通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 最後に重要事項有り、全文必ずお読みください。記載事項は購入時に同意頂けたとさせて頂きます。また、登録住所ご確認ください。アマゾンサイトに配送予定出ますが当方の配送予定と違います。ほぼご注文の当日、翌日には発送、国内はご注文確定後3日前後でで到着します。アマゾンの写真と違う場合が有ります。お急ぎな場合必ずご注文時にご連絡お願い致します。防水、クッション材にて発送。150円以上の商品同時で同所発送は2点目から50円ずつご返金。カバー折れ、痛み、焼け、すれ、小口焼け、しみ有り。当方タバコ臭等匂いに関してはわからない事ありますので申し訳ありませんがノークレームとさせて頂きます。また、発送後の購入者都合のキャンセル、住所等不備で配送出来ずご連絡ない場合は梱包等の手数料として商品代金の1割差し引かせていただきます。よ1
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫) 文庫 – 1979/12

5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 7,000
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 119

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 杳子・妻隠(つまごみ) (新潮文庫)
  • +
  • 漁港の肉子ちゃん (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,177
ポイントの合計: 36pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

「杳子は深い谷底に一人で座っていた。」神経を病む女子大生 〈杳子) との、山中での異様な出会いに始まる、孤独で斬新な愛の世界……。現代の青春を浮き彫りにする芥川賞受賞作『杳子』。都会に住まう若い夫婦の日常の周辺にひろがる深淵を巧緻な筆に描く『妻隠』。卓抜な感性と濃密な筆致で生の深い感覚に分け入り、現代文学の新地平を切り拓いた著者の代表作二編を収録する。


登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1979/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101185018
  • ISBN-13: 978-4101185019
  • 発売日: 1979/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.7 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,446位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
 杳子は病気だったのだろうか。精神の失調症状があるという。
発言の論理性と非論理性、饒舌と寡黙、依怙地さや強情と気弱さなどが極端に表れているよう
に見えるが、少女が大人の女性に成熟していく過程ではよくあり得ることであろう。自分が病
気であると思い込んでいるのか、亡き両親に代わって杳子に影響を与えた姉の思い込みなのか。
「彼」も、杳子とのつながりが、彼女の病気にあると思い続けることで、彼女を庇護できる存
在感を求めているかもしれない。学校での試験報告や彼よりも論理的で理屈に通じた会話ぶり
を考えると、ひどい病気に苦しめられているようには思えないのだが。むしろ、可愛いわがま
まな少女が、これから大人の世界に向かって飛翔していくのよ、と訴えているように思える。

 構成は、一章から八章である。杳子と「彼」(第七章で『S』と云う名前が明かされる)
は、K岳から下山し谷底で出逢い、以降、喫茶店、公園、ホテルなどでお互いを観察し、杳子
の家、部屋へと続いていく。視点は、杳子を見つめる「彼」であり、杳子の心理描写は少ない。
しかし、杳子も「彼」を濃厚に観察していることが描写されている。
 筆者は、第一章で、杳子の成長への意思と、危うい「釣合い」から脱皮していこうする意
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
杳子は誰の視点に寄り添って読むかという点が重要になると思った。
自らに引き寄せてしまい共感して読んでしまう読み手では入り込み過ぎてしまうかもしれない。
杳子は姉を真似ていて、男をやまいの世界へ引き摺り込む事を自己演出している。
昨今は、メンタルヘルスの知識がそこここに溢れているので、見分けがつきやすいが、
70年代のインターネットの無い時代に、ここまで精神の病を描き、それを突き放したのは、素晴らしい。
妻隠も合わせて読むと、作者の女性への視線が恐れや不思議の詰まっている箱を見る観察者のようで、良い。
文体は読みやすいとは言えないが、不思議と読後に印象深いシーンが多いのも作品の魅力だろう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
《おい、わかったよ。君はそんな風に躯をないがしろにするもんだから、自分のありかがはっきりしなくなるんだよ。だから、行きたいところにも、一人で行けないんだ》
 しかしそれは口に出さずに、彼は杳子を右腕の下に包んでやる。重さの感じがすこしも腕に伝わってこなかった。(『杳子』より)

 ひとはけっして一人でたたずんでいるときに孤独を発見するわけじゃない。自分とむきあう相手がいる、けれどその相手に融けこむでもない、といって相手を拒み去るでもない。そのように自他の釣り合いが宙づりなままにされるとき、ひとは相手とのあいだに横たわる無限に広い名もなき空間をうつらうつらと漂ってその途方もなさに暮れ、仕方なしにその場を孤独と名づける。名づけずとも感じ取っている。感じずともその身はすでに侵されている。杳子と出会った彼も、おそらく――。
 『杳子』も『妻隠』も、ともに二人の男女の閉ざされた世界を描いている。しかしどうやらそのアクセントは「二人の男女の恋愛」にではなく、「世界の/からの閉ざされ」に置かれているようだ。個人的にはこのような、自閉しあう関係とでも呼べばいいだろうか、そういう関係にすこし惹かれる。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 daepodong VINE メンバー 投稿日 2005/10/17
形式: 文庫
 戦後第一世代の作家として著名な古井由吉の出世作。この世代の中では彼が最も「内向の世代」にぴったりな作品をつくりあげているが、特に「杳子」は神経を病んだ女子大生とそれゆえに彼女に惹かれてゆくという主人公の関係を描いた作品なので、余計にその感が強い。しかし、ひとむかし前の作品との違いは、「心理主義」では書かれていないことだ。むしろふたりのやり取りや外的な状況の描写を通じてふたりの心理を浮かび上がらせているという手法が新鮮な印象を与えている。結末が予定調和的にならないのも、このふたりの関係と著者の視点から言っても、ある程度予想のつくことだと思われる。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
二つとも、著者の原点となるような作品。
不可解な女、それを観察しながら追い詰める、もしくは逃げられる男。
彼の足場は此岸にあり、確固としているようだが、女という不可思議に出会うと足場が砂にさらわれるように崩れていく。
しかし、それも一時の夢で、理解できた、という瞬間を掴んだときには、彼女は理解不能の彼岸(狂気)へと移行している。
もしくは、彼が彼女を意識的に彼岸に追いやる事で、普段の生活に戻っていく、そんなパターンが垣間見える2作品。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック