通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ブック銀河が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
松紳 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※24時間~48時間以内にゆうメールにて迅速な発送を心がけてます♪。帯あり。本にやや日焼け・よごれあり。書き込み無し。{自己評価・6(並~良)※基準10点満点・1悪-5並-10新品}。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


松紳 単行本 – 2004/6/24

5つ星のうち4.2 5個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,480
¥3,480 ¥1,007
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

笑いあり、まじめな人生論あり、過激な話題ありと男の本音が炸裂する魂のトーク番組、「松紳」。 芸能界のトップをひた走る島田紳助と松本人志が赤裸々に展開するトークでは、紳助は「例えば……やで」と衝撃の告白を連発、一方松本は「お兄さん、××やってくださいね」と男の約束!? をもちかける。今回は番組内でわずかに放送される「本番終了後」の未公開トークも交え、”あの話”の続きも大公開! 紳助・松本の頭の回転の速さ・発想の豊かさに舌を巻く衝撃の爆笑トーク集、文章で読む最高のエンターテイメントとして堂々登場!!

内容(「BOOK」データベースより)

胸いっぱいの想いを魂でしゃべる紳助と松本。生き方、笑い、恋愛、セックス、友達、世の中。潔く生きたい、自分の信じることをこそ伝えたい、そんな気概をもって生きる2人の本音が大爆発。未公開トークも満載!今、明らかになる痛すぎる2人の性。

内容(「MARC」データベースより)

人気深夜番組「松紳」(NTV系)の番組本第3弾。芸能界のトップをひた走る島田紳助・松本人志が放つ男の本音の数々、衝撃の未公開トーク満載。


登録情報

  • 単行本: 267ページ
  • 出版社: ワニブックス (2004/6/24)
  • ISBN-10: 4847015592
  • ISBN-13: 978-4847015595
  • 発売日: 2004/6/24
  • 梱包サイズ: 18 x 12 x 2.2 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 118,250位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.2
評価の数 5
星5つ
39%
星4つ
37%
星3つ
24%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2014年3月6日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年8月7日
形式: 単行本Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2006年2月23日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年1月29日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年7月8日
形式: 単行本
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。島田紳助