通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京一極集中が日本を救う (ディスカヴァー携書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

東京一極集中が日本を救う (ディスカヴァー携書) 新書 – 2015/10/22

5つ星のうち 3.3 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京一極集中が日本を救う (ディスカヴァー携書)
  • +
  • 東京2025 ポスト五輪の都市戦略
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「東京一極集中は悪であり、地方との格差をなんとしても是正すべきだ」という意見は、日本人に根強い。
だが、本当にそれだけでいいのだろうか。

世界は今、都市間競争の時代に突入した。
この地球上で競争しているのは日本やアメリカのような「国」同士ではない。
ロンドン、ニューヨーク、パリといった「大都市」こそが、今や競争の新たな「単位」なのだ。
大都市であるほど発展する性格をもつ第三次産業は、ヒト・モノ・カネの集積によりその競争力を増す。
この動かしがたい経済合理性の結果、世界の多くの国で、いま大都市への一極集中が進んでいる。
この事実を無視して、一極集中是正を金科玉条として東京の集積を否定すると、結局、東京の国際競争力の失速を招く結果となる。
もし、東京が競争力を失うと、その冨を得るのは、実は海外の諸都市であって地方ではない。
東京の失速は、結果的に地方に分配する原資がなくなるという受け入れがたい未来が待っているだけである。

東京が世界一の都市にならなければ、日本に未来はない。
東京が沈むと、地方が沈み、日本が沈む。

都市政策の世界的第一人者が、東京、そして日本の未来を「一極集中」の是非という長年の課題に踏み込んで、
その真実を語った議論沸騰の書、ついに誕生!

<目次>
第1章 東京一極集中という歴史の必然
第2章 東京が沈めば地方が沈む
第3章 国際都市感競争の時代
第4章 リニアが日本地図を書き換える
第5章 二度目のオリンピックは何をもたらすのか
第6章 東京にすべてを集めて大丈夫なのか

出版社からのコメント

☆☆☆ディスカヴァー30周年記念プレゼントキャンペーン実施中! ! ☆☆☆
ディスカヴァー・トゥエンティワンは、今年2015年で創業30周年を迎えました。
そこで読者のみなさまへ感謝をこめて、プレゼントキャンペーンを実施しております。
手元にいつも置いておきたい、あなただけの名品をプレゼントします。
ディスカヴァー30周年記念特設サイトへお越しください!
http://30th.d21.co.jp/

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 263ページ
  • 出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン (2015/10/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4799317741
  • ISBN-13: 978-4799317747
  • 発売日: 2015/10/22
  • 商品パッケージの寸法: 17.3 x 10.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 128,740位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
他の方も述べておられますが、東京に生活基盤を置いている人達にとって耳障りの良い話ばかりを連ね、
都合の悪い情報や厳しい将来見通しから目を背けた、「不都合な真実」ならぬ「好都合な真実」だ、という印象は拭えません。
筆者にとっての日本の将来像は、東京を中心とした日本全国が一体となり高度成長期を成し遂げた、史上稀に見る成功体験の延長線上にあるようだが、ここ20~30年の出口の見えない大停滞をどう考えているのか?よく見えてきません。タイトルとは違いほぼ全編にわたって東京圏ローカルの話題ばかり、国家規模の話ではありません。筆者の意志はあきらかに「日本を救う」事ではなく「東京を救う」事にあります。地方は苦しんでも、首都である東京が活気があって景気が良ければそれでいいんですか?私はそうは思いません。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
正しいことも書いてあるけど、物事のメリットだけに焦点を当ててデメリットは黙殺するので、税金などの巨費を投じて何かを作りたい政治家や役人にとって、この人の存在は都合が良いでしょうね。

例えばP.34、かねてからの東京一極集中への批判に対して「その諸問題は、完璧にとまではいわないものの、多くはもはや弊害とはいえないレベルにまで改善されている。」とあるけど、交通渋滞、通勤ラッシュ、地価高騰など『かつての懸案』だけを挙げて、さも論破しているかのように見せているだけ。差し迫った高齢者の激増による『これからの懸案』は無視されています。

この先、要介護者が確実に増えるのに土地に制約のある東京圏では大規模介護施設を建設できないのは重大な懸案ではないのでしょうか?

下流老人と呼ばれる家も貯金も身寄りもない単身高齢者の増加は社会問題にあたらないのでしょうか?

都市計画もなしに住宅を建てまくった結果、空き家が増え、まばらにスラム化していくのは無視できることでしょうか?

どれも東京に一極集中させた弊害です。しかもこれから深刻になっていきます。なのにP.169に超高齢化という懸案として触れておきながら、書いていることは「東京の高齢者には裕福な人が多い」ということだけ。

確かに一
...続きを読む ›
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
はっきり言って買って損した。東京が日本を牽引していく、世界において他の大都市に引けをとらない魅力ある都市だという氏の主張は一応理解できた。しかし結局のところ東京への一極集中というよりむしろそれに伴った地方の衰退の深刻化が問題になっている中で、「そこら辺は他の専門書に議論を譲りたい」というのではちょっと…。本書で正論を述べる!とぶち上げておきながら、つまり何を正しく論じたかったのかが分からない。ただの東京で生まれ育ったお坊ちゃんの“お国自慢”になってしまっている。“国土の均衡ある発展”派への説得力としては…この内容ではゼロと言わざるをえない。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
おもしろかった。
地方出身の私にとっては「本書を読まずに、地方創生は語れない。」と表紙の帯に書かれていたので、ためらわずに買った。
 一極集中はなぜ、是正されないかについて詳しく書かれている。政府は一極集中が生みだす弊害としての大都市問題の解決に成功してきたから、結局、一極集中の生みだす大都市の魅力が増えてしまい、そして、ますます東京への一極集中が進行するという三段論法の説明には説得力がある。そして、私もその一員である。
 グローバリゼーションが進んでアジアの国々が台頭してくるなかで、今後の日本はどうすればいいのかについて、リニア新幹線の開通と東京オリンピックをその鍵にあげている。これは既に著者の『リニアが日本を改造する本当の理由』と『東京五輪は日本をどこまで復活させるか』を読んでいるので、ほぼ理解している。さらに最近、『2025年の東京-ポスト五輪の都市戦略』という本でこれからの10年間の東京のゆくえを書いていて、それらを合わせるといろいろとつながってくる。
 さてそうなると、次は『地方創生を実現させる本当の方法』という著書に期待したいところだが、どうだろうか。著者の明快な切り口の次作を期待して星4つ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
素晴らしく突っ込みドコロ満載の本なので、就職を控えた学生が頭の体操の入門編としてツッコミ練習するには適しているかもしれません。
いくつか例を挙げれば、一極集中とは具体的に何を指すのか?なぜ、地域主要の複数極ではなく一極でなくてはならないのか?一極集中した結果として得ようとするのが、海外資本なのか国内の本社機能なのか税収なのか人口なのか?いまや米国を中心とする一部のの多国籍企業が全世界の多くの富を寡占する状態だが、それは各国の最大主要都市に本社を置く企業によってなされているのか?現在の資本、経済の流れを押さえていれば、いかに時代遅れの昭和高度成長期的発想の元に著された作品かが見えてくると思います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー