Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 825 (50%)
Kindle 価格: ¥825

(税込)

獲得ポイント:
8ポイント (1%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[渋谷 和宏]の東京ランナーズ (角川書店単行本)

東京ランナーズ (角川書店単行本) Kindle版

5つ星のうち3.5 3個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥825
単行本 ¥1,650 ¥95
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

太田正樹は大手出版社の編集長候補からタウン誌を発行する関連会社への出向を言い渡された。失意の中で遊歩道を颯爽と駆ける元ランナーの倉原明日美を見かけ、生活の張りを求めて彼女がインストラクターを務めるスポーツクラブに入会する。同時期にクラブに入った真田誠司は、定年後の生きがいを模索するなかで走り始めようとしていた。一方、リア充アピール癖のある山瀬健は、フェイスブックで話を“盛った”ばかりに実力派ランナーと誤解され、上司から社員の健康増進活動の旗振り役として東京マラソン出場を命じられてしまう。雑誌の廃刊、故障、練習不足…トラブルが連続するなか、東京マラソンの日がついにやってくる!フルマラソン6回完走の著者が描くリアル群像劇。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

著者について

●渋谷 和宏:横浜生まれ。作家・経済ジャーナリスト。大正大学表現学部客員教授。大学卒業後、日経BP社入社。日経ビジネス副編集長などを経て2002年「日経ビジネスアソシエ」を創刊、編集長に。日経BPネット総編集長などを歴任した後、14年に独立。「森本毅郎・スタンバイ!」「シューイチ」など、TV・ラジオのコメンテーターとしても活躍する。渋沢和樹などのペンネームで『銹色の警鐘』『月曜の朝、ぼくたちは』などがある。現在、「地域人」に小説「まちおこし特命社員 石打悠太 馬鹿者を命ず!」を連載中(幻冬舎で単行本化予定)。 --このテキストは、tankobon_hardcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN : B079BJ7K4Y
  • 出版社 : KADOKAWA (2018/2/1)
  • 発売日 : 2018/2/1
  • 言語 : 日本語
  • ファイルサイズ : 849 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効
  • X-Ray : 有効にされていません
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 本の長さ : 218ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.5 3個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.5
星5つ中の3.5
3 件のグローバル評価
星5つ
52%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
48%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2018年2月2日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告