通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVE... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫) 文庫 – 2015/12/19

5つ星のうち 4.9 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 55
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 東京レイヴンズ (14) EMPEROR.ADVENT (ファンタジア文庫)
  • +
  • 東京レイヴンズ (13) COUNT>DOWN (富士見ファンタジア文庫)
  • +
  • 東京レイヴンズ (12) Junction of STARs (富士見ファンタジア文庫)
総額: ¥2,031
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

示された相馬の悲願と多軌子の力。春虎に語りかける祖霊の導き。敵の手に落ちた『月輪』。仲間と共に策を練る夏目。動揺にざわめく十二神将。すべては上巳――運命の日に向けて、収束していく――。

内容(「BOOK」データベースより)

『天胄地府祭』―東京の霊相を一変させる大規模霊災テロの決行日まで、あと3日。夏目たちは神降ろしを阻止しようと、あらゆる手を尽くして奔走。その一手は『十二神将』の間にも波紋を広げていく。一方、暗躍する大友、牙を研いでいた鏡らも、決戦の舞台にあがる準備を進めていた。そして訪れる、上巳の日。星々が、呪術の粋を尽くして激突する中、黒き鴉の羽を纏った春虎もまた、決戦の地に舞い降りる。夏目を守る―彼女の式神として。その強き想いを胸に。時を超える陰×陽ファンタジー、いま交錯する願いが東京の夜を震わせ、時の輪を廻し始める―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 510ページ
  • 出版社: KADOKAWA/富士見書房 (2015/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4040705254
  • ISBN-13: 978-4040705255
  • 発売日: 2015/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.9 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 207,986位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
本巻では、各勢力の思惑や行動が複雑にからみ合い、やがてひとつに収斂していきます。

すべての陰謀の中心には多軌子。彼女を神輿に担ぎ大願を叶えんと画策する倉橋と夜叉丸、つき従う宮地と蜘蛛丸、捕らえられた秋乃。
それを阻まんと、ほかの勢力もしのぎのを削ります。天海の指揮のもと奔走する夏目、冬児、鈴鹿、京子、天馬。神出鬼没でみなを惑わせる春虎、率いられる飛車丸と角行鬼。己の手を汚すことをいとわず暗躍する大友、つき添う道満。
さらにそこに、陰陽庁にいる残りの十二神将たち(木暮、鏡、三善、弓削、山城、滋丘、幸徳井姉妹)が交錯していきます。ある者は倒れ、ある者は迷い、ある者は覚悟を決めて…。

視点が頻繁に切り替わり、錯綜するプロットを見事にわかりやすく提示したうえ、各々のキャラクターの想いを丁寧に描写し、彼ら全員に感情移入させる筆力には脱帽。
なにより驚くのは、どの勢力も可能なかぎり最適のルートを選びとり全力でぶつかり合った結果、諸勢力の均衡が保たれていること。状況を盛り上げるために、つまらないミスで均衡を崩すことを良しとしない作者の姿勢と、それを実現する構想力には舌を巻きます。500ページの分量にもかかわらず、ページをめくる速度を衰えさせません。

また本巻では、次第に伏線が回収され、作者いわく「第二
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Mt.Gucchi 投稿日 2015/12/20
形式: 文庫
あとがきにも有ります。最大級の厚さに、二冊に分けようかと悩むくらいの内容を、詰めに詰め込んだと。今まで全く心情を語らなかった何人かを含め、皆の過去の思いがこれでもかと描写され、これまでのすべてのキャラ総動員で、クライマックスへの戦いが描かれます。そんな中でも、この巻で初めて出た、いい大人がいたりもします。しかも、カッコ良い。今までの巻をずっとお付き合いしてきた読者なら、いまさらヤキモキしないでしょうけれど、誰が語っているのかわからなかった描写や、これまでの巻に何気なく挟まれていた場面の意味が、ここで初めて繋がったりする爽快感。そして、この巻の最後の展開で明らかになる事実で、また二部を全部読み返したくなるという。相変わらずのあざのマジック。重なりあった伏線と、秘密との織り成す、何度読んでも飽きない世界。アニメ化のお陰で、各キャラが皆、あの声優さんの声で脳内再生される事も、また快感。本当に、本当に待った甲斐がありました。ここまで付き合ってきた人には今さらでしょうが、絶対に買い逃してはいけない巻です。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本巻でついに運命の日が訪れ、各々が戦いの舞台へと上がります。最初の情報においての前哨戦は正直退屈する所もありましたが、そんな評価をあっさりと覆す後半の呪術戦。三つ巴どころか四つ巴。ページをめくる手が止まりませんでした。変わらずの戦闘描写の上手さと展開にただただ脱帽です。
そして、ようやく判明する夏目の状態。斜め上の展開に眼を剥きました。
この東京レイヴンズも終局に近付いています。全く期待を裏切らない東京レイヴンズ最終巻まで必読です!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
本当に素晴らしいの一言につきます。
シリーズ最高の厚さであり、最高の熱さでした!!

主役である、夏目や春虎はもちろんなんですが、サイドのキャラ達の活躍が素晴らしかったです。
個人的には、冬児とマリリン、宮地さんがとっても良かったです。

各キャラクターの掘り下げがされていて、敵サイドにも共感してしまいました。

また、第二部最大の謎が明かされます。
おおっ!と圧巻でした。

続きがとても気になる展開でした!!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
商品も綺麗で大変満足しています。また機会がありましたらよろしくお願い致します
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 K 投稿日 2015/12/22
形式: 文庫
最高の厚さと最高のクオリティ。ガッツリと掘り下げられた各キャラの心情で物語にはどんどん深みが出るし、なにより今巻で明かされた重大な事実は、過去の話を振り返りたくなるようになってる。果たしてラノベと称していいのか、と疑問を抱くような一冊。ありがとうあざの先生。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 かすたま 投稿日 2016/2/1
形式: Kindle版
前半では個々の人物に焦点を当て、各陣営より見た物語を直接的に描く事で今一度読者に作品を俯瞰的に認識させてくれました。ですから複雑になってきたストーリーもすんなりと読めました。
それをふまえた後半では「こいつはどう絡んでくるのだろう」と考えさせる読ませ方をさせといていざ出てくると驚かさせられるのです。
これが巧いところで文章に隠形法でもかけているかと思うほど自然に意識から外されます。それ程の目まぐるしい展開。さてどうなる!というところで多彩なキャラクター達が動くのです。
戦闘描写の出来は言わずもがな。
出会えてよかったと思える最高の作品です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー