通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東南アジアなんて二度と行くかボケッ! (幻冬舎文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東南アジアなんて二度と行くかボケッ! (幻冬舎文庫) 文庫 – 2012/7/6

5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 41

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東南アジアなんて二度と行くかボケッ! (幻冬舎文庫)
  • +
  • 中国なんて二度と行くかボケ!! ・・・・・・でもまた行きたいかも。 (幻冬舎文庫)
  • +
  • インドなんてもう絶対に行くかボケ! ……なんでまた行っちゃったんだろう。 (幻冬舎文庫)
総額: ¥2,182
ポイントの合計: 70pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

1年中パソコンの前にいる引きこもりが東南アジアに旅に出た。目的は己を鍛え、ダメ人間から脱却すること。しかしマレーシアで辿り着いた先は、電気も鍵もないジャングルの中 の小屋。一気に激やせし、次のタイではムエタイファイターにつかまりジムでボロボロにされ、ベトナムでは肺炎で入院。でも、旅は続く……。残念なへたれの爆笑旅行記。

内容(「BOOK」データベースより)

一年中パソコンの前にいる引きこもりが東南アジアに旅に出た。目的は己を鍛え、ダメ人間から脱却すること。しかしマレーシアで辿り着いた先は、電気も鍵も壁もないジャングルの中の小屋。一気に激やせし、次のタイではムエタイファイターにつかまりジムでボロボロにされ、ベトナムでは肺炎で入院。でも旅は続く…。残念なへたれの爆笑旅行記。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 339ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2012/7/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344418883
  • ISBN-13: 978-4344418882
  • 発売日: 2012/7/6
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 215,075位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 山田 投稿日 2016/2/7
形式: 文庫
旅行記は実際、素人からプロまで様々な人が書いている。
ただ正直なところ、そのほとんどはまるで日記のようで、読んでいて面白くないものばかりである。

しかし、この人の本はとても面白いのである。
きちんと文章が読者目線になっていて読みやすく、それでいて面白い。
なかなかこの両立が難しく、多くの旅行記はそれが出来ていないのである。

読んでいて、まるで東南アジアに行った気分に…はならないが、読んでいて損はない一冊である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白い!単純に面白い本や!..(号泣)笑 笑
擬音や強調文字が多くて 楽しい。
三国志編は買ったので、次回 インド 中国編買いたいと思います。
もう少し、安価にしてほしいですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ブログ形式に書かれており、やたらと効果音が多く好き嫌いがわかれると思いますが、僕的にはとても面白く書かれており好きな本ですが、中盤に入るとタイの病院に保管してある男性の頭部の写真等が小さいながらもあるので注意が必要です。また、ちょっとした事で話が変わるので、きちんとした旅行紀を読みたい方にはオススメ出来ません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
書籍というよりは、ブログみたいな感じでしょうか。口語的といいますか、普通に本を読んでいる形とは違うので途中で読むのが少し面倒になってきました。「うぎゃあああ」とか「うそぉぉぉん。」とか、なんていうか読んでいて少し疲れる感じがします。でも、面白くないわけではありません。たまに、podcastも聴いていますが、オリエンタルラジ○の、チャラくない方の話し方に似せて喋っているので、多少、喋り方の先入観を持って読んでしまいます。他にゲストで出演されていたときは、普通に話していたようですが。本の感想とすれば、10ページくらいで要約して書けそうだよね〜って感じです♪
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本来海外に旅行と言えばウキウキ・ワクワクの観光旅行をイメージし、決して感じが悪く記載する事の無いのが旅行記であるが、実に隠さず、本当の事、また本人は実に人間らしく正直な感想と、気持ちを表現できており、良いも悪いも好感が持てたし、 自分ならどうする?って考えたときに日本人の評判を落とせないとか考えなく済む気持ちになれました。

実に飾り気無い 泥臭い内容で良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mary-alphonse 投稿日 2012/7/15
形式: 文庫 Amazonで購入
感傷的でヒロイックな旅行記が多い中で
さくら剛さんの著作はそういった部分が微塵もなく
最初から最後までハイテンションな笑いで楽しめます。
フォントサイズを変更したり、擬音を連発したり
かなりの誇張表現があってさすがはブログ出身作家さんという感じです。
逆に、そういうのが苦手な方にはおすすめできませんが…

時系列的には既刊であるインド編と中国編の間の作品ですので
これまでの作品を読んだ方は必見です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 beesachi 投稿日 2012/7/16
形式: 文庫
さくら剛さんの旅行記は全て読ませていただいています。中国編が出た後、しばらく旅行記は出ないのかなと思っていただけに、東南アジア編が出てとても嬉しかったです。
私がさくら剛さんの著書の中で一番好きなのはインド編で、繰り返し読んでいますが、今回の東南アジア編は同じくらい好きです!バンコクで荒行の章は、特に笑わせてもらいました。
肩肘張らず、楽しく読むことのできる旅行記です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
私はさくら剛さんを元々podcastのさくら通信で知っており、そこからファンになって本を購入している者です。さくらさんの考え方や、ギャグセンスに共感しているので著書も全て面白く読ませて頂いております。
私はさくらさんの旅行記を読む時は、日常を忘れ、なんとなくフフフと笑いたいなと思う時に読ませてもらっています。

だから、さくらさんを知らない人、もしくは旅行記を初めて読む人が、本気モードで「よっしゃ東南アジアについて詳しく勉強しよう!」なんてノリで読めばちょっとビックリされるかもしれません。
だからレビューの★に差があるのだと感じます。
さくらさんを知らない人はpodcastの「さくら通信」を聞いてみてください。ギャグセンスに嫌悪を感じた人は購入を見送られた方が良いと思います。少しでも「ふふふ」ってなった人は是非ご購入を。
あとは、だいたいの旅行記読んでいて、ちょっと違ったテイストのものを読みたいと思っている人にも良いかもしれませんね。
とにかく私はさくらさんが大好きなのでお勧めです!
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック