通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京裁判の謎を解く―極東国際軍事裁判の基礎知識 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 パライソ
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 全体的に使用感・中古感はありますが、概ね良好な状態です。2007年2刷発行。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

東京裁判の謎を解く―極東国際軍事裁判の基礎知識 単行本 – 2007/2

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,053

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京裁判の謎を解く―極東国際軍事裁判の基礎知識
  • +
  • 大東亜戦争の謎を解く―第二次大戦の基礎知識・常識 (光人社NF文庫)
総額: ¥2,756
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

中国はなぜ日本の戦争責任を叫ぶのか。満州事変、支那事変、大東亜戦争は、日本の侵略戦争だったのか。知っておきたい大東亜戦争の最終局面を、19分類77項目でわかりやすく呈示する戦争裁判の真実。東京裁判の誤謬を正し、日本の未来に示唆を与える再生の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

別宮/暖朗
1948年生まれ。東京大学経済学部(西洋経済史専攻)卒業後、信託銀行に入社。主に証券企画畑を歩み、英米、中国香港にて金融ビジネスを経験。退社後、ロンドンにある証券調査会社パートナー。現在、近現代史家

兵頭/二十八
長野市の消防局員の長男として1960年に生まれる。陸上自衛隊の北部方面隊に2年間勤務した後、神奈川大学の英語英文科に進学。2年生のときに手紙を書いたのが縁で、当時、東京工業大学の教授であった江藤淳に知られ、同大学の大学院・社会工学専攻の修士課程に進んだ。修了後、ミリタリー雑誌の編集部やテレビ番組制作会社等へ勤務の後、「ゴルゴ13」の原作公募が採用されたのをきっかけにしてフリーライターとなる。現在は北海道に居住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 377ページ
  • 出版社: 光人社 (2007/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4769813406
  • ISBN-13: 978-4769813408
  • 発売日: 2007/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 582,266位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
これは情報量も多く、蒙を啓かされた思いです。

いろいろ勉強になりましたが、要点の1つに、国際法や英米法に対する無理解のために、東京裁判における弁護方策が根本的に誤っていた、ということがあげられると思います。それは、

○東京裁判は国家を裁くのではなく、個人を裁くのが目的であった。

○東京裁判で問題にしている「侵略」は、国策としての先制攻撃なのであって、支那事変については、中国の侵略であったことを主張すべきであった。

○逆に、対米英戦争については、いくら「自衛自存」のためと主張しても、武力攻撃を受けたわけではないから、国際法上の「自衛戦争」とはいえない。

ということです。

判事は戦争の当事者、検事は日本の事情をよく知らず、弁護側、被告側も国際法を理解せず、結局、裁判としては、無茶苦茶だったというわけです。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 当時の世界情勢及び国際条約・慣習、及び関わった人物の思想や生涯について詳細に調べることにより、東京裁判の虚構と実像を明らかにする書である。

 別宮氏は東京裁判史観にも、反自虐史観にも与しない。明らかに東京裁判は失敗だった。真の戦争犯罪人を追求できず、米国は裁判の名の下に蒋介石の使い走りとして復讐劇を演じさせられたと主張する。当時の日本人は誰もがそれを分かっていた。だからA級戦犯であっても解放後は堂々と首相になれたのである。

 条約を何より重んずるスティムソン国防長官は、日本の満州事変と太平洋戦争のパリ不戦条約違反が許せなかった。だから条約違反した主犯を裁きたかった。しかし、日本の国情への不理解と蒋介石・ソ連の横槍、主犯の不在、海軍の口裏合わせにより、ほぼ冤罪に近い死刑が宣告された。正に近代の汚点である。

 本書のエッセンスは、以下に要約される。
・満州事変の責任は石原完爾にある。
・支那事変は蒋介石による日本への侵略戦争である。
・太平洋戦争は日本海軍による英米への侵略戦争である。
・海軍は口裏を合わせ、自分達の罪を陸軍になすりつけることに成功した。
・ニュールンベルグ裁判との釣り合いから7名死刑が決まっていた。
・蒋介石の要求により彼が憎む4人が死刑にな
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告