中古品
¥ 730
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ご覧いただきありがとうございます。中古本になりますので多少の使用感・色ヤケ等がある場合がありますが中のページは、見た目キレイで書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致します。是非、ご検討よろしくお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

板書の極意―ファシリテーション・グラフィックで楽しくなる会議。 単行本 – 2008/9

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2008/9
"もう一度試してください。"
¥ 730
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

会議、ミーティングを本来の目的に沿っていかに効率よく楽しく進めていくか。「板書」という視点から、そのノウハウを紹介する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

八木/健夫
1975年、愛知県生まれ。1998年、中央大学総合政策学部卒業。都内エンターテインメント系企業に就職後、店舗、人事企画・教育、開発を経験、現在はグループ構成会社の経営指導などを主業務に、社内ファシリテーターとして活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 206ページ
  • 出版社: アメニモ (2008/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902791048
  • ISBN-13: 978-4902791044
  • 発売日: 2008/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 449,845位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sickboy VINE メンバー 投稿日 2008/6/28
Amazonで購入
ファシリテーションの技術には非常に興味がある。自分を取り巻く環境がいろいろな人があつまって一つの目標に向かって進んでいく形式での仕事が増えているからだとは思いますが、その時にどうしても目的に対して皆が注目できているか、同じ土俵で話をしているかが非常に気になるときがある。それを効率的に実現する手段の選択肢として板書の技術は非常に有用だと思い購入、通読。
通読してみると、ファシリテーショングラフィックスの細かい技術よりも、ホワイトボードの前に立つ人が心がけること、会議を行う前、行った後に行うべきことなどを記載してくれている。特におもしろかったのは、会議後フィードバックを参加者に求めるべきとの提案だ。会議の内容としてよりも、自分がファシリテーターとして、板書役としてどうだったか、会議の質のとしてどうだったかなどをフィードバックしてもらえるのは価値観を共有していく上でも有用だと感じた。
会議室にホワイトボードはあるが、誰も利用していない。なおかつ、会議でいつも迷走しているのでは・・・と疑問に感じ板書をしてみたい、試してみたいと思っている人は是非とも通読するべき書籍だと思います。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
無意味な時間だけ流れていく会議が日常的に多い。コンセンサスを得て、納得がいき、参画度が増す会議にするにはどうしたらよいか、著者の実体験が語られている。納得する内容が多く、とにかく、書いてみよう、丁寧に聞いてみようという気になりました。板書というストラテジーを入れるだけで、コンセンサスが得られるんだという実感が湧きました。あとはこの本に書かれているとおりにまずは実行あるのみ。イラストも入っていてなにか安心できて読みやすい本です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もうすでに会議ファシリテーションをされているヒト向きかもしれない。会議ファシリテーターの取っ掛かりが、グラフィックからってタイプとワークショップからかって分かれたりしますが、この本は板書からってヒト向きだと思います。そこからどんどん奥が深くなるんでしょうが...
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
体験に基づいて語り口で書かれているため、大変読みやすかったです。
内容は著者が言うように専門的なものではなく、ファシグラとは何か?何でそれが必要なのか?ということを
しっかり理解していけるようなものになっていると思います。
今日から、自分の会社の会議を変えてみよう!
そう思える一冊です。
個人的にはイラストも大変気に入っています。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
この本を読んで、板書は嫌やな〜⇒板書で会議を変わるかも♪
そんな気持ちになりました。会議の失敗談から板書がいかに効果を発揮したか。板書って堅い⇒絵を描いたり、色を使ったりキャンパスみたいにすればいい。
発想がそんな風に変わりました。
毎日1冊読む愛読家の私ですが、ぜひオススメできる本です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ファシリテーションが単なる技術論で語られることも少なくないが、この本は、技術も謳いながら、そこに止まっていない。
そもそもが、だらだらと堂々巡りを続ける非効率な会議への怒りから著者の「ファシリテーション」が始まっているからだ。
ファシリテーターは、会議の場に身を尽くす存在だとしても、なぜ、そうまでして場をファシリテートするのか。
ファシリテーターには、そのための主体的な理由があるべきだ。
著者の基本スタンスにその主体性を感じる。
ファシリテーターを単なる役割でなく、実践している。

そこに「極意」を観た。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー