通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrolle... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◇通常2営業日以内の発送となります。クリックポスト・ヤマト運輸等で発送致します。概ね状態良好。カバーに多少の傷、小口ヤケ等ありますが、全体的に良い状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.-1 (角川コミックス) コミックス – 2013/3/26

5つ星のうち 4.9 35件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 821
¥ 821 ¥ 1

この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
『東方鈴奈庵~Forbidden Scrollery 1-6巻セット』 こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東方鈴奈庵 ~ Forbidden Scrollery.-1 (角川コミックス)
  • +
  • 東方鈴奈庵 〜 Forbidden Scrollery.(2) (角川コミックス)
  • +
  • 東方鈴奈庵 ~Forbidden Scrollery. (3) (角川コミックス)
総額: ¥2,484
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

不思議な貸本屋の娘・本居小鈴が、妖怪を呼び覚まして巻き起こす珍騒動! 博麗霊夢や霧雨魔理沙、稗田阿求なども登場して、幻想郷は今日も大騒ぎ!


登録情報

  • コミック: 132ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2013/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041206197
  • ISBN-13: 978-4041206195
  • 発売日: 2013/3/26
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 35件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 えりりん 投稿日 2014/6/16
形式: コミック Amazonで購入
中古品を買わせて貰ったけど新品同様の綺麗さで吃驚。
作画も可愛くてストーリーも良かった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
届いたその日のうちに読みました!私はまだ、小学生ですが、友達がこの漫画を持っていたので、気になったので親の了解をもらい、買ってもらいました。ストーリーもしっかりとあり、読み応えがあると思います。途中で、レミリア スカーレットや咲夜、パチュリーなども出てきます。できれば、フランも出て欲しかったですが、仕方ないですよね。読み終わっても、また読んでの繰り返しです。一度読むと飽きずにずっと読んでいることができます!(個人的な感想です)でも、これだけは言えると思います。東方ファンで、買おうか迷っている人は、買ったほうがいいです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
東方projectの久しぶりの新刊。幻想郷の人間の里にある、貸本屋の娘・本居小鈴とそれに関わる博麗霊夢と霧雨魔理沙のお話。

稗田阿求や十六夜咲夜等もボチボチ登場し、本の後半では二ッ岩マミゾウや様々な妖怪が出てきます。目立った弾幕戦はありませんがキャラクターも可愛くてとても楽しく読めました。

また今作には東方三月精で見られた音楽CDは付属していません。お高く売り出している転売屋から購入するのはお勧めしません。参考になれば幸いです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
霊夢の照れる顔や真剣な顔、霊夢たんのかわいい素顔が見れて満足です。かわいいいいいいいいいいいいいいいいいい
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
東方Projectシリーズの公式漫画の東方鈴奈庵ですが
東方ファンなら是非、いえ、今すぐにでもと言っていいほどの漫画だと思います。
ストーリーは主人公の小鈴がトラブルを起こして、霊夢や魔理沙が解決するというものですが、
作画担当の春河もえ先生の古風なタッチによる繊細で綿密な作画が面白いぐらいにZUNさんの原作とマッチしています。
漫画としての演出・表現力・テンポなどもどれを取っても満足しています。
ただ背景が細かく書き込まれているだけではなく、所々に東方ファンなら思わず反応してしまうような東方の過去の作品へのオマージュネタが織り込まれています。
ナズーリンが雲山の上に乗りながら鼻歌を吹いているのを発見した時は思わずクスっとしました。
また、東方鈴奈庵を通してみる東方キャラはとても良い「表情」をしているように見えます。
魔理沙はwin版以降は男言葉を使いますが、中身までも完全に男という訳ではなく、
「恋符」を使用している事や「メルトダウンって何だろうな」から察するようにどこか少女らしさは今でもあると思います。
鈴奈庵では魔理沙のその少女らしい表情が少しばかり垣間見られる気がします。
このような「表情」というものは相当作品を深く理解していないと表現出来ないものです。
...続きを読む ›
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
心なしか、幼い頃に読んだ歴史ものの漫画の雰囲気を感じます。キャラクターが背景に溶け込む描き方、と表現すればいいでしょうか、これまでの漫画作品に比べて少しだけキャラクターから“引いた”ような感覚が、個人的には好みでした。演出の仕方も上手で、安心して読める作品だと思います。霊夢のキャラクターは、三月精とも茨華仙ともまた違って、新鮮さを感じます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まず何と言っても絵柄が素晴らしいです。主人公の小鈴ちゃんをはじめとする可愛い少女達や古臭くてどこか懐かしい妖怪など、見所が盛りだくさんです。

お話もいつも通りの幻想系ほのぼの日常、といった感じ。少しだけですがマイナーな方のキャラ達もたくさん出てくるので、東方ファンならきっと楽しめます。

二、三巻辺りで置物付き限定版とかも出ないかなー…
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
三月精に続くコンプ連載の東方公式コミックスということで大変楽しみにしていました。
内容はすでにレビューが描かれているのでちょっと小ネタ的なことを描こうと思う。
この漫画はこれまでの東方漫画以上にいろんなキャラが登場しています。
主人公の本居小鈴、阿求、霊夢、魔理沙、文、アリス、紫、藍、にとり、といきなり9人もキャラが登場している。
ほとんどウォーリーを探せ状態のフランと橙やぬえや衣玖さん。フランと橙なんて本当に言われなきゃ分からないかもしれない。
他にもさり気無く例え話でお燐が出たり秋姉妹やレティさんや雛やこまっちゃんなどがいたり
単行本用に書き下ろしされた12ページのおまけ漫画では聖白蓮などの寺組とプリズムリバー三姉妹
萃香、勇儀が登場するなど兎に角キャラクターがいろんな所に描かれている。
マミゾウさんが主演の話が2回連続で続いてたりしてるのでZUN氏のお気に入りなのかもしれない(茨にも出たしね)
いろんなキャラクターが登場しているこの漫画はそういうのを探すだけでもファンには嬉しいだろう。
個人的には青娥と囲碁をしている布都ちゃんが良かったな。
さりげなくこういう描写があることでキャラクターの日常をあれこれ想像するのも楽しいだろう。
内容的には小鈴のトラブルメー
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー