この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東池袋大勝軒 心の味 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/12

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥ 3,980 ¥ 1,329

points

プライムデー期間中のお買い物で最大10%ポイント還元。

タイムセール商品も対象。エントリーは こちら

※Amazonカード通常還元率最大2.5%の場合

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2018 大賞作品決定!
大賞は 『SHOE DOG(シュードッグ)』 その他の受賞作は>>こちら

商品の説明

内容紹介

ラーメンとの出会いから行列店になるまで、数々の試練、絶望と復活、弟子の教育、現役引退、閉店、そして今……。東池袋のラーメン店「大勝軒」の初代店長が、ラーメン一筋60年の人生を振り返る。〔「東池袋・大勝軒のオヤジさんが書いたこれが俺の味」(2003年刊)の改題,加筆〕<BR><BR>【著者のコメント】 美味しいものを食べれば、人の気持ちは通じ合う。 そうして生まれた絆がいつまでも続き、広がっていってほしい。 ラーメンづくりに一生を捧げた一人の人間として、心からそう願っている。

出版社からのコメント

【担当編集者のコメント】 なぜ、町の一介のラーメン屋は、その道の「神」と呼ばれるまでになったのか――。 2003年に発売された『東池袋・大勝軒のオヤジさんが書いたこれが俺の味』に、その後の閉店・再開などの話を加えリニューアルされた一冊。 ラーメンファンはもちろん、そうでない人も、今や伝説となった東池袋「大勝軒」のオヤジさんの優しくもあり、厳しくもある“哲学"に触れてみませんか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 207ページ
  • 出版社: あさ出版 (2012/6/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 486063537X
  • ISBN-13: 978-4860635374
  • 発売日: 2012/6/12
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 585,859位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2013年10月1日
形式: Kindle版|Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2017年3月4日
形式: Kindle版|Amazonで購入
2015年8月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入