この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


東京大学「ノイズ文化論」講義 単行本 – 2007/7/2

5つ星のうち2.8 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥9,031 ¥144
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「美しい国」「品格ある国家」「格差社会」の陰で排除される「ノイズ」とは、なにか。大好評「80年代地下文化論」に続き、またも東大駒場キャンパスの密室で悩み、思い出しつつ語る見返りのない講義録。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

宮沢/章夫
劇作家・演出家・作家。1956年静岡県生まれ。多摩美術大学中退。1990年、作品ごとに俳優を集めて上演するスタイルの「遊園地再生事業団」の活動を開始し、『ヒネミ』(92年)で岸田戯曲賞を受賞。10年間で十数本の舞台作品を発表後、2000年から3年間の休止期間に入る。2003年『トーキョーボディ』、05年『トーキョー/不在/ハムレット』を上演。戯曲+映像+パフォーマンスのコラボレート作品を発表し、第二期ともいうべき活動を開始。06年は『モーターサイクル・ドン・キホーテ』『現代能楽集 鵺/NUE』など外部公演の作・演出を手がける。エッセイ・評論など執筆も多く、「考える人」(新潮社)、「MAC POWER」(アスキー)などに連載を持つ。1999年に発表し芥川賞候補にもなった『サーチエンジン・システムクラッシュ』や『不在』(ともに文藝春秋)などの小説も発表。教育活動にも熱心で、京都造形芸術大学、早稲田大学、東京大学などで授業やワークショップを行なう。その他、活動は多岐にわたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 白夜書房 (2007/7/2)
  • 発売日 : 2007/7/2
  • 単行本 : 389ページ
  • ISBN-10 : 4861912849
  • ISBN-13 : 978-4861912849
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち2.8 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.8
星5つ中の2.8
5 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2011年1月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年1月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年10月29日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年8月12日に日本でレビュー済み
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告