通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京赤ずきん 4 (バーズコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

東京赤ずきん 4 (バーズコミックス) コミック – 2006/9/22

5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで本以外の対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京赤ずきん 4 (バーズコミックス)
  • +
  • 東京赤ずきん 1 (バーズコミックス)
総額: ¥1,274
ポイントの合計: 40pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (コミック)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

登録情報

  • コミック: 232ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2006/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344808452
  • ISBN-13: 978-4344808454
  • 発売日: 2006/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
徹底的にエロくて残酷で美しくて凛として強い女性たちと、様々な意味で弱く情けない男たちとの見事な対比。

強烈でもはや崇拝の域に達するほどの倒錯的な女性の美の描きっぷりはある意味谷崎潤一郎作品に通じるものがあるような気がします。

そして背骨の通ったストーリー展開。

結末はあれしかありえない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
3巻からストーリーが無駄にウエットになったし、4巻はその上殆ど駆け足だ。個性的なキャラクター達の活躍をもっと観てみたかったし、雰囲気も1巻のB級スプラッタホラーチックなクールかつドライなままで突っ走って欲しかった。

ただラストは予め想定されてたものなのだろうか、ストーリーの荒削りさに比べて上手く纏まっていると感じた。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
4巻と短く終わってしまってめっちゃくちゃ残念です。
ほんとにもっとキャラの活躍が見たかった…。

もう表現が素晴らしいです玉置勉強さん!!残酷なエログロ漫画…ですが最終話には胸が苦しくなりました。

切なくて泣けた…私は。まぁ意味があまり理解できない終わりですが…;

読んでから結構経つけれど、まだまだ赤ずきんちゃんが頭から離れません。と言うか私はルカが好きで仕方ない(萌)

この作品に出逢えて良かった!星5!
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
玉置勉強はそのスジじゃかなり知られたエロ漫画家。
その作者が世間様向けにタイトロープダンサー並みのバランスを取りつつ、時に片足を踏み外して書いた作品の最終巻。

4冊に渡るエロとグロとカニバリズムと暴力の吹き荒れる倒錯のスプラッタ嵐を潜り抜けて最後に見えて来たのは意外にも「愛のカタチ」。
セオスのセリフ、
「な・・何故!! 俺を!! 拒む!! この!! 俺をッ!!」
が象徴的。
支配欲故に暴力的になるセオスやジェンティーレ、片倉(?)など男達の愛は相手を取り込もうとする。
この男達の「取り込もうとする愛」には彼女の意思は関係ない。
強引に取り込む(喰う、犯す)時点で世界は収束する。
しかし、アスタルテ(赤ずきん)は男達の世界から拒絶し、分離する。
無視し、強引に取り込んだアスタルテの「意思」こそが男達の愛(世界)を破壊する。
取り込もうにも永遠に取り込めない他者に対する愛のカタチ。
ストーカー、DV等が問題になる昨今、本作品は現代を愛のカタチで鮮やかに切り取ってみせた。

万人にはとてもじゃないが薦められない。
でも読めば癖になる(人もいる)、クサヤの干物のような一冊。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック