中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京レイヴンズ9 to The DarkSky (富士見ファンタジア文庫) 文庫 – 2013/3/19

5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691 ¥ 64
文庫, 2013/3/19
¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

夏目を失い鴉羽の持つ力に翻弄され暴走を続ける春虎。為す術のない冬児たちの前に一人の青年が姿を表す。「『初めまして』だね土御門春虎君。私は夜叉丸と言う」。アニメ化企画進行中の、学園陰×陽ファンタジー!

内容(「BOOK」データベースより)

「オーダー!」信じない。死んでなどいない。まだ取り戻せるはずだ。枯渇しかけた力をひたすらに治癒符に込め、春虎は呪を注ぎ続ける。主を―大切な幼なじみを呼び戻すために。遂に夜光としての力を覚醒させた春虎。だがその代償は大きく、暴走する『鴉羽』から春虎を庇った夏目はその命を落とす。「泰山府君祭だ。泰山府君祭なら夏目を生き返らせられる…!」一方、千年にわたりこの国を統べてきた陰陽術、その真なる復権を掲げる双角会が姿を露わにしたことで、大友や木暮ら『十二神将』たちもまた、それぞれの信念のもと呪術界を巻き込んだ戦いへと身を投じていく―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 443ページ
  • 出版社: 富士見書房 (2013/3/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4829138653
  • ISBN-13: 978-4829138656
  • 発売日: 2013/3/19
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 422,710位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
8
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(8)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
前回の衝撃的な終わりもあれでしたが今回の終盤の盛り上がりも異常なほど面白かったです。

鴉たちは飛翔するというイメージですかね。第一部終了みたいな感じになって次号から新章みたいな感じになるんでしょうか?

アニメ化もするそうですが個人的には原作を楽しんでいるので制作側には頑張って欲しいと思います。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
第一部完結。
本編全体での折り返し地点となる本作は本文439ページの大ボリュームです。
また、注意点としては初回生産限定でカバー裏にすみ兵さんによる本編予告漫画が掲載されていることです。

本編の内容に関しては、何を書いても重大なネタバレになるぐらいの大事件が連発します。
その中で、この巻の要点としてはあざのさん本人が述べているように各登場人物たちの覚悟と選択。
主人公である春虎だけでなく、どの人物たちにも重大な決断が迫られ、彼らの環境は激変を余儀なくされます。

そんな物語中で胸を打つのは天馬と幼いコンのふたりでした。
作中では他の強者たちに翻弄されがちな彼らの勇気がこの物語の行く先を決定付ける様に震えました。

冬児、京子、鈴鹿、大友たちにもそれぞれ重大な転機が訪れ第二部以降でどのような状況に置かれるのか全くわかりません。
そしてもちろん春虎と夏目をどんな運命が待つのかも。
1巻からの数々の伏線が収束する本巻は、全巻一気に読み返すこと推奨の最高潮となる巻になっています。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
今回は一気に話が展開しましたね〜。
さながら面白いミステリの解決編を読んでるかのように、
今までの伏線が次々と回収されていくのが何とも鳥肌ものでした。
第一部の総決算とでもいうべくほぼオールキャラが活躍する一方、
意外なあのキャラが予想外の役割を果たすところは特に注目です。

すごく面白かったのは事実なんですが、ある意味きれいに収まりすぎて
ここからどうやって展開していくのかちょっと不安になるかも。
春虎をはじめとするキャラがどうなるのか気になるだけに、
ここで短篇集挟んでくるよりも一刻も早く続きが読みたいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
この刊も既刊の様に面白かったんだけど2部までの引きがキッツイすね。
さらに10巻との間に短編集が入るとの事なのでさらに悶々しながら待たないといけないです。
内容についてのネタバレになるので詳しくは書きませんが、ある登場人物が次巻以降どういう変化をしているのかを下手すると1年待たないといけないのはきついですね。
ただ内容は間違いなく面白いのでもっと多くの人に読んで欲しいです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告