通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙に小さな汚れ/摩耗. 表紙に小さな切り傷/ひっかき傷. Amazonアウトレットは、Amazon.com グループの一部ですので、Amazon.co.jpが発送やカスタマーサービス業務を行います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京電脳探偵団 衝動×パンデモニクス 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/27

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/10/27
"もう一度試してください。"
¥ 1,350
¥ 1,350 ¥ 661
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京電脳探偵団 衝動×パンデモニクス
  • +
  • Music Wizard of OZ
総額: ¥2,754
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

MONQ、リラル、豪華イラストレーター陣が描く、総勢11名のVOCALOIDキャラクターが夢の共演!

【あらすじ】
「さあ、舞台の幕開けだ――」
パンデモニクスの幹部・カイトとの戦いから一カ月。平穏な日常を取り戻したかに見えたミクたちだったが、組織はIA-S(イアス)を諦めていなかった。組織に雇われたVY2の非道で執拗な襲撃により、ルカたち自警団は次第に追い込まれていく。これ以上ルカたちに迷惑を掛けられないというイアスを新市街に送り届けたミクとレン。しかし、そこで待ち受けていたのは、メイコを生かすためイアスの奪還とミクの処分を命じられたカイトだった――。
交錯するそれぞれの意志、新たなメンバーを加えた東京電脳探偵団の戦いが始まる! !

内容(「BOOK」データベースより)

パンデモニクスの幹部・カイトとの戦いから一カ月。平穏な日常を取り戻したかに見えたミクたちだったが、組織はIA‐S(イアス)を諦めていなかった。組織に雇われたVY2の非道で執拗な襲撃により、ルカたち自警団は次第に追い込まれていく。これ以上ルカたちに迷惑を掛けられないというイアスを新市街に送り届けたミクとレン。しかし、そこで待ち受けていたのは、メイコを生かすためイアスの奪還とミクの処分を命じられたカイトだった―。交錯するそれぞれの意志、新たなメンバーを加えた東京電脳探偵団の戦いが始まる!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 287ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2016/10/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 456983129X
  • ISBN-13: 978-4569831299
  • 発売日: 2016/10/27
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 503,965位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
前作が好きだったので非常に期待していましたが、今回は毛色の違う作品になっており個人的には残念でした。

以下、若干ネタバレを含みます。
まず、メインストーリーはほぼレン視点で進みます。といっても、優れた知力も身体能力も持たない普通の無力な子供でしかないレンにできることはほとんどなく、子供じみた思考で話の腰を折るばかりなので少しウザく感じました。

そして肝心の話の中身ですが、主要人物の女性を薬物で廃人にしたり、サイコパスがヒロインの一人を針刺し拷問にかけて楽しんだりする場面をはじめ主要キャラクターが重傷・致命傷を負うシーンがストーリー上必要性があるのか疑問な場面で多々挿入されており、人を選ぶ内容となっています。もちろん残虐シーンは年齢指定を受けるような過剰な描写ではありませんが、それでもターゲット層を考えると些か無理があったのではないかと思います。
また、KAITOも「メイコを生かすため」(内容紹介より)と言いながら(もっと他にやりようはいくらでもあったにもかかわらず)行動があまりにも不自然かつブレており、結局本当はメイコをどうしたかったのか理解できませんでした。

登場人物も増えましたが、全員描こうとして個々の描写が薄くなっており、人気ボカロだからと無理に全員の出番を欲張らず、割り切って脇役は脇役に徹
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告