通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東海道中膝栗毛 上 (岩波文庫 黄 227-1) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯なし】【書込み・線引き:無し】【折癖せ、開き癖せ:無し】【小口汚れ:ややヤケあり】本紙は使用感は少なく概ね良好な状態です。('◇')ゞ◆防汚・防止対応の為OPP封入しております。【以下必ずお読みください】◆全品簡易クリーニング済み。◆付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 ◆1~3日にてクリスタルパック包装し封筒で『ゆうメール便』にて発送致します。◆Amazonの登録状況によってはカバーデザインが異なる場合があります。◆Amazon専用在庫につきキャンセルはございません。◆『万一、Amazonコンディションガイドに外れるような不具合』等がございましたら対応いたしますので『メール』にてご連絡をお願い致します。交換・返品等対応させて頂きます。※購入者様都合でのキャンセルや返品につきましては、発送・返品とも購入者様【送料】負担となりますので予めご了承下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東海道中膝栗毛 上 (岩波文庫 黄 227-1) 文庫 – 1973/9

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,969
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,048
¥ 1,048 ¥ 140

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東海道中膝栗毛 上 (岩波文庫 黄 227-1)
  • +
  • 東海道中膝栗毛 下 (岩波文庫 黄 227-2)
  • +
  • 新版・完全 「東海道五十三次」 ガイド (講談社+α文庫)
総額: ¥2,949
ポイントの合計: 92pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

括淡にして見栄っぱり,強がりだが実は臆病,江戸っ子弥次郎兵衛と北八の伊勢・大和めぐりの旅.十返舎一九の名を不朽にした傑作. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 336ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1973/09)
  • ISBN-10: 4003022718
  • ISBN-13: 978-4003022719
  • 発売日: 1973/09
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 24,548位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
しりあがり寿『弥次喜多 in DEEP』を読了後、オリジナルの弥次喜多が気になり読んでしまった。
『弥次喜多 in LIGHT』といった感じで終始、軽妙滑稽、おもしろおかしい珍道中。
見栄を張るが見透かされ、女を買うがぼったくられ、夜這いをするが失敗し、
小便をもらし、はては小便までをも飲まされる。
と書くと下ネタばかりだが本当に下ネタばかりだから仕方がない。
子供の頃、親にドリフはみちゃいけないと言われたように、
「こんなの読んだら阿呆になる」とおっかさんに言われたに違いない。
そんな馬鹿話の中にも、美しい日本の風景や、いきいきとした庶民の姿が垣間みられ、
中でもその土地の方言をしっかりと再現した粋な会話が素晴らしい。
東海道の宿場町に京、大坂と、それぞれの人と土地と食べ物の魅力が描かれており、
東海道新幹線に乗りながら二人の道中を追憶する楽しみが増えるというものである。

はじめは古文に苦しみ、川崎あたりでもう旅をやめようかとも思ったが、
慣れると簡単な口語体の文章と丁寧な注釈とに道中助けられ、なんとか大坂まで旅を続けることができた。
人生一度は富士山に登りたい、お伊勢さんに参りたい、といった感じで日本人なら一度は読んでおきたい代物である。
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
弥次さん喜多さんと言えば、日本人なら一度は耳にしたことのある名。
若年層には疎遠になりつつあるが、宮藤官九郎が"真夜中の弥次さん喜多さん"を映画化するなど、
この名が完全に忘れ去られるのはまだまだ先になりそうだ。

弥次郎兵衛・喜多八の二人を軸に据え、道中起こる様々なドタバタを描いて行くというのが基本的な筋。
オチをもって単体で完結できる滑稽譚の連続で、それぞれの話に前後の連絡は殆どないが、
これに道中としての連続性を持たせる事で一つの物語として成立している。
会話を主とし、情景をトと受ける体裁は洒落本、笑いの質には狂言の影響が強く感じられる。
現代風に言い換えるなら「弥次喜多コント」と呼んでもいい。
膝栗毛の模倣本は星の数ほどあるが、それらと一線を画す本家の魅力は、
弥次喜多双方の"キャラが立って"おり、互い譲らぬ掛け合いの面白さがある所。
これに按摩・とめ女・駕篭かき・馬子・瞽女など、道中行き交う様々な人々が絡んで、
二人のしくじりを一層華やかな笑いに盛り上げる。
彼らはそれぞれの身分に合った口調や方言で喋り、活き活きとリアルな生活感に溢れている。

江戸期は言うまでもなく封建社会であったが、反面庶民が台頭した時代でもある。
...続きを読む ›
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道Walker トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/2/2
形式: 文庫
東海道中膝栗毛は映画化や翻案されたドラマなどでも有名ですが、省略された部分が多いのが実態です。江戸を出立した弥次喜多コンビが東海道をお伊勢参りまで行く道中を、名所旧跡、宿場や街道の当時の様子を生き生きと描写しています。 黄表紙は貸本も含めて広い層に読まれましたが、膝栗毛は軽妙な語り口での観光ガイドとしてベストセラーになりました。

 伊勢では御師の家や供応の子細がよく描写されて、当時のお伊勢詣りの様子がよく分かります。また、弥次喜多はあちこちで狂歌を読むのですが、これが傑作です。膝栗毛のヒットにより続編が出版され、弥次喜多は伊勢から奈良街道を宇治を経由して伏見へ行き京見物をしたあと、淀川を舟で下ります。
「せうべんを 人にのませしそのむくひ おのれものんで よいきびしょよなり」と、弥次さんのいたずらぶりは大人とは思えません。そうして枚方のくらわんか舟をからかって大坂の八軒家で降りて大坂見物もします。
 作中のやりとりは当時の口語体で書かれているので、特に古語の知識がなくても分かりやすく、なじみのない言葉は下段に脚注があるので思いのほか読みやすいです。
挿絵もありますし、古典とはいえ軽い内容なので、マンガ本のような気楽さで楽しめました。
蛇足ですが、十返舎一九の辞世の句がまたふるっています。
「この世をば どりゃお暇(いとま)に 線香の 煙とともに 灰(はい)左様なら」
軽妙な江戸時代人に触れてみてはいかがでしょうか。
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『弥次さん』『北さん』の愉快な旅行記としてあまりにも有名なお話だが、子供のころに読んだ子供向けの本として読んだことはあったが、原作は今回はじめて読みました。現代語訳で読むか、それとも原文で読むか悩みましたが、結局書かれた当時のニュアンスを感じるほうがいいだろう、と思い原文の岩波文庫を買いましたが大当たり。こんなに笑えるとは思いませんでした。

特に下巻になるとお下劣ネタ炸裂! これはちょっと子供には読ませられないですね。江戸時代の人たちが先を争って買い求めたのが良くわかります。

今度休みを利用して『弥次さん』『北さん』の旅した道をのんびり旅したいと思います。
コメント 47人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー