中古品
¥162
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 【除菌クリーニング済】 2004年5月初版第1刷発行 帯付き。 小口に少し使用感あります。 カバー上部に少しヤケあります。 その他は良好です。 線引き・書き込みありません。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


東京伝説―死に逝く街の恐い話 (竹書房文庫) (日本語) 文庫 – 2004/4/1

5つ星のうち3.2 5個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥162
¥141
お届け日: 7月14日 - 15日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

突然、拉致され得体の知れないモノを食わされる。堕胎した胎児の頭が喋り出す。代々桜で首を吊り続ける一族に、行列ラーメン店の恐るべき隠し味。今、想像を絶する恐怖と狂気があなたのそばで起きている。息を潜めてあなたの背後を狙っている。恐怖との遭遇にもはや霊感は不要となった。ただ生きればいい、それこそが究極のホラー体験たりうるのだ。「超」恐い話の著者が当事者からじかに聞き集めた最上級の怪奇譚。本当に恐い…ハズレなしである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

平山/夢明
1961年神奈川県生まれ。映画、ビデオの批評、製作からCFの企画、インタビュー、ルポ、自動販売機の営業、コンビニの店長と、様々な職歴を重ね、現在は生理的に嫌な話を書かせたら日本で三指に入る小説家にして、日本でいちばん陽気な怪談ライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.2
星5つ中の3.2
評価の数 5
星5つ
21%
星4つ
27%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
52%
星1つ 0% (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
殿堂入り
2006年1月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月8日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2013年7月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年5月27日に日本でレビュー済み
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告