中古品
¥792
+ ¥247 配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東海珍名所九十九ヶ所巡り 単行本(ソフトカバー) – 2009/2/13

5つ星のうち4.6 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥14,028 ¥500
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

中日新聞や各種雑誌での連載、人気インターネットサイトの「オールアバウト」名古屋ガイドなど、名古屋ネタのライターとしては今や第一人者となった大竹敏之が、東海地区の珍名所99カ所をセレクトし詳細かつ、おもしろおかしくガイドする。 今はなき夕刊紙「名古屋タイムズ」で連載していた人気記事を単行本化。紹介するのは五色園、ガラクタ美術館、大聖寺大秘殿、蜂天国、日本一の天狗面などいわゆるB級スポット的な、ちょっと他では見られない珍名所ばかり。またタモリ、みうらじゅんなどにも人気の高いカルトな銅像作家「浅野祥雲(故人)」の作った銅像が見られるスポットを詳細に紹介している日本唯一の本でもある。読んで楽しむだけでなく、実際にお出かけするための手引きとしても使えるため、若者から中高年まで広い世代のお手軽レジャーガイドブックにもなるという実用性を兼ね備えている。

著者について

名古屋在住のフリーライター。 1965年愛知県常滑市生まれ。 ライフワークは珍名所探訪と浅野祥雲研究。 雑誌、新聞、Webなどの各種媒体に名古屋情報を発信。 Webガイドサイト『All About(オールアバウト)』では名古屋ガイドを務め、こちらでもグルメ、観光情報に混じってこそこそとB級スポットネタを発信している。 著書は温泉太郎との共著『東海発バカルト紀行』(風媒社)、『名古屋真相追Q局」』(発行元倒産のため絶版)。「名古屋タイムズ」休刊以降の珍名所ネタは「バカルト・ドットコム」で細々更新中。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: 中部経済新聞社; A5版 (2009/2/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4885201284
  • ISBN-13: 978-4885201288
  • 発売日: 2009/2/13
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 716,510位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
評価の数 2
星5つ
61%
星4つ
39%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2009年5月22日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年11月27日
形式: 単行本(ソフトカバー)