中古品
¥ 900
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバー付き。カバーに使用に伴う擦れが若干あります。一読したところ、内部に書き込み、焼け、破れはありませんが、完全なチェックができませんので、見落としの可能性があります。少しでも見落としが気になる方は、他の方からの購入をお願い申し上げます。中古本として問題なく読める状態です。商品はクリスタルパックで丁寧に梱包して迅速に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京風俗帖 (ちくま学芸文庫) 文庫 – 2003/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
¥ 455
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

物、姿、風情、時がたてばすべて無くなる。しかし、無くなってしまうことはむやみと残ることより一層面白い。そんな思いから、根っからの東京ッ子木村荘八が東京を自ら見、自ら体験し、失われた過去の美化ではなく、生き動く変容を活写した「木村風俗論」の集大成。本書収録の「東京の風俗」(昭和22年)から「東京繁昌記」(昭和33年)までの五篇で、敗戦の痛手から立ち直り、高度成長へと向かいつつあった東京、ひいては現代日本の実態が鋭敏に写し取られた。それは、明治の東京、近代日本の歩みのひたむきさ、おかしさ、かなしさへの共感とともに、他に類のない文明批評の書ともなっている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

木村/荘八
1893‐1958年。洋画家、随筆家。東京・日本橋生まれ。明治45年、革新的な青年画家のグループ「フュウザン会」に参加し画壇に登場。のち、岸田劉生や高村光太郎らと「生活社」を起こし、さらに、岸田や中川一政らと「草土社」を結成。大正11年、「春陽会」に加わり、以後没するまで独特な風格ある作品を発表し活躍。その間、大仏次郎の『霧笛』などの新聞連載小説に挿絵をそえ、世間の評判を呼ぶ。また、随筆、評論、翻訳などにも健筆をふるい、多くの著書がある。遺著『東京繁昌記』は、その文と絵に対して、昭和34年に日本芸術院恩賜賞が贈られた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 488ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2003/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480087397
  • ISBN-13: 978-4480087393
  • 発売日: 2003/02
  • 梱包サイズ: 14.6 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 909,745位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2005年2月14日
形式: 文庫|Amazonで購入
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告