この書籍はよりお買い得なバージョンをご購入いただけます
Kindle版を選ぶと、¥ 540 (42%) お買い得にご購入いただけます。
¥ 756
Kindle版
¥ 1,296
ハードカバー価格

Kindle版を選ぶと、<span class="a-color-price">¥ 540 (42%)</span> お買い得にご購入いただけます。 iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京湾岸の地震防災対策: 臨海コンビナートは大丈夫... がカートに入りました
+ ¥ 300 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に軽度の日焼け、シミ、破れ、折れ痕等のダメージがある場合がございます。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 2629714
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京湾岸の地震防災対策: 臨海コンビナートは大丈夫か (早稲田大学ブックレット「震災後」に考えるシリーズ) 単行本 – 2014/9/1


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 648

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1212」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • 東京湾岸の地震防災対策: 臨海コンビナートは大丈夫か (早稲田大学ブックレット「震災後」に考えるシリーズ)
  • +
  • 臨海産業施設のリスク:地震・津波・液状化・油の海上流出 (東京安全研究所・都市の安全と環境シリーズ)
総額: ¥2,916
ポイントの合計: 49pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

首都直下地震や東南海巨大地震などに直面したとき、東京、首都圏、そして日本に何が起きるか? 地震による長周期振動・倒壊、地盤の流動・液状化、そして津波による大規模破壊や会場流出は、東京湾上に、臨海部に、そして周辺に巨大な被害をもたらし、その深刻な影響は全国へと広がるだろう。備えは大丈夫か? いったいどう備えればよいのか。専門家たちの提言。

内容(「BOOK」データベースより)

地震による地盤の液状化・側方流動・長周期振動、津波による油流出・海上火災。それらは、東京湾上に、臨海部に、そして周辺に巨大な被害をもたらす。備えは大丈夫か。社会と経済を守るためにどう備えればよいのか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 152ページ
  • 出版社: 早稲田大学出版部 (2014/9/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4657143026
  • ISBN-13: 978-4657143020
  • 発売日: 2014/9/1
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 562,141位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう