通常配送無料 詳細
通常2~5週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、概ね良好なコンディションです。コンディションガイドラインに沿って販売、比較的状態の良いものを選んで販売しております。●消毒後に防水封筒もしくはOPP封筒等にて防水加工した状態で送付いたします。原則2営業日以内に出荷致します。日曜・祭日、連休は不定期で出荷します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

東京藝大物語 単行本 – 2015/5/26

5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 880

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京藝大物語
  • +
  • 最後の秘境 東京藝大:天才たちのカオスな日常
  • +
  • 〆切本
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 177pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

明日のアーティストを目指し、全国から才能が集う「東京藝術大学」。講師として赴任した語り部が、そこで目にしたものは!?
赤ら顔でへらへらと近づいてくる「ジャガー」、鳩のように首を動かしながらポツポツと話す「ハッスン」、突然よくわからない行動を起こし、全身で芸術論を戦わせる「杉ちゃん」……。こいつらいったい何なんだ!?
藝大を出ても、アーティストとして成功できるのは10年に1人といわれる世界で、何者かであろうとあがく学生たちとの交流を、あたたかな眼差しで綴る。
芸術に生きるようとする人たちの葛藤と不器用な戦い。読者に明日の元気をくれる、生の賛歌とも呼ぶべき、「100%の青春小説!」

内容(「BOOK」データベースより)

明日のアーティストを目指し、才能が集う「東京藝術大学」。講師として赴任した語り手が、そこで目にしたものは!?いつも赤ら顔をてかてかさせているジャガー。鳩のように首を動かしながら、ぎこちなく喋るハト沼。突如として全身で芸術を語り、狂乱する杉ちゃん。藝大を出ても、成功するのは十年に一人といわれる世界で、何者かであろうとあがく学生たち。ヘンタイにはなれても、テンサイにはなれない!?芸術を夢見て生きる学生たちの葛藤と不器用な闘い。著者が講師として五年間を過ごした東京藝術大学を舞台に、彼らが日夜起こす事件に驚きながら、共に生きた時間をあたたかな眼差しで綴る「120%の青春小説」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062194783
  • ISBN-13: 978-4062194785
  • 発売日: 2015/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,046位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
茂木健一郎が小説??と気になって手にしたものの…

事前情報なく読み始めたのが悪かったのかもしれないが、
著者がこの作品で何を表現したかったのか、いまいちつかみきれぬまま読了。
個性的な人物が描写されているが、読書を楽しむという意味での
小説の域に達しているとは思えず、「120%の青春小説」という謳い文句は、
ミスリード感が拭えない。

藝大や美大に興味のある人にはよいのかもしれないが、
これまでの著者の本の読者にとっては、肩透かしかも。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
個人的には、筆者得意の「クオリア」の話が出てきたりして作り物感を感じ、気持ちが冷めて作品世界にうまく没入できませんでした。
青春小説としては、読んでいるうちに椎名誠の「哀愁の町に霧が降るのだ」が恋しくなってムズムズしました。

新刊で購入しましたが、図書館で借りればよかったと少し後悔。買おうか悩んでいる人は、購入前に
数ページ立ち読みして熟慮するとよいかもしれません。
1 コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
こういう青春もあるんだなあと、しみじみとする。
おそらく、登場人物がまっすぐなので、自分の青春時代のエッセンスのかたまりのような役割をしているのだろう。
傑作ではないものの、自分の大学時代に思いを馳せさせる佳作。

文体は、エッセイと小説の中間のような感じなので、好き好きはあるでしょう。
青春デンデケデケデケとか、青葉繁れる、を期待すると肩透かしくらうので、その点は留意。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
一風変わった芸大生達と関わり合いを深める中で出会ったエピソードを紡いでいく内容。
王道的な青春時代を背景に設定しているので、ありふれた顛末とそうだろねといったと心情表現に帰着している。

この内容でこの値段は高すぎる。

物語の中心人物に繰り返される4浪イジリは読んでいて嫌な気分にさせる。
素晴らしい経歴をお持ちの著者が文章にすると嫌味にしか取れない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「居場所というのはさ、ある時は当たり前だけれども、失われるのはあっという間だからなあ。」「水たまりは、やがて干上がる。日だまりはつかの間の輝き。」「だから、この光景を、よく覚えておこうな。」という言葉がこの作品のメインテーマではないだろうか。筆者が実際に行った東京藝大での講義や故荒川修作はじめゲスト講師の講義、その後に繰り広げられる学生たちの関わりが、ほぼ実話に基づいて描かれていると思われる。個性豊かな若き芸術家たちの数々のエピソードは読んでいて飽きず、また繰り広げられる芸術論を読むのも実話に基づいているからこそ興味深く読めた。個人的には、ガストンの話「絵を描こうとアトリエに入った時には、一緒にたくさんの人がついてくる。(中略)そして、ものすごく幸運な日には、自分さえもアトリエを去ってしまう」という話や、杉ちゃんの起こす数々の事件、ジャガーのお母さんの話が特に印象的だった。筆者にとってもこの「東京藝大物語」の日々が、かけがえのない、是非とも書き残しておきたい人生の時間であったことが伝わってくる。同時に、著者の別の著書で読んだ「今、ここ」という言葉も思い起こされた。読み終えて、自分もかけがえのない人生を悔いのないように思い切り生きたいと思った。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日本でトップクラスの美術大学の生徒と講師の物語、彼らが日本の美術界を引っ張ってゆく人材なのだと思いながら読みました。なにが違うのか衝動的に行動するのかどうかはわからないけれど、突飛なことで周囲を驚かせることをしても警察沙汰になりそうで、うまくかわす学生と講師。それは、明治時代の生徒たちも変わらないのかもしれない。けれど、優秀でなければ出来ない行動力が彼らの力なのだ。そんなことを淡々と物語にしている。それが、普段触れることのできない私には新鮮でした。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 還暦の雨さん 投稿日 2015/6/4
形式: 単行本 Amazonで購入
東京芸大というところに入った・卒業した。でもそれで終わりではなく、いろいろの芸術の分野での評価は未定。人間の感じ方は100人いれば全て違うのだから、一番難しい事ではないだろうか?この本で一部が理解できるかもです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
京都芸大を卒業した者にとっても共感できる物語です。いっきに読み終えました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー