうち 4.8 18件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 25,071より 中古品の出品:5¥ 4,376より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の キース・ジャレット ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • CD (2008/9/3)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition, Original recording remastered
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 98 分
  • ASIN: B001BLSDI8
  • JAN: 4988005526700
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 742,954位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. マイ・ファニー・ヴァレンタイン
  2. 枯葉
  3. 恋におちたとき
  4. 歌こそは君

ディスク:2

  1. 降っても晴れても
  2. レイト・ラメント
  3. あなたと夜と音楽と|エクステンション
  4. イントロ|いつか王子様が
  5. ビリーズ・バウンス (追加曲)
  6. クリフォードの想い出

商品の説明

メディア掲載レビューほか

史上最強のピアノ・トリオ・ユニット`スタンダーズ`のミュウヘン・ライヴ!おなじみの「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」からラストの「クリフォードの想い出」まで、3人の息もつかせぬインター・プレイが圧倒的。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 pine0731 投稿日 2017/6/12
形式: LP Record Amazonで購入
「新品」を購入しましたが、ディスクNo.1のA面にレーベル面材料が一緒にプレスされている(+傷も見受けられる)不良品でした。
(西)独ECMレーベルなのに、こんなこともあるんですね。
ヨーロッパ盤は高音質で高品質とばかり思い込んでいましたので、がっかりです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 梅吉 トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2016/1/10
形式: CD Amazonで購入
ケルン コンサートを聴いてから Still Live を聴くと良いと思う。ピアノ ソロによる即興演奏であるケルン コンサートに対し、こちらはベース、ドラムスを従えたピアノ トリオによるスタンダード曲集で、編成、選曲は全く異なるが、どちらも幻想的で、かつ情熱的なキース ジャレットの個性、魅力が100%爆発した名演である。
ケルン コンサートをリアルタイムで知っている世代としては「比較的新しいアルバム」という感覚であったが、発売からすでに30年程度経過していることに改めて驚いている。2016年現在でも、心が洗われるようなすがすがしい感動を聴くたびに残す名盤中の名盤である。

ケルン コンサートを思わせるスピリチュアルで幻想的なイントロから始まるマイ ファニーバレンタインから始まり、アンコールでのソロ演奏のアイ リメンバー クリフォードまで、非の打ちどころのない名演。スタンダーズとしては最初のライブ盤だったと記憶する。発売当初、「これこそ、スタンダーズに求めていた世界。ベース、ドラムス入りのケルン コンサートだ」と感動したことを思い出す。約30年経過した現在聴きなおしても別格のアルバムで、通常の5つ星では足りず、7つ星位つけたい。

マイ ファニー ヴァレンタインのイントロだけ聴くとメランコリックで繊細なピアノ演奏と勘違いされそうだが、こ
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
キースは他でも「枯葉」を演奏しているが、この「枯葉」は本当に火の出るような演奏である。一つのムダもない、ひきしまった演奏でもある。2枚めでは「あなたと夜と音楽と」から「星に願いを」がメドレーで演奏されるところが最高潮に盛り上がる。そして、ひたすら美しくしびれるフィナーレ「I remember Cliford」。ジャズファンでなくても、だれでも知っている曲がとても新鮮に聴こえるところが特に凄い。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uptail 投稿日 2011/7/1
形式: CD
"My Funny Valentine"
"When I Fall in Love"
が◎。

リマスター待望
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アルバム自体の感想はみなさんが書かれているので私は一言だけ。
"My Funny Valentine"は芸術です。これ1曲でも聴く価値があります。
メロディの美しさ、盛り上げ方、インプロヴィゼーションの組み立て、最後のコーラスでの最高音の使い方、まるでプランがあったかのように、完璧です。ピアノの後のベースソロもいつもながら美しい。
この音楽に感動しない人は、まずいないでしょう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
これだけ充実したライブ録音はなかなかめぐり合えないかな。このトリオはどの作品も完成度は高いのではずれはほとんどないですが、これはファンなら聞いておきたい作品だと思います。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record Amazonで購入
私的にはケルンコンサートより良いと思ってます。時の経つのを忘れて聴き惚れています。
1 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
キース・ジャレット・トリオの傑作スタンダードライブ録音。Disc 2のExtensionとIntroを除いたすべてがスタンダード曲(ただExtention=付け加え、Intro=イントロというところから、これは制作側が付けたタイトルと解釈できる。演奏したキースにしてみればメドレーのつなぎといったところか・・・)。スタンダードといっても、このトリオの場合は多くのジャズミュージシャンがするようにイントロ→テーマ→アドリブ→テーマ→エンディングという一般的な演奏はしていない。My Funny Valentineの場合はオリエンタル風のイントロから半音階的転調でテーマに入る。しかしエンディングの前にテーマはない。The Song is Youもそうだ。16譜音符をちりばめた3パートのイントロ(さすがバッハの平均率を本格的に録音したピアニストとうなずけるイントロだ)を経て大胆にテーマに入るものの、途中からはコード進行も原曲からはそれて完全なフリーセッションになっている。キースの演奏は自由だ。フリージャズのような音楽理論を破壊するようなものではなく、ジャズというカテゴリーにとらわれていない。常に独創的で、自信に満ちたタッチで堂々と演奏する。もちろん、曲の持つ美しいメロディを充分に活かし聴かせることもできる。When I Fall in Love(ベースソロをフィーチャー)やI Remember...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー