¥ 864
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書) 新書 – 2017/5/17

5つ星のうち 3.7 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 864
¥ 864 ¥ 800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)
  • +
  • 東芝 大裏面史
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

【担当者挨拶】
本書が生まれたきっかけは、著者となるジャーナリストの大西康之氏が語った次のセリフでした。
「東芝をはじめとする日本の大手電機メーカーは、国内に築かれた、ある二つの巨大な『ファミリー』に所属することで、これまで計り知れぬほどの恩恵を受けてきました。そしてそのファミリーというシステムそのものが、結果的に総合電機を衰退させる大きな原因にもなりました。その構造を知らずに、昨今の総合電機の凋落を真に理解することは難しいんです」
日本の電機メーカーが属していた二つの「ファミリー」とは何か。そのファミリーがなぜ、電機メーカーを育て、そして衰退させる原因になったのか――本書の序章はその「謎解き」「種明かし」。ファミリーの正体について大胆に迫っていきます。

続く第1章~第8章では、日本を代表する大手電機メーカー8社を詳細に分析し、日本の電機が負け続けた「本当の原因」「失敗の本質」に迫っています。目次を一部抜粋してみます。

東芝・・・ 待ち受ける”廃炉会社”への道
NEC・・・ 通信自由化時代30年を無策で過ごした
シャープ・・・ 台湾・ホンハイ傘下で再浮上
ソニー・・・ 脱エレクトロニクスで見えてきた光明
パナソニック・・・ 「車載電池」「住宅」の次に目指すもの
日立製作所・・・ 「技術の日立」を過信し、消費者を軽んじた
三菱電機・・・ 実は構造改革の優等生?
富士通・・・ 進取の気性を失い、既得権にしがみつく

表現に最新の注意を払いつつも、本書では「次に危ないのはどこ?」「生き残る会社は?」といった点にも触れています。大西氏の言葉を借りるならば、そのヒントは「適者生存」「恐竜は滅ぶ。生き残るのは哺乳類」といったあたりにありそうです。(HA)

【内容紹介】
巨大な負債を抱え、会社解体の危機に喘ぐ東芝――かつて日本企業を代表する存在だった総合電機が軒並み苦境に陥っている。東芝・ソニー・日立ほか大手8社の歴史や経営を詳細に分析することで日本の総合電機がはまった巨大な陥穽を描く。名著『失敗の本質』総合電機版とも言える1冊。

著者について

大西 康之
大西康之(おおにし・やすゆき)
ジャーナリスト。1965年生まれ。1988年早稲田大学法学部卒業、日本経済新聞社入社。産業部記者、欧州総局(ロンドン駐在)、編集委員、「日経ビジネス」編集委員などを経て、2016年に独立。企業や業界の深層を、人物を中心に描き出す手腕に定評がある。『稲盛和夫 最後の闘い』(日本経済新聞出版社)『ファーストペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦』(同)など著書多数。『会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから』(日経BP社)は第13回新潮ドキュメント賞最終候補となった。最新刊は『ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア』(新潮社)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 272ページ
  • 出版社: 講談社 (2017/5/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062884267
  • ISBN-13: 978-4062884266
  • 発売日: 2017/5/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 198位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
直近の財務数値から歴史的経緯まで含め、電機各社のスナップショットが手際よく纏められています。旧電電ファミリー・電力ファミリーはその依存体質が、独立系企業は創業家後の企業統治・事業再構築がキーポイントになっています。日本の電機業界の現時点での見取り図として、とてもお勧めできる一冊です。

個人的には著者が「会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから」で読ませてくれたような、組織の内部まで掘り下げた記述を期待していたのですが、その点はやや期待外れでした。また、欧米勢・新興国勢の記載も深みに欠けます。本書の後書きによれば、著者はあの「失敗の本質」をモチーフにされたとのことですが、流石にそこまでの普遍性はないかもしれません。

ここからは余談ですが、評者としてはシャープの章が一番勉強になりました。本書を読む前、評者は、同社の液晶パネル事業への集中投資は結果的にこそ失敗した(そしてコンティンジェンシー・プランを持たなかったのは致命的だった)ものの、当初の戦略それ自体としては必ずしも的外れだったとは思っていませんでした。しかし本書を読んで、同社の戦略がいかに均整を欠いたものであったのかと、腑に落ちたような気がします。ああ、あれは半導体の轍を踏むまいと国内に巨大工場を建設しただけで、販売力も伴わない、まるで戦艦大和のようにいびつなものであったのか、と。あの
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日本の電機業界が、市場競争の中ではなくて、NTTという独占企業、十電力という地域独占企業を顧客とし、政府(経産省)の庇護のもとに繫栄してきたことがよくわかった。
しかし、通信の業界が自由化して、市場が世界規模になった今、中国や韓国の企業が二桁大きい販売量で生産しているのに対して、日本企業は大規模生産工場をお荷物として次々に工場閉鎖に追い込まれている。市場の需要も単品の販売ではなくて、コンテンツが求められている。
インフラ輸出という「重厚長大」路線は、政府の役人が1980年代の成功例を追っていた結果ではないだろうか。
そして、原発技術を自家薬籠中の物とするのではなくて、基本設計技術を持つ会社を丸ごと買えば、世界のリーディング企業になれるという構想は、核のない皮相な経営理念だったのではないか。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
私は電機業界に約20年間関わってきました。この本に書かれている内容は今まで誰も積極的には語ることの無かった電機業界と政界や官界との癒着についての内容などがコンパクトに纏められており、電機業界に身を置く人はもちろん、広く日本の「ものづくり」の現状を知りたい人や、電機業界に興味のある就活生にもお勧めです。
日本の電機メーカー各社がなぜ凋落する事になったのかが克明に書かれています。
世間にはIT業界を得意とするジャーナリストを自称する人たちがいますが、この人たちの多くはメーカーに阿る記事ばかり書き流し、製品やサービスに関しても賛美する記事が多く忸怩たる思いでいました。ところがこの本の著者はメーカーに対して全く遠慮無く、正面から批評をする事でジャーナリズム精神を遺憾なく発揮しており読んで損はありません。個人的には新書では無く単行本で出しても良いくらい値打ちのある本だと思います。
また、他のレビューで「東芝が電電ファミリーと記載しているのは間違い」とありますが、正確には東芝と日立は電力ファミリーと電電ファミリーの両方に属していたことがあり間違いではありません。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
大西さんの記事は日経時代からよく読んでいましたが、本書も秀逸です。バブル期には飛ぶ鳥を落とす勢いだった日本の大手電機メーカーが、どうして見る影もなく落ちぶれていったのか。東大ものづくりうんたら研究所のお偉い先生の本より、100倍ためになりました。

序章だけでも読む価値は十分あります。電機メーカーが落ちぶれたのは、「経営者がサラリーマンのなれの果てのアホだから」と思っていましたが、大手(ソニー、パナ、シャープ等の独立組は除く)が「電電ファミリー」「電力ファミリー」として、脳みそを使わなくても親方(電力会社や電電公社)の言うことを聞いていれば食っていける時代があったから、という指摘は目からうろこでした。

それにしても、東芝というのは不思議な会社だ。ゴールデン・ウィーク(17年です)にNYに言ったら、あのタイムズ・スクエアの電光掲示板の一番目立つ位置に「TOSHIBA」のロゴがこれでもか!と踊り続けていました。これを見て、原発買うか?と思う人がいるんでしょうかね。株主が見たら激怒必至。ぬるま湯体質はそのままのようです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー