購入オプション

割引: ¥ 138 (21%)
Kindle 価格: ¥534

(税込)

獲得ポイント:
5ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

[松本清張]の松本清張ジャンル別作品集 : 6 社会派ミステリ (双葉文庫)

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

松本清張ジャンル別作品集 : 6 社会派ミステリ (双葉文庫) Kindle版

5つ星のうち4.5 13個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥534
文庫 ¥672 ¥272
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック
このシリーズの次の1巻 シリーズの詳細を見る
紙の本の価格 : ¥ 672
Kindle 価格: ¥ 534
¥ 138の割引 (21%)
獲得ポイント: 5 pt (1%)
上のボタンを押すと注文が確定し、Kindleストア利用規約に同意したものとみなされます

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

社会的に厳しい境遇にある隆志は、仕事で集金した金を持って同じような身の上の久美子と死出の旅に出た。どうせ死ぬのだからと贅沢な旅行を続ける二人の前に、ある中年の夫婦が現れる。落ち着いていて、品のあるその夫婦を見ているうちに、こういう生き方もあるのかと感じ入る隆志。そして遂に、最初からやり直そうと…(「拐帯行」)。シリーズ最終巻は著者の代名詞とも言える社会派ミステリ。掉尾を飾るにふさわしい傑作群を、どうぞ最後までお楽しみください! --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

著者について

1909年福岡県企救郡板櫃村(現・北九州市)生まれ。
50年「西郷札」が「週刊朝日」の懸賞小説に入選。
その後、純文学、推理小説、時代・歴史小説、ノンフィクションなど、
広範な領域で人間の本質に迫る作品を発表。「社会派推理小説」ブームをつくるなど、
社会に大きな痕跡を残す。53年芥川賞、57年日本推理作家協会賞、
67年吉川英治文学賞、70年菊池寛賞、90年朝日賞を受賞。92年死去。 --このテキストは、paperback_bunko版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN ‏ : ‎ B0779RZ8BH
  • 出版社 ‏ : ‎ 双葉社 (2016/12/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2016/12/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ファイルサイズ ‏ : ‎ 641 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) ‏ : ‎ 有効
  • X-Ray ‏ : ‎ 有効にされていません
  • Word Wise ‏ : ‎ 有効にされていません
  • 本の長さ ‏ : ‎ 246ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 13個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

(1909-1992)小倉市(現・北九州市小倉北区)生れ。給仕、印刷工など種々の職を経て朝日新聞西部本社に入社。41歳で懸賞小説に応募、入選した『西郷札』が直木賞候補となり、1953(昭和28)年、『或る「小倉日記」伝』で芥川賞受賞。1958年の『点と線』は推理小説界に“社会派”の新風を生む。生涯を通じて旺盛な創作活動を展開し、その守備範囲は古代から現代まで多岐に亘った。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
13 件のグローバル評価
星5つ
50%
星4つ
50%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト1000レビュアー
2018年4月26日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2021年9月19日に日本でレビュー済み
2020年10月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入