通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆小口に日焼けがあります。カバーに使用感があります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫) 文庫 – 2004/11

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 771
¥ 771 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 松本清張傑作短篇コレクション〈上〉 (文春文庫)
  • +
  • 松本清張傑作短篇コレクション〈下〉 (文春文庫)
  • +
  • 松本清張傑作短篇コレクション〈中〉 (文春文庫)
総額: ¥2,252
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

清張ファンを自認する宮部みゆきが巨匠の傑作短篇を選びに選び、全てに解説を付けた。上巻はミステリ・デビュー作「恐喝者」の他、宮部いち押しの名作「一年半待て」「地方紙を買う女」「理外の理」や、「或る『小倉日記』伝」「削除の復元」の鴎外もの、斬新なアイデアで書かれた「捜査圏外の条件」、画壇の裏面を描く「真贋の森」等を収録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松本/清張
1909年福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市)に生れる。53年「或る『小倉日記』伝」で第28回芥川賞を受賞。56年、朝日新聞社広告部を退職し、作家生活に入る。67年吉川英治文学賞、70年菊池寛賞、90年朝日賞受賞。92年死去

宮部/みゆき
1960年生れ、東京・深川育ち。「我らが隣人の犯罪」でオール読物推理小説新人賞を受賞。「魔術はささやく」で日本推理サスペンス大賞、「龍は眠る」で日本推理作家協会賞、「本所深川ふしぎ草紙」で吉川英治文学新人賞、「火車」で山本周五郎賞、「蒲生邸事件」で日本SF大賞を受賞。「理由」で第120回直木賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 541ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167106949
  • ISBN-13: 978-4167106942
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 100,497位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 第一章【巨匠の出発点】には「或る『小倉日記』伝」と「恐喝者」が、第二章【マイ・フェイバリット】には「一年半待て」「地方紙を買う女」「理外の理」「削除の復元」が、第三章【歌が聴こえる、絵が見える】には「捜査圏外の条件」と「真贋の森」の各短編が収められています。
 このなかでは、今回初めて読んだ「削除の復元」が一番の収穫でした。「或る『小倉日記』伝」と同じく、小倉時代の森鴎外に焦点を当てた作品。鴎外の小倉日記に隠されたある謎が、登場人物の疑問と調査、推測という形で次第に明らかになってくる展開に引き込まれました。
 また、「地方紙を買う女」「真贋の森」などは、以前読んだ時も大変面白いと感じた作品でしたが、今回読み返してみて、やはり面白いなあと堪能させられました。
 第四章がひとつ、シリーズ3冊のなかでも個性的な切り口で、清張ワールドの一端を垣間見せてくれるもの。【「日本の黒い霧」は晴れたか】と題された第四章。ここでは清張のノンフィクション作品からの抜粋という形で、ふたつの作品を取り上げています。『昭和史発掘』から抜粋した「二・二六事件」と、『日本の黒い霧』から抜粋した「追放とレッド・パージ」。日本の現代史のなかでも特筆される事件にスポットライトを当て、そこに潜むドラマや歴史の闇、それらがうねり、胎動し、蠢く有り様を丹念に追いかけた記録。
 読みや
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
松本清張ファンで、宮部みゆきファンであるのに買うまで本書の存在を知りませんでした。
何となくずっと「或る『小倉日記』伝」を読み損ねてきたんですが、期待にそぐわぬ面白さ。
昨今の芥川賞受賞作の質の低下を、今さらながら憂いました。(比べるのも酷ですけど。。。)

宮部さんの意図も手伝い、上巻〜下巻にかけての流れも良く、
まるで清張さんと旅を共にした気持ちでした。短編集ですが、是非、全巻一気読みをオススメします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
松本清張を読み返してみると、やはり凄い。
推理小説であって、しかも現実の社会の仕組みと密接に関わっているストーリーが多いので、時代の制約もあるはずだが、今の時代にも十分通用する作家であることがわかる。
「或る『小倉日記』伝」はやはり優れている。坂口安吾が激賞して芥川賞を得たことも納得できる。優れたストーリーで読者を引きつけながら、精密な描写で心に深く印象を残していく。「恐喝者」、「一年半待て」、「地方紙を買う女」なども秀作である。
人気作家の宮部みゆきが紹介者としての役割を果たすことで、松本清張のリバイバルが起きるかもしれない。
ただ、現代の作家にとっては脅威かもしれない。ミステリーや推理小説で彼に匹敵する現代作家はいないだろうから。
また、現代の芥川賞作家の多くが、読者を引きつける力では松本清張に及ばないことも事実だろう。今では芥川賞よりも直木賞の方が上だと言う人も多い。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
松本清張さんと聞くと長編でどこなく昔の推理小説というイメージでした。
しかし、宮部みゆきさんが推薦されることで、
読んでみようという気にさせられたことを、結果的に嬉しく思います。

ミステリー作家として日本を代表する松本清張さんで、
そのイメージがあまりに強かったのですが、
実は芥川賞(純文学)作家でもあると知り、また昭和史の
ノンフィクション作家でもあることを知り驚きました。

ドシリの心に響く表現やストーリーは、
巨匠と呼ばれる著者の力を感じます。
短編だけに、エンディングが想像でいるものもありましたが、
宮部みゆきさんの前口上によって、単なる結末以上に深くも考えることができ
2つの面から楽しめると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
先日放送された2時間ドラマ「地方紙を買う女」が面白かったものの、見逃した部分があったので原作の収められた本書を購入しました。ところが、ドラマはかなり脚色がほどこされており(原作では、地方紙に小説を連載する作家はあくまで謎解きをする探偵役)、原作を読んでも見そびれた箇所は謎のままでした・・・・・ ドラマをご覧になって本書購入を考えるかたもいらっしゃるかと思ったので、まだ読了していませんがレビューを書いた次第です。

かように当初の期待に応えてくれる本ではありませんでしたが、巨匠の260篇にも及ぶ短編の中から宮部みゆき氏が選んだアンソロジーですからつまらないはずがありません。ことに、宮部氏一押しの「一年半待て」などは、アイディア、構成、ぎゅっと締まった緊張感ある筆づかい、何とも言えない余韻、これぞ短編ミステリーという感じ。リアルタイムで読めたらどんなに興奮したことかと思います。「地方紙を買う女」もドラマを見てしまうと、呆気なさを感じるところがないでもなかったのですが、ドラマはそもそも清張氏の原作の斬新なアイディアがあってこそ。清張氏の作品は、映像等の仕事に携わるかたがたの挑戦心を刺激し、創造力をかき立て「もっともっと面白い作品にふくらませよう!!」と思わせる要素を多分に含んでいるのだなあと改めて感じました。

本書に収録されていなければ手にとることはなかったであろう清張氏のノンフィクションなど、未読分を読み進めるのが楽しみです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック