配送料 ¥480 6月 9-14日詳細を見る
通常6~10日以内に発送します。
Kindle版は、無料のKindleアプリがあればお持ちの端末で今すぐお読みいただけます。
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
*只今発送にお時間を頂いております。発送予定日をご確認の上ご注文下さい。ブック★リバースAM店
販売元
出荷元
*只今発送にお時間を頂いております。発送予定日をご確認の上ご注文下さい。ブック★リバースAM店
配送料 ¥250 5月 31日-6月 2日詳細を見る
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。中古商品のため使用感等ある場合がございますが、品質には十分注意して発送いたします。 【毎日発送】
シェアする
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

東京郊外の生存競争が始まった! 静かな住宅地から仕事と娯楽のある都市へ (光文社新書) 新書 – 2017/6/15

5つ星のうち3.4 11個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥924
¥924 ¥1

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • 東京郊外の生存競争が始まった! 静かな住宅地から仕事と娯楽のある都市へ (光文社新書)
  • +
  • 東京は郊外から消えていく! 首都圏高齢化・未婚化・空き家地図 (光文社新書)
  • +
  • コロナが加速する格差消費 分断される階層の真実 (朝日新書)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

出版社からのコメント

◎緊急出版! どんな街が生き残るか?

◎東洋経済オンラインで累計350万PVを記録し、所沢市議会でも取り上げられた、首都圏人口争奪と「郊外格差」の実態。

◎働き方改革は住まい方改革であるべきだ!

【内容紹介】
郊外が、昼働き、夜楽しめる街に発展していくことを私は希望している。
定年しても郊外で働く男性が増え、子育てしながら在宅勤務やサテライトオフィスで働く女性も増える。
すると、仕事の後の夜の娯楽が必要になり、郊外はひとつの「都市」になっていくはずだ。
また郊外は、大量生産された住宅地を指すことが多いから歴史がない地域だと誤解されたが、
よく調べると、明治、大正、さらには近世、中世、古代の魅力的な歴史を持った街も少なくない。
その歴史を生かせば、これからまた個性ある街ができるだろう。再開発で大きなビルだらけになって個性を失い、
「ファスト風土化」した都心に対して、郊外のほうがむしろ個性があって楽しいぞ、
という時代にならないとも限らないのである。(著者のことば)

【主な項目】
「地方化」する東京郊外/日本中で減った若者が23区内に集中/新宿区の女性未婚率は42歳で37%! /
埼玉の優秀な女性が東京に転出/都心でベビーブーム/さいたま市が表参道より人気/
武蔵小杉は年収が高い男性が好む/恵比寿、目黒、三軒茶屋は年収の高い女性が好む/
所沢は東京都勤務者に人気がない/年収が高いと23区内に住みたがるが、神奈川県居住者は別/
年収が高い千葉県民はTX沿線や武蔵小杉に住みたがる/「新・四畳半暮らし」でも都心がよい人も/
郊外世代は実はほとんどが郊外に住み続けている/郊外の中で競争が激化する/住みたい街は食べたい街/
タワーマンションしか解決策はないのか?/郊外に仕事をつくり出せ! /郊外にも良質な賃貸住宅が必要/
夜の楽しみがある郊外/これまでの都市計画はダメだったんじゃないか/無個性な都心と個性的な郊外の時代へ

【著者プロフィール】
三浦展(みうらあつし)
社会デザイン研究者。1958年新潟県生まれ。パルコの情報誌「アクロス」編集長、三菱総合研究所を経て、
99年カルチャースタディーズ研究所設立。郊外、都市、家族、若者、消費、階層などを研究。

内容(「BOOK」データベースより)

どんな街が生き残るか?東洋経済オンラインで累計350万PVを記録し、所沢市議会でも取り上げられた、首都圏人口争奪と「郊外格差」の実態。働き方改革は住まい方改革であるべきだ!

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 光文社 (2017/6/15)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2017/6/15
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 258ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4334039952
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4334039950
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.4 11個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。
Brief content visible, double tap to read full content.
Full content visible, double tap to read brief content.

著者の本をもっと発見したり、よく似た著者を見つけたり、著者のブログを読んだりしましょう

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.4
星5つ中の3.4
11 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年10月11日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年6月20日に日本でレビュー済み
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2017年9月16日に日本でレビュー済み
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2017年7月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する