中古品
¥ 7
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に若干の日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

東條英機 処刑の日―アメリカが天皇明仁に刻んだ「死の暗号」 (文春文庫) 文庫 – 2011/12/6

5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 2,844 ¥ 7
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「ジミーの誕生日の件、心配です」焼け跡の記憶もまだ醒めやらぬ昭和23年12月初頭、美貌と奔放さで社交界に知られた子爵夫人の日記は、この謎めいた記述を最後に途絶えた。彼女はいったい何を心配していたのか。占領期の日本にアメリカが刻印した日付という暗号。過去と現在を往還しながら、昭和史の謎を追う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

猪瀬/直樹
作家。1946年、長野県生まれ。『ミカドの肖像』(86年)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。『日本国の研究』(97年。文藝春秋読者賞受賞)は、政界の利権、腐敗、官僚支配の問題を鋭く突き、小泉純一郎首相から行革断行評議会委員、道路公団民営化推進委員に任命される契機ともなった。東京工業大学特任教授など幅広い領域で活躍。2007年6月、東京都副知事に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 277ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/12/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167431173
  • ISBN-13: 978-4167431174
  • 発売日: 2011/12/6
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 350,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 鍵になるのは3つの日付。4月29日(昭和天皇の誕生日)、5月3日(憲法記念日)、12月23日(現在の天皇誕生日)。

 それぞれの日付に何が起こったか。東京裁判でA級戦犯28人が起訴されたのが昭和21年4月29日、裁判が開廷したのが5月3日(憲法施行はその翌年)、そして昭和23年12月23日、当時は皇太子だった明仁天皇陛下の15歳の誕生日に東條英機らA級戦犯7名が処刑されました。

 日付の符号だけでも驚きですが、むろん、筆者は単なる偶然の一致を指摘するのではなく、それがマッカーサー・連合国軍最高司令官がわれわれ日本人に対して「意図的にしかけた時限発火装置」であるという、ある種、身震いするような謎解きを展開してゆくのです。

 ノンフィクション作家・梯久美子さんの解説を引用します。

「その意図するところはなんだったか。本書を読み終えた方は、すでにその答えを知っている。では、彼らが放った矢は、当時から見た未来を生きる私たちに届いたのだろうか。マッカーサーが仕掛けた時限爆弾は、はたして正しく爆発したのか」

 スリリングなミステリーとしても楽しめる本作ですが、梯さんが指摘するように、読後は一人一人が「歴史を背負って生きること」について思いを馳せる内容となっています。日米開戦から70年の今年、あらためて文庫版を手に取ってよかったと思います。

 
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 東京裁判やA級戦犯についてある程度の知識がある人なら、本書のタイトルを見ただけでピンと来るはずです。例の日付の一致について書かれた本なのだろうと。
 しかし、その謎が解明されるのかと期待して読むと大いに失望します。謎解きの要素はほとんどありません。著者の根拠薄弱な推測が事実であるかのように語られているだけです。
 そして、日付の件は本書の本筋ではありません。本筋は昭和戦前期から占領期にかけての天皇家を中心としたわが国の歴史それ自体です。さまざまなエピソードが語られますが、この時代に関心を持つ者ならよく知っている、あるいはどこかで聞いたことがあるようなものばかりで、さしたる新味はありません。
 
 私は本書をノンフィクションだと思って購入したのですが、巻末の参考文献リストの後ろに小さくこう書いてあります。

《*子爵夫人に関わる記述に一部フィクションを加えてありますが、この物語はすべて事実に基づいています。》

 フィクションを交えて猪瀬流に昭和史を要領良くまとめたものだと考えるべき本です。

 この時代の知識がそれほどない読者にとっては、手ごろな入門書となるかもしれませんが、こんな変に根拠薄弱な陰謀論に立つものよりは、もっとまともな歴史家や著述家の手による作品の方がより好ましいでし
...続きを読む ›
1 コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 著者の都会人気取りの書き方は、天才バカボンの世界かと錯覚してしまった、彼の五輪招致のための英語スピーチを聞き、あの5000万円の領収書を見た後では、物悲しさをも感じましたが、そこは我慢してください。
 東京裁判やA級戦犯という言葉を知っていても、その内容をよく知らない人は多いでしょう。敗戦後の日本の中枢部の置かれた状況を知るのには、重すぎずにちょうど良いと思います。
 当時の日本のリーダーのとんちんかんぶりがよく分かります。「日本人による憲法を」と叫ぶ現在の政治家たちにも、自分たちの姿を見るつもりでよく読んでほしいものです。さらに、今上天皇陛下の活動を理解するために、天皇誕生日には興味なしでクリスマスにうかれる恥知らずの日本人たちにも。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 昭和天皇が崩御されてから、昭和時代の「天皇誕生日」は「みどりの日」となって国民の祝日として存続することとなった。崩御から19年たった2007年(平成19年)には「昭和の日」と改名されて現在にいたっている。

 現在の天皇誕生日は12月23日である。1948年(昭和23年)12月23日、当時は皇太子であった明仁親王の15歳の誕生日、占領軍によって東條英機をはじめとするA級戦犯たちに絞首刑が執行された・・・。東條英機は昭和天皇の身代わりとなったのであった。

 なんという一致であることか。いや、しかしこれは偶然の一致ではない。アメリカ占領軍が、いや端的にいえばマッカーサーが日本占領の歴史に刻み込んだ「死の暗号」なのだ! 猪瀬直樹は、じつにおそるべき事実を発見したのである。多感な少年時代にこの事実を知った、ただ一人を例外として、誰もが気がつかなかったこの事実を。

 本書は、猪瀬直樹の作品系列のなかでは、『昭和16年夏の敗戦』、『黒船の世紀』につづくアメリカもの三部作の最後にあたるものだ。本書では、より作者が内容に深く関与するドキュメンタリー・スタイルのノンフィクションになっているのは、著者自身もそのなかで生きてきた現代史そのものであるからだろう。

 幕末に太平の夢を醒まされ、力づくに開国を迫られたうえに
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告