Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

Kindle 価格: ¥324

(税込)

獲得ポイント:
3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
[金谷俊一郎]の東京大学日本史 入試問題40年 2019年・2018年版

東京大学日本史 入試問題40年 2019年・2018年版 Kindle版


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍), 2019/7/8
¥324

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

本書は2019年度、2018年度の東京大学の日本史の問題を解説したものである。
 世間に出回っている「解答例」は、「模範解答例」です。出版社や予備校が威信をかけて作成したものです。受験のプロが何時間もかけて作成した「模範解答例」に振り回されてはいけません。受験生にはもっとやることが多いはずです。

 東京大学は非常に親切な大学であるともいえます。東大は、教科書に書かれていない内容を知識として要求していません。そして、この「教科書に書かれている内容」を踏まえて、「条件」や「留意すべきこと」に沿って答案を作成していくと、見事なまでに定められた字数でおさまるようにできているのです。東大の「○行以内」は絶対です。これにはある意味芸術的なものすら感じさせます。

 本書は、「模範解答例」を解説する本ではありません。「受験生が」、「試験会場で」、「制限時間内に」、「受験生レベルの知識で」どのように書けば東大の合格ラインの答案に達するかを示した本です。ですから、ここに示された解答例は「模範解答例」ではありません。「この程度の解答を仕上げなさい」というものです。
 今まで、そのようなスタンスで書かれた本があまりなかったので、今回、東大日本史を執筆することになりました。
 東大は大きなことは求めていません。皆さんの実力を正当に出せば良いだけです。本書で、それをわかっていただければこれ以上のことはありません。

「はじめに」より

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1694 KB
  • 推定ページ数: 92 ページ
  • 同時に利用できる端末数: 無制限
  • 出版社: JRT出版 (2019/7/8)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B07V36K6L2
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 154,024位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover