通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京會舘とわたし(上)旧館 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 防水梱包にてメール便で24時間以内に発送いたします。ご注文確認後メールでお知らせいたします。使用されていますが、非常にきれいな状態の商品です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

東京會舘とわたし(上)旧館 単行本 – 2016/7/30

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 748

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京會舘とわたし(上)旧館
  • +
  • 東京會舘とわたし(下)新館
  • +
  • 危険なビーナス
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

ここは夢が生まれる場所。

華やかなる“社交の殿堂"。
大正、昭和、平成という時代を情熱的に生きた人々を、鮮やかな筆致で描き出す。
直木賞作家が贈る、一つの建物の〈記憶〉をたどる長編小説。


大正11年、丸の内に落成した国際社交場・東京會舘。
海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式、未知のカクテルを編み出すバーテンダー……。
変わりゆく時代の中、“會舘の人々"が織り成すドラマが読者の心に灯をともす。

内容(「BOOK」データベースより)

海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式、未知のカクテルを編み出すバーテンダー…“會舘の人々”が織り成すドラマが、読者の心に灯をともす。大正十一年、丸の内に誕生した国際社交場・東京會舘。“建物の記憶”が今、甦る。激動の時代を生きた人々を描く。直木賞作家の傑作長編小説!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 285ページ
  • 出版社: 毎日新聞出版 (2016/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620108219
  • ISBN-13: 978-4620108216
  • 発売日: 2016/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.7 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 104,226位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
大正の時代から、皇居前に建つ東京會舘。
その場所を訪ねる人は時とともに移り変わる。
その建物も改修により時とともに移り変わる。

そんな中で、東京會舘で働く人々の思いは変わらない。
だからこそ、そこを訪れる人々は、信頼と期待を持ってこの場所を愛し続けている。

繰り返される東京會舘の礼賛が多少うるさくもあるが、
それを差し引いても、この国の近現代を生き抜いてきた歴史は一読の価値がある。

建物とともに歩んだ歴史。
絵本『ちいさいおうち』のように、
時と人の移ろいの あはれ を味わうことが出来る。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
健全に前向きで明るく清潔な本だ。という印象。
真摯に勤勉な人が、ちゃんと報われる感じが読んでてとても心地よい。
(辻村氏の本は「ヘンに捻り」を入れた話より、ストレートの方が好み派です。本書は好みの方)
ノスタルジーに浸るには、むしろプロローグが邪魔に感じた。
気持ち良く読めた。楽しみました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 プロローグがあり、スタートは大正時代でした。クライスラーの演奏会に始まり、関東大震災、終戦、建て替え、東日本の震災、等々・・・。

 始めはイマイチかな?と思いながらも、いつの間にか引き込まれていました。

 後は一気ですね!。

 下巻に移って、第六章では涙があふれ、第七章では体が震えました。

 建物の歴史、大切な思い出がたくさんあふれ出すのだと感慨深い想いになりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告