通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東大合格生のノートはかならず美しい がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東大合格生のノートはかならず美しい 単行本 – 2008/9/25

5つ星のうち 2.9 100件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,188
¥ 1,188 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東大合格生のノートはかならず美しい
  • +
  • 東大合格生のノートはどうして美しいのか
  • +
  • 東大合格生の秘密の「勝負ノート」
総額: ¥3,672
ポイントの合計: 111pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

東大合格者のノートは美しい。最後までテンションが落ちない。その“ノート術”を科目別、性格別に紹介、解説した全く新しい参考書


登録情報

  • 単行本: 111ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163706208
  • ISBN-13: 978-4163706207
  • 発売日: 2008/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 25 x 18 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 74,630位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
企画はユニークで本の装丁も美しい。しかし中身はあまり感心しませんでした。

最初から、最後まで、東大、東大と権威主義マル出しで、かなりうっとおしく感じました。

そもそも、ノートは、効率的に書いて、自分でわかれば、いいわけで、

人が見てきれいだと感じることは、ほとんど意味がないと思います。

また、このような企画で、東大合格生にノートを見せてほしいと言った場合、

ノートがきたない人は、ノートを見せてくれないと思いますよ。

それが「東大合格生のノートが必ず美しい理由」だと思います。
コメント 437人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
最近はやりの「東大生」と書名に付ければ売れるだろうという消費者をバカにした企画の一つ。
それはそれとして、
大部分の高校生が勉強できない大きな原因は、単語カード作り、ノート整理、参考書への線引き等々の作業に勉強時間を費やしてしまい、実質的な勉強をしていないということ(最大の原因は勉強しないことだが)。
本書を真に受けて、ノート作りという作業にいそしみ、成績が全く上がらないという犠牲者がたくさん出るだろうなあ。
2 コメント 205人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
少なくとも自分は現役時代、「きれいな」ノートはほとんど取っていませんでしたし、サブノートを作ったところで挫折したのがオチでした。

同じような友人も何名かいましたし、そういった事例から考えても「かならず美しい」は誇張もいいところでしょう。

結構な数のノートを分析されているようですが、その際にこういった例外(?)事例がどれだけあったのか(あるいは無視されてしまったのか)も気になるところです。

ついでに言えば、「ノートをきれいに取る」事が重視されてしまって「結局は頭に残らない」なんて事態を招きそうでちょっと不安です。いかにうまく復習を回して身につけられるかの方がよっぽど大事だと思いました。
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
タイトルが誇張なのは、分かりきっている。
私の周りなど反例はいくらでも存在する。
だが、そこが本質ではないはずだ。
この本は本来は東大でなくても良いものだ。
ようは、「成績のいい人は頭が整理されている場合が多い」という
事象の標本を集めただけだ。

編集スタイルも新しさを感じる。
本というよりページ数の点からもノートだ。
このノートを参考にすれば、ノートのまとめ方においては参考になろう。

ただ、「ノートを綺麗に書けるようになれば成績が上がる」とか
「ノートを綺麗に書けるようになれば頭が良くなる」という勘違いを
起こしてしまわないかと心配にもなる。
成績を上げるのは、あくまで「書き方」でなく、「思考力」が必要条件だ。
思考力を上げないと何も始まらない。

後輩に免じて評価は敢えて中立で(笑)。

なお、学生が学力を高める基盤となる思考力を鍛えるには
...続きを読む ›
2 コメント 240人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
カラフルで綺麗なノートを作っても
成績は上がりません。何故か。
「勉強」をしているのではなく、
ノート作りという「作業」をしているからです。
「作業」が「勉強」になってれば結果オーライですが、
作業中はおそらく内容を理解するより
ノートの見目を良くすることに意識が集中しています。

その点で、この本は多大な誤解を招く恐れがあります。
この本に載っているノートを書いた東大生たちは、
自分が理解しやすい様に書いたノートが
結果的に綺麗だったということだと思います。
そもそも「美しい」の基準がよく分かりません(笑)。

自慢のようで恐縮ですが、私は高校時代
成績が良かったですがノートは綺麗ではありませんでした。
ノートを作らない科目もいくつかありました。
ポイントなどを教科書や参考書に書き込んでいました。
成績を上げたいなら、自分に合った勉強法や
先生を見付けるのが一番の近道です。
悩んでいる人は、これを読む前に勉強法の本などを読んでみては?

ノートが綺麗=成績が良い、は必ずしも真ではありません。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す


フィードバック